東京都健康プラザハイジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京都健康プラザハイジア
Hygeia shinjuku.JPG
施設情報
所在地 東京都新宿区歌舞伎町2丁目44番1号
状態 完成
着工 1990年8月9日[1]
竣工 1993年4月30日[1]
用途 事務所店舗駐車場[1]
地上高
最頂部 81.5m
各種諸元
階数 地上18階 地下4階 塔屋1階[1]
敷地面積 10,185.31 [1]
建築面積 6,231 [1]
延床面積 48,000 m2
12,195(駐車場) m2[1]
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造[1]
エレベーター数 9基[1]
駐車台数 248台[1]
関連企業
設計 日本設計[1]
施工 戸田建設銭高組、ナカノコーポレーション、三菱建設小田急建設勝村建設辰村組JV[1]
デベロッパー 三菱信託銀行住友信託銀行東洋信託銀行[1]
管理運営 株式会社ハイジア
テンプレートを表示
株式会社ハイジア
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0021
東京都新宿区歌舞伎町二丁目44番1号
代表者 代表取締役 千田 文彦
資本金 3000万円
純利益 85万円
(2022年03月31日時点)[2]
純資産 4276万3000円
(2022年03月31日時点)[2]
総資産 1億1747万7000円
(2022年03月31日時点)[2]
決算期 3月末日
テンプレートを表示

東京都健康プラザハイジア(とうきょうとけんこうプラザハイジア)は、東京都新宿区歌舞伎町にある超高層ビル大久保病院に隣接してある高層ビルとして知られる。株式会社ハイジアが運営。

概要[編集]

老朽化した都立大久保病院の跡地を都の土地信託事業として、資金の調達・建物の建設・建物の賃貸および保守管理を信託銀行(代表受託者三菱信託銀行)が行い、その成果を土地所有者に信託配当として交付する仕組みで整備された[1]

ハイジアは、都立大久保病院(2004年東京都保健医療公社に運営移管)、業務施設、歌舞伎町周辺の地域冷暖房プラントおよび歌舞伎町交番を組み込んだ施設として建設され、1993年4月30日に竣工した(アクアスタジアムは6月15日)[1]。総事業費は約434億円[3]

建物は病院棟と業務棟の2棟からなり、その間をアトリウム(地下1階~地上6階)と空中廊下(3階)で接合させた。業務棟は地下4階・3階の一部に地域冷暖房用のプラント、地下3階・2階に駐車場、地下1階から7階には各種ショップのほか、スポーツクラブフィットネスクラブなどが入居し、上層階には各種オフィスが入居している[4]

名称の「ハイジア」とは、ギリシア神話に出てくる医学の神アスクレーピオスの娘で衛生を司る女神ヒュギエイア(ハイジア)に由来している。

主なテナント・スポット[編集]

アクセス方法[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『BE建築設備』 1993年8月号 p.23
  2. ^ a b c 株式会社ハイジア 第30期決算公告
  3. ^ 「都健康プラザハイジアが完成 銀行の土地信託方式で建設」『読売新聞』都民版 1993年7月15日
  4. ^ 『BE建築設備』 1993年8月号 p.24

外部リンク[編集]