新宿NSビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新宿NSビル
Shinjuku NS building
Shinjuku-NS-Building-04.jpg
新宿NSビルの位置(東京都区部内)
新宿NSビル
新宿NSビル
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1
座標 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139座標: 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139
状態 完成
竣工 1982年昭和57年)9月
用途 店舗事務所
地上高
高さ 133m
各種諸元
階数 地上30階、地下3階、塔屋2階
敷地面積 14,053
建築面積 10,904 建蔽率78%)
延床面積 166,767 容積率1187%)
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 30基(三菱製12基、日立・オーチス製8基、東芝製2基)
駐車台数 336台(うち時間貸し約100台)
関連企業
設計 日建設計 造園設計:荒木造園設計事務所(荒木芳邦)
施工 大成建設
デベロッパー 日本生命保険住友不動産
管理運営 新宿NSビル
テンプレートを表示

新宿NSビル(しんじゅくエヌエスビル)は、東京都新宿区西新宿二丁目の新宿新都心の一角にある超高層ビル。略称「NSビル」としても知られる。

概要[編集]

新宿副都心建設公社が造成した淀橋浄水場跡地である当ビル敷地(新宿新都心2号地)は、1969年大成建設落札して取得した。同社は既に新都心10号地を新宿センタービル用地として共同で取得し、当用地も自社開発する方針を定めたが、その後、ビル所有希望希望者に土地を売却し、工事施工者として事業参画することなり、日本生命保険が大成建設から取得することになった[1]

大阪が発祥の日本生命は、1963年、東京・有楽町に日本生命日比谷ビル(日生劇場)を建設し、日本橋にあった東京総局を同ビルに移転。それを契機に東京での事業拡大を図り、都心部を中心に不動産投資を進め、1971年に大成建設が取得した土地を譲り受け、超高層ビルを建設することを決定した[2]

日本生命は超高層ビル建設にあたって、事業共同化を検討し、1974年に新都心地区に新宿住友ビルを完成させた住友不動産と交渉を持った。その結果、両社が手を組み共同でビルを建設することで合意。1976年に基本協定を締結した。建物持分比率は日本生命55%、住友不動産45%とし、土地は借地方式とした。また建物設計は日建設計林昌二[3]、施工は大成建設と決まり、ビル建設に着手[4]1982年9月に竣工した[5]

新宿NSビルという名称は、プロジェクトチーム立ち上げの際にオーナー2社の頭文字から付けた仮称だった。竣工に向けて正式名称が数多く検討されたが、最終的に新宿NSビルという呼称がそのまま正式名称となった[5]

当ビルは白を基調に、上部に独特な採光施設がある。一角にレインボーカラーの展望エレベーターが見えるのが特徴。このエレベーターは1階・29階・30階を直通運転している(2011年8月にリニューアルし、レインボーカラーは消滅した)。29階には飲食店(スカイレストラン)30階部分はスカイカンファレンス(会議室)になっている。以前、30階部分にあった飲食店の店舗は29階または1階に移転、または閉店している。1階と地階フロアを除き階層部は全て吹きぬけという構造で(つまり階層部は周辺部のみのフロア)の為、29階には対岸への渡り廊下がある。地下1階・2階は駐車場になっており6:30~23:30まで一般利用も可能(30分300円)。

エレベーター[編集]

エレベーターにはオフィス用24基、駐車場用と展望エレベーター用が2基ずつ(三菱製)、非常用2基(東芝製)の全30基ある。オフィス低層用(A・Dバンク)・駐車場用・展望エレベーター用は三菱電機製、オフィス中層用(B・Eバンク)はオーチス製、オフィス高層用(C・Fバンク)は日立製である。オフィス内13階と21階には乗り継ぎ階もある。また、2009年 - 2011年にかけて、30基のエレベーターは全てリニューアルした。

1階 - 13階
1階・2階・4階・13階 - 21階
  • 高層バンク(日立製、4基×2)
1階・2階・21階 - 29階
  • 駐車場用(三菱電機製、2基)
地下2階 - 2階
  • 展望エレベーター用(三菱電機製、2基)
1階・29階・30階

主なテナント・スポットなど[編集]

テナント(一部抜粋)

オフィス

店舗その他

ほか多数。

アクセス方法など[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新宿NSビルの30年』p.30
  2. ^ 『新宿NSビルの30年』p.30 - 31
  3. ^ “(おくやみ)林昌二氏が死去 建築家、元日建設計副社長”. 日本経済新聞. (2011年12月2日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASDG02017_S1A201C1CC0000 2019年2月11日閲覧。 
  4. ^ 『新宿NSビルの30年』p.31
  5. ^ a b 『新宿NSビルの30年』p.52

参考文献[編集]

  • 「新宿NSビルの30年」編集プロジェクトチーム 企画・編集『新宿NSビルの30年』新宿エヌ・エスビル、2014年。

外部リンク[編集]