新宿セントラルパークシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新宿セントラルパークシティ
Shinjuku central park city 2010 cropped.jpg
新宿セントラルパークシティのビル群(右がセントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿。左が住友不動産新宿セントラルパークビル)
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿6丁目13-1[1]
状態 完成
着工 2007年6月[1]
竣工 2010年3月
用途 重合住宅、事務所、生活支援施設(商業施設)、駐車場等[1]
各種諸元
敷地面積 12,615.87 [1]
建築面積 7,278.95 [1]
延床面積 153,463.60 [1]
駐車台数 562台[1]
関連企業
設計 日本設計[1]
施工 鹿島大成建設共同企業体[1]
デベロッパー 西新宿六丁目西第6地区市街地再開発組合[1]
テンプレートを表示

新宿セントラルパークシティ(しんじゅくセントラルパークシティ)は、再開発によって新宿新都心(東京都新宿区西新宿)に作られた施設・ビル群である。

概要[編集]

土地利用上または防災上多くの問題を抱えていた地域を「西新宿六丁目西第6地区第一種市街地再開発事業」として再開発に着手、1988年の協議会が発足から20年超えの歳月を経て、2010年2月に竣工した[2]

新宿中央公園の北側に隣接し、ニューヨークセントラル・パークを連想させる立地から名称にセントラルパークを冠した[3]

44階建ての『セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿』と17階建ての『住友不動産新宿セントラルパークビル』および沿道の賑わいを創出する低層部の『生活支援施設(商業施設)』で構成される[2]敷地は東から西に9m下がる傾斜地であるため、メインエントランスを2階、駐車場への出入り口、車寄せを1階に設けている[2]

建物内には24時間営業のスーパー「マルエツプチ」、フィットネスルーム、ゴルフレンジ等様々な施設やコンシェルジュデスクも備え、近隣ホテルとの提携サービスも行っている。ほかに新宿駅まで無料のシャトルバスを運行している[3]

セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿[編集]

セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿
ラトゥール2.jpg
正面から見たセントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿6丁目13-1[1]
状態 完成
地上高
高さ 159.61m[1]
各種諸元
階数 地下2階 地上44階[1]
構造形式 RC造S造SRC造[1]
エレベーター数 15基[1]
戸数 842戸(権利者住戸含む)[1]
テンプレートを表示

地上44階建て、賃貸タワーマンション兼オフィスビルで、7階まではオフィスフロア、8 - 44階が住居フロア、総戸数は842戸(地権者用住宅などを含む)で構成される[4]。賃貸住戸の貸主は住友不動産である[4]。東側には自由に入れる植栽された広い庭がある。

「新宿スカイスクレイパー」を景観コンセプトとして位置づけ、既成のオフィスビル群と違和感なく調和し、かつ存在感のあるビルデザインとするため、中層部は最小限サイズのバルコニー、高層部は完全バルコニーレスの住戸とした。これによって、住宅としては他に類を見ない全面ガラスカーテンウォールのシンプルな外装を実現した[2]

住友不動産新宿セントラルパークビル[編集]

住友不動産新宿セントラルパークビル
住友不動産新宿セントラルパークビル.png
住友不動産新宿セントラルパークビル
情報
構造形式 RC造、S造、SRC造[1]
階数 地下2階 地上17階[1]
高さ 79.73m[1]
エレベーター数 8基[1]
所在地 東京都新宿区西新宿6丁目13-1[1]
テンプレートを表示

セントラルパークタワーの北側に建設されたオフィスビルで、青いガラス張りでセントラルパークタワーと統一されたデザインである。17階建て。1階に貸し会議室・イベントホールの『ベルサール新宿セントラルパーク』が配された。

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『近代建築』 2009年12月号 p.99
  2. ^ a b c d 『近代建築』 2009年12月号 p.96
  3. ^ a b 「目利きが斬る 住友不動産 セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」『日経産業新聞』2009年10月27日
  4. ^ a b 物件概要(セントラルパークタワー・ラ・トゥール西新宿) 住友不動産 平成23年1月19日作成版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]