ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 永寿総合病院
Eijusougoubyouin.JPG
情報
正式名称 公益財団法人ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院
英語名称 EIJU General Hospital
前身 社団法人ライフ・エクステンション倶楽部付属永寿病院
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、神経内科、糖尿病・内分泌内科、血液内科、腎臓内科、小児科、外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急科、緩和ケア科
許可病床数

400床


一般病床:400(PCU16含む)
機能評価 一般・療養200床以上500床未満:Ver6.0
付加機能評価(緩和ケア機能)
開設者 公益財団法人ライフ・エクステンション研究所
管理者 湯浅祐二(院長)
開設年月日 1956年2月11日
所在地
110-8645
東京都台東区東上野二丁目23番16号
位置 北緯35度42分35秒
東経139度46分47秒
二次医療圏 区中央部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

公益財団法人ライフ・エクステンション研究所 付属永寿総合病院(こうえきざいだんほうじんライフ・エクステンションけんきゅうじょふぞく えいじゅそうごうびょういん)は、東京都台東区にある医療機関公益財団法人ライフ・エクステンション研究所が運営する病院である。

生活習慣病検診の草分けであり、「活動年齢の延長」を理念に、内科系外科系産科婦人科小児科等の科を有する。台東区唯一の中核病院である。

沿革[編集]

医師・倉内喜久雄(1897年12月9日 - 1979年10月3日)により、高齢医学の発展とその普及を目的とする病院として構想された。倉内は日本工業倶楽部会員を通じて賛同を募った。賛同者による社団法人は長寿保持の意味を込めたユニークな名前にしようと「ライフ・エクステンション倶楽部」となった。資金は債券(病床債券、1口30万円、年利6%、元本2年据置の7年満期)を発行して調達し、土地建物は日本水産の本社が丸の内に移転したことにより空きビルとなっていた南稲荷町114番地[1](住居表示により現在は元浅草2-11-7)の建物を同社より買収。全面改修して利用する計画を立てたものの、改修費用が7000万円の高額に上ることが判明し、いったんは開院が危ぶまれた。工事については協和銀行などの紹介により地元の日本電設工業が引き受け、1956年の紀元節(2月11日)に開院日を定めて急ピッチの工事が行われた。病院名も長寿保持の意味を込めて「永寿病院」と決まった。

当初の病床数は一般105床、結核55床。診療科は内科外科産婦人科・精密総合検査(人間ドック)。医師の人事は倉内の出身大学である慶應義塾大学医学部に依存する形になった。複式簿記を導入して原価計算を行い、公認会計士監査を受けるなど企業会計の手法を開院時から導入している[2]。のち3月1日に耳鼻咽喉科、6月1日に眼科が加わり、1959年6月17日には交通外傷などの治療に不可欠な整形外科を設置した。 1981年、道路を隔てて隣接する元浅草2丁目7番納豆会館の南側に新館を建設。

2002年2月、同じ区内の旧西町小学校跡地へ新築(400床)、移転した。東京都立台東病院日本私立学校振興・共済事業団下谷病院の廃止により病床や産科医療の一部を失った台東区は、地域医療の担い手としての永寿総合病院を支援している。

年表[編集]

  • 1953年5月8日 - 社団法人ライフ・エクステンション倶楽部、認可を受ける
  • 1956年2月11日 - 社団法人ライフ・エクステンション倶楽部付属永寿病院として開設。初代院長倉内喜久雄就任。病床数160床、従業員数は60名
  • 1956年3月1日 - 耳鼻咽喉科を増設
  • 1956年4月28日 - 救急医療機関に指定
  • 1956年4月30日 - 優生保護法指定医療機関に指定
  • 1956年6月1日 - 眼科を増設
  • 1959年6月17日 - 整形外科を増設
  • 1959年12月15日 - 小児科を増設
  • 1962年5月8日 - 一般病床を49床増床、病床数219床に
  • 1963年5月5日 - 結核病床を一般病床に転換
  • 1965年11月26日 - 総合病院として許可され「社団法人ライフ・エクステンション倶楽部付属永寿総合病院」と改称
  • 1967年2月1日 - 法人格を財団法人に変更。ライフ・エクステンション研究所付属永寿総合病院と改称
  • 1969年7月11日 - 2代院長土屋博文就任
  • 1973年5月1日 - 泌尿器科を増設
  • 1975年1月1日 - 脳神経外科を増設
  • 1981年9月1日 - 病床数230床に増床
  • 1981年10月1日 - 3代院長原田歳久就任
  • 1989年9月 - 『永寿総合病院紀要』の発行を開始
  • 2000年9月18日 - 日本医療機能評価機構に一般 病院種別Aで認定
  • 2000年10月 - 緩和ケア病棟開設
  • 2002年2月 - 台東区元浅草2-11-7から現在地に移設
  • 2009年12月 - 「柳橋病院」(2014年4月「永寿総合病院柳橋分院」へ改称)80床を新築開院
  • 2012年4月 - 公益財団法人として認可

診療科等[編集]

保険事項[編集]

指定機能[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 位置は北緯35度42分39.50秒東経139度46分59.50秒営団地下鉄銀座線稲荷町駅2番出口を出てすぐ目の前であった。
  2. ^ 『永寿記念病院十年の歩み』21頁では、複式簿記を導入した病院は永寿病院が日本初であろうと書かれている。

参考文献[編集]

  • 『永寿総合病院十年の歩み』永寿総合病院、1966年
  • 『永寿総合病院二十周年記念誌』永寿総合病院、1976年
  • 『永寿総合病院三十周年記念誌』永寿総合病院、1986年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]