エステック情報ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エステック
S-tec
S-Tec-Information-Building-01.jpg
エステック情報ビル
S-tec Information Building
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿一丁目24-1
座標 北緯35度41分35.6秒
東経139度41分35.3秒
座標: 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒
状態 完成
着工 1987年昭和62年)7月
竣工 1992年平成4年)9月
用途 店舗事務所大学駐車場
地上高
最頂部 133.26m
屋上 127.80m
各種諸元
階数 地上28階地下6階 塔屋2階
敷地面積 8,881.16
建築面積 4,269
延床面積 108,467
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
駐車台数 262台
関連企業
設計 日本設計
施工 清水建設大林組鹿島建設大成建設竹中工務店戸田建設
デベロッパー 工学院大学第一生命日本生命
管理運営 エステック株式会社
エステック情報ビル
S-tec Information Building
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿1-24-1
状態 完成
着工 1990年平成2年)2月
竣工 1992年平成4年)10月
用途 店舗事務所駐車場
地上高
最頂部 123.5m
屋上 112.0m
各種諸元
階数 地上27階地下6階 塔屋2階
延床面積 55,556
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 12基
関連企業
設計 日本設計
施工 清水建設大林組鹿島建設大成建設竹中工務店戸田建設
デベロッパー 工学院大学第一生命日本生命
管理運営 エステック株式会社
工学院大学 新宿キャンパス
Kogakuin University
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿1-24-2
状態 完成
着工 1987年昭和62年)7月
竣工 1989年平成元年)7月
*中層棟1992年平成4年)9月
開業 1989年平成元年)8月
用途 店舗事務所大学駐車場
地上高
最頂部 133.26m
屋上 127.80m
各種諸元
階数 地上28階地下6階 塔屋2階
延床面積 47,961 m2
高層棟36,028
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 日本設計
施工 清水建設大林組鹿島建設大成建設竹中工務店戸田建設
デベロッパー 工学院大学第一生命日本生命
管理運営 エステック株式会社

エステック(エステック)は、東京都新宿区西新宿新宿新都心の一角にある超高層ビル工学院大学新宿キャンパスとオフィスビルのエステック情報ビルで構成されている。

概要[編集]

当地は元々工学院大学新宿キャンパスの敷地であったが、工学院大学が高層キャンパス化して校舎の建物を更新・拡張すると同時に、容積率の割増制度などを活用して余裕を生み出し、新宿副都心の中心にある立地を活用して超高層の賃貸ビルを併設することで、高度利用を図っている。 この建設事業は、元々の敷地所有者である工学院大学に日本生命第一生命が加わって行われ、管理会社のエステック株式会社はこの3者が設立し、経営している。

エステック情報ビル[編集]

新宿駅西口から都庁方面に伸びる地下歩道から直結している。テナントの多くはオフィスであるが、下層階には飲食店などもある。 工学院大学の高層キャンパス化に伴い、余裕が生まれたことに伴い、空いた敷地内に新たにオフィスビルとして建設された。

外観はメタリックシルバーで統一されたビル。隣接する工学院大学新宿キャンパスとの統一感がある外観となっているが、 独立した建物となっており、工学院大学の教室や事務室などは設置されていなかったが、最近学外への情報発信拠点が設置された。

主なテナント・スポットなど[編集]

など多数。(2008年10月現在)

工学院大学 新宿キャンパス[編集]

高層棟と中層棟の2つの棟からなる日本初の超高層キャンパス。 高層棟は主に各学科の研究室や教室などが設置され、中層棟には図書館食堂などが設置され、2つの建物の間はピロティなどで繋がれている。 各学部の専門課程に当たる3・4年次はこのキャンパスで学ぶことになっている。

アクセス方法など[編集]

その他[編集]

エステックは、Shinjyuku Techno Campus(新宿テクノキャンパス) の略である。

映画「ULTRAMAN」では怪獣の攻撃を受けた当ビルの上層部分が崩れ落ち、それをウルトラマンが受け止めるというシーンがある。

外部リンク[編集]