BCS賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

BCS賞(ビーシーエスしょう)は、一般社団法人日本建設業連合会により、日本国内の優秀な建築作品に与えられる賞。BCSは建築業協会(Building Contractors Society)の略。

概要[編集]

受賞記念プレート(岩見沢複合駅舎

昭和35年(1960年)に建築業協会の初代理事長であった竹中藤右衛門の発意により創設されたもので、優秀な建築物を造るためには、設計のみならず、建築主の理解や、施工者の施工技術も重要であるとの理念に基づく賞である。

日本国内において建築された建築物で、供用開始後1年を経過したものを選考対象に、学者、ゼネコン等からなる選考委員が受賞作品を選定する。毎年10 - 20件が選定されており、令和元年(2019年)、第60回までの受賞作品の総数は958件(うち特別賞71件)にのぼる[1]

建築に関わる国内外の幾多の賞の中にあって、BCS賞は以下の点で独自性を有する賞である。

  1. 選考対象:種類・規模にかかわらず国内において建築された建築物で供用開始後1年以上を経過した建物が応募できる。
  2. 選考基準:建築の事業企画、計画・設計、施工、環境及び建築物の運用・維持管理等に関する総合評価を旨とする。
  3. 表彰対象:建築主・設計者・施工者の3者を表彰する。これは、建築物が社会的価値のあるものとして作られ、長く使われ続けるには、都市形成や地域環境づくりに理解を示す建築主、設計者の豊かな創造力、高い技術の施工者の3者の総合力が必要であるという思想に基づく。
    賞牌(設計者と施工者に贈呈される)
  4. 特別賞:固有の課題(例えば、環境への配慮、革新技術の適用、建物修復など伝統技術の継承、都市再開発の推進等)に対する取り組みで特に優れている建築物を特別賞として表彰している。(第18回~第60回に該当。第61回以降は特別賞を設けない)
  5. 作品集:各回の受賞作品を紹介するため、和・英両文併記の「BCS賞作品集」を編纂し、わが国の代表的建築物として広く紹介している。

表彰状は、受賞作品の建築主、設計者、施工者の3者に贈られる。更に、建築主には表彰パネル(ブロンズプレート)が、設計者・施工者には賞牌が贈られており、受賞した建物の多くにプレートが取り付けられている。

2011年(平成23年)4月1日に建築業協会が日本建設業団体連合会日本土木工業協会と合併し、日本建設業連合会が発足したが、賞の名称と表彰活動を引き継いでいる。また、2019年(令和元年)10月には日本建設業連合会は新たな表彰制度「日建連表彰」を創設した。これは土木分野の「土木賞」、建築分野の「BCS賞」から構成され、これに伴い、第61回BCS賞からは表彰式は「土木賞」と合同で行われる。

このような経緯の下にあって、BCS賞の理念と独自性は変わることなく継承されている。

主な受賞建築物一覧[編集]

※順不同。建築物の名称は受賞当時のもの。

行政機関・司法
東京都庁舎
博物館・美術館
国立新美術館
すみだ北斎美術館
教育機関
龍谷大学 深草キャンパス和顔館
東京工業大学附属図書館
ホール・コンベンションセンター
スポーツ施設
両国国技館
商業・業務施設
東京ミッドタウン
日本橋東海ビル(日本橋御幸ビル)
横浜ランドマークタワー
グランフロント大阪
宿泊施設・病院
電波塔・マスコミ
フジテレビ湾岸スタジオ
その他
平城京朱雀門

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ BCS賞とは”. 日本建設業連合会. 2014年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]