三井記念病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 三井記念病院
本館(左)と病棟(右)
情報
正式名称 社会福祉法人 三井記念病院
英語名称 Mitsui Memorial Hospital
前身 財団法人三井慈善病院
財団法人泉橋慈善病院
財団法人三井厚生病院
社会福祉法人三井厚生病院
標榜診療科 内科、脳神経内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科、精神科、小児科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科、病理診断科
許可病床数 482床
一般病床:482床
開設者 社会福祉法人 三井記念病院
管理者 川崎 誠治(院長)
開設年月日 1906年10月
所在地
101-8643 
東京都千代田区神田和泉町1番地
位置 北緯35度41分59秒 東経139度46分45秒 / 北緯35.69972度 東経139.77917度 / 35.69972; 139.77917
二次医療圏 区中央部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
本館全景
病棟全景

社会福祉法人 三井記念病院(しゃかいふくしほうじん みついきねんびょういん、英語: Mitsui Memorial Hospital)は、東京都千代田区神田和泉町に所在する医療機関である。

三井家が創設したが、目的は三井財閥三井グループの福利厚生ではなく、貧困者対象の無料施療機関[1]であった。現在は一般の保険医療機関で、各学会の専門医認定施設である。

年表[編集]

  • 1906年明治39年)10月 - 三井家総代三井八郎右衞門三井高棟)が、「財団法人三井慈善病院」として設立する。
  • 1909年(明治42年)3月 - 東京帝国大学第二医院跡に開院する。
  • 1919年大正8年)4月 - 「財団法人泉橋慈善病院」に改称する。
  • 1943年昭和18年)7月 - 「財団法人三井厚生病院」に改称する。
  • 1952年(昭和27年)5月 - 「社会福祉法人三井厚生病院」となる。
  • 1970年(昭和45年)4月 - 新病棟一期工事が竣工し、「社会福祉法人三井記念病院」に改称する。
  • 1972年(昭和47年) - 新病棟が第13回BCS賞[2]に選定される。
  • 2011年平成23年)9月 - 100周年記念建替事業が竣工する。
  • 2013年(平成25年)10月 - 東京都「地域医療支援病院」に承認される。
    • 12月 - 「東京都災害拠点病院」に指定される。
  • 2015年(平成27年)7月 - がん診療センターを設立する。
    • 9月 - 地域連携型認知症疾患医療センターを設立する。
  • 2016年(平成28年)9月 - 心臓大動脈センターを設立する。
  • 11月 - 医療施設認定合同機構 (Joint Commission International, JCI) 認定を得る。

診療科[編集]

  • 内科
  • 脳神経内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 消化器外科
  • 呼吸器外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • 精神科
  • 小児科
  • 外科
  • 心臓血管外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 眼科
  • 耳鼻いんこう科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 歯科
  • 歯科口腔外科
  • 病理診断科

先進医療[編集]

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

主な関係者[編集]

雑記[編集]

沼波武夫作詞で北村季晴作曲の泉橋慈善病院々歌[3]が親しまれた。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『三井記念病院 百年のあゆみ』25頁には「(1909年の開院当時)「三井関係者の受診は禁じられていた」とある。
  2. ^ 第13回受賞作品 (建築本部)
  3. ^ 清瀬闊『「お玉ヶ池」散策 お玉ヶ池種痘所と三井記念病院周辺余話』、229-236頁。

参考文献[編集]

  • 『三井記念病院 百年のあゆみ』(発行日:2009年3月、[1]より閲覧可能)。
  • 清瀬闊『「お玉ヶ池」散策 お玉ヶ池種痘所と三井記念病院周辺余話』中央公論事業出版、2008年。
  • 東京大学医学部創立百年記念会編『東京大学医学部百年史』東京大学出版会、1967年。

外部リンク[編集]

三井記念病院(ウェブサイト)