新宿グリーンタワービル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新宿グリーンタワービル
Shinjuku Green Tower
Shinjuku-Green-Tower-Building-01.jpg
新宿グリーンタワービルの位置(東京都区部内)
新宿グリーンタワービル
新宿グリーンタワービル
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿6-14-1
座標 北緯35度41分35.6秒
東経139度41分35.3秒
座標: 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒
状態 完成
竣工 1986年3月[いつ?]
開業 1986年4月[1][いつ?]
用途 店舗事務所
建設費 未調査
地上高
屋上 109.57m
高さ 109.6m以上
最上階 28階
各種諸元
階数 地上28階、地下4階、塔屋1階
敷地面積 6,913 m²
建築面積 3,778 m²
延床面積 52,310 m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 10基(日立三菱製4基、東芝オーチス製1基)
駐車台数 149台[2]
関連企業
設計 日建設計
施工 佐藤工業清水建設
デベロッパー 西新宿六丁目西第3地区市街地再開発組合
所有者 あり(不明)
管理運営 新宿グリーンビル管理株式会社
屋上にヘリポートが設置されている

新宿グリーンタワービル(しんじゅくグリーンタワービル)は、東京都新宿区西新宿新宿新都心の一角にある超高層ビル

概要[編集]

名称の由来は、ビル全体が鮮やかな緑色で統一されていることによる。ビル内には多くの企業がテナントとして入り、2階フロアには飲食店などもある。浄風寺という寺院を含む一帯が再開発されて、グリーンタワービル、浄風寺、地権者ぞ入居する8階建てグリーンハイツ、ガソリンスタンドに生まれ変わった。浄風寺は、グリーンタワービルと同じ色をしたビル形式の寺院となり、完成当時は話題となった。新宿界隈では単に、グリーンビルグリーンタワーなどとも呼ばれていることもあるが正式名称は新宿グリーンタワービルである。

エレベーター[編集]

エレベーターは低層用が日立製、高層用は三菱製、非常用は東芝製、駐車場用はオーチス製となっている。オフィス内15階には乗継階がある。2016年1月より、エレベーターの館内初のリニューアル工事を実施し、今年度内にオフィスの全バンクで2代目への全基のリニューアルが完了する予定だが、それまでに駐車場用と非常用は2バンクともその範囲に含むわけではない。なぜなら、非常用バンクが日本時間6月15日に改修を始める予定があったため。

2016年8月現在ではオフィスの低層・高層バンク各2基がリニューアル完了していた。そして、翌2017年1月8日より、オフィス用の、高層用で『各バンクに対し最後の1基となる』ようなリニューアルを実施する予定があった。

地下1階 - 15階(2階通過)
地下1階・1階・15階 - 27階(2階通過)
地下3階 - 地下1階・1階
地下4階 - 地下1階・1階 - 28階(2階不通過)

主なテナント[編集]

同ビル出入口1階に入居した店舗。店舗側面がガラスで作られ客席から見える街路樹などロケーションは良好。
BMW社のブランドである「ミニ」の正規ディーラーである「ミニ新宿」が、新車ショールームと中古車展示場を置いている(2009年までは長い間「アルファロメオ新宿パーク」があったが、板橋区に移転し、後継店舗として「ミニ新宿」が入った)。グリーンタワービル敷地内の新宿中央公園側に面して独立して立てられた別棟・2階建てビルの1階。
上記「ミニ新宿」の2階で24時間営業している都市型ファミリーレストラン。他のデニーズ郊外店に見られるイエローが基調イメージの看板カラーは使用せず、隣接する新宿グリーンタワービルのイメージに合わせ、オフィス街の都市型店舗として看板外装はデザインされている。

アクセス方法[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]