新宿モノリスビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新宿モノリスビル
Shinjuku Monolith Building
Shinjuku-Monolith-Building-02.jpg
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿2-3-1
座標 北緯35度41分35.6秒
東経139度41分35.3秒
座標: 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒
状態 完成
着工 1988年昭和63年)4月
建設期間 2年2ヵ月程度
竣工 1990年平成2年)6月30日
開業 1990年(平成2年)(度)
用途 店舗事務所駐車場
地上高
屋上 123.35m
最上階 120m以下(推定)
各種諸元
階数 地上30階地下3階 塔屋1階
敷地面積 7,167
建築面積 5,716
延床面積 90,451
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 日立製12基、三菱製8基、オーチス製0[1]
駐車台数 258台
関連企業
設計 日本設計
施工 間組鉄建建設西武建設不動建設古久根建設
デベロッパー 安田信託銀行三菱信託銀行住友信託銀行
所有者 東京都財務局みずほ信託銀行へ土地信託)
管理運営 新宿モノリス株式会社

新宿モノリスビル(しんじゅくモノリスビル)は、東京都新宿区西新宿新宿新都心の一角にある超高層オフィスビル

概要[編集]

東京都が所有する都有地に建設された民間への賃貸を目的としたオフィスビルである。バブル経済の最中に土地の売却を計画するも、更なる地価高騰を招く事を危惧した都が売却せずに運用できる手段として建物を建設し、信託銀行安田信託銀行(現みずほ信託銀行)、三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)、住友信託銀行)に信託することで毎年賃料収入相当を配当として得る自治体初の土地信託形式で運用されている。2010年に当初20年の契約期間が満了した際に三菱UFJ・住友の両信託が更新を辞退したため、みずほ信託銀行単独で5年間延長することになった[2]

このほか都が実質的に所有する賃貸オフィスビルは近隣の東京都保健医療公社大久保病院再開発に伴い竣工した新宿ハイジアと、東京ビッグサイト東京テレポートセンター所有のビル群がある。

1991年に公開された『ゴジラvsキングギドラ』では、ゴジラによって破壊されるシーンが描かれた。

建物概要[編集]

  • 高さ:123m(地上30階、地下3階)
  • 敷地面積 7,167m2
  • 建築面積 5,716m2
  • 竣工 1990年6月30日
外観はメタリックブラックとなっている。

主なテナント[編集]

など

エレベーター[編集]

2018年1月現在、駐車場用が両方改修完了している。それは館内史上初のエレヴェーター改修工事だった。

  • 高層用
1 - 2・17 - 29 - 日立製
  • 低層用
1 - 17 - 三菱製
  • 非常用
B3 - B1・1 - 2・3 - 30 - 日立製
  • 駐車場用(両方とも日立製)
B3 - B1・1 - 2
B3 - B1・1

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 後述の通り駐車場用のものが全部改修完了したことによる。
  2. ^ 新宿モノリス 東京都、土地信託5年延長へ』日本経済新聞電子版 2010年8月31日
  3. ^ 初代はオーチス製であった。
  4. ^ 初代はメーカー不明であった。

外部リンク[編集]