損保ジャパン日本興亜本社ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
損保ジャパン日本興亜本社ビル
損保ジャパン日本興亜本社ビル
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目26-1
座標 北緯35度41分34秒東経139度41分46秒
状態 完成
着工 1973年昭和48年)3月
建設期間 1973年3月 - 1976年3月
開業 1976年(昭和51年)5月[1]
用途 事務所美術館駐車場
建設費 260億円
地上高
最頂部 200 m[2]
屋上 193 m
最上階 43階
各種諸元
階数 地上43階・塔屋2階・地下6階[2]
敷地面積 9,298 [2]
延床面積 124,438 [2]
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
エレベーター数 26基(日立製、駐車場用は東芝製)
駐車台数 43台
関連企業
設計 内田祥三、星野昌一、松下清夫、高山英華、柘植芳男、勝田高司、斉藤平蔵
施工 大成建設清水建設鴻池組 共同企業体[2]
所有者 損害保険ジャパン日本興亜
管理運営 損害保険ジャパン日本興亜(運営)
損保ジャパン日本興亜ビルマネジメント(管理)
テンプレートを表示

損保ジャパン日本興亜本社ビル(そんぽジャパンにっぽんこうあほんしゃビル)は、東京都新宿区西新宿にある超高層ビル。第19回BCS賞受賞[3]

概要[編集]

1969年損害保険ジャパン日本興亜の前身である安田火災海上社長だった三好武夫は[4]、米国中の超高層ビル40以上を視察。その時にザ・ファースト・ナショナル・バンク・オブ・シカゴの珍しい末広がりの形に強い印象を受け、そのイメージをベースにデザインされた[2]茶色のツートーンカラーに、裾がスカートのように広がった形をしているビル。"パンタロンビル"の名で呼ぶ人もいる。

1976年5月、西新宿青梅街道沿いに安田火災海上本社ビルとして開業。その後の安田火災の経営統合によって、ビル名称も変更を遂げ、2014年には現名称となった。損害保険ジャパン日本興亜およびその持株会社であるSOMPOホールディングス等が本社を置く。

安田火災の前身である東京火災の南莞爾社長時代から、青年画家・東郷青児を後援し、その作品をパンフレットカレンダーに用いた。この縁から東郷が自作200点やコレクションを提供し、ビルが開業した年の7月、42階に東郷青児美術館(現:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)が開館している[5]

42階の美術館、および青梅街道沿いの物販店舗を除き、部外者の立ち入りは出来ない。

2014年9月から放送の損保ジャパン日本興亜の関ジャニ∞が登場するコマーシャルでは当ビル前のシーンが登場する。

歴史[編集]

アクセス[編集]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “東京・新宿にまたノッポビル”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1976年5月18日)
  2. ^ a b c d e f 『ビル紳士録』p.146
  3. ^ 第19回受賞作品(1978年)安田火災海上本社ビル”. 一般社団法人日本建設業連合会. 2019年9月28日閲覧。
  4. ^ 三好 武夫”. 20世紀日本人名事典 コトバンク. 2019年10月5日閲覧。
  5. ^ 『ビル紳士録』p.146 - 147

参考文献[編集]

関連項目[編集]

似た形のビル

外部リンク[編集]

  • 本社地図 - 損害保険ジャパン日本興亜株式会社