新宿アイランドタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新宿アイランドタワー
Shinjuku i-Land Tower
Shinjuku i-land tower 2012.JPG
西側より撮影
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1[1]
座標 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139座標: 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139
状態 完成
着工 1990年10月
竣工 1995年1月31日
開業 1995年2月
用途 事務所店舗共同住宅
地上高
高さ 189.42m
各種諸元
階数 地上44階地下4階塔屋2階[2]
敷地面積 21,511.37 [3]
建築面積 11,078
*タワー棟5,206.60
延床面積 240,058
*タワー棟211,861 [1]
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造[2]
エレベーター数

51基[3]

(日立製7基以上、東芝製8基以上、フジテック製9基以上、日本エレベーター製8基、三菱電機製1基以上)
戸数 77戸
*新宿アイランドレジデンス 28戸
*新宿アイランドアネックス 49戸
駐車台数 711台
関連企業
設計 住宅・都市整備公団日本設計[3]
構造エンジニア 構造計画研究所
施工 三平建設大成建設三井建設鹿島建設竹中工務店錢高組建設共同企業体、清水建設前田建設工業淺沼組建設共同企業体[3]
デベロッパー 住宅・都市整備公団[3]
管理運営 株式会社新宿アイランド
新宿アイランド it's
Shinjuku I-Land it's
店舗概要
所在地 東京都新宿区
開業日 1995年2月1日
商業施設面積 10,100 m²
店舗数 53店
駐車台数 711台
最寄駅 新宿駅西新宿駅都庁前駅
外部リンク 新宿アイランド it's
東側。新宿警察署裏交差点より撮影。「LOVE」のオブジェがあるアイランドパティオはこちら側

新宿アイランドタワー(しんじゅくアイランドタワー、Shinjuku i-Land Tower)は、東京都新宿区西新宿六丁目の新宿新都心の一角にある超高層ビル住宅・都市整備公団(現・都市再生機構)が施行した西新宿六丁目東地区第一種市街地再開発事業により平成7年に完成した。新宿アイランドタワーを中心に、職住一体型のコンドミニアムサービスアパートメント)や店舗などが複合した区域を形成しており、全体では「新宿アイランド(Shinjuku i-Land)」と呼ばれる。

概要[編集]

東京都水道局新宿営業所跡地を中心に古い住宅が密集していた約2万9千平方メートルの土地を市街地再開発事業によって、都市基盤整備を図ろうとの計画が持ち上がり、 1989年都市計画が決定[4]

住宅・都市整備公団が初の再開発方式での事業主体となり、1990年に着工し、1995年5月1日にグランドオープンした(プレオープンは同年2月)[5]。総事業費は約2100億円[4]。地下4階地上44階の新宿アイランドタワーを中心に、全体では「新宿アイランド」と呼称される。

タワー頂上部はドーム状になった、白を基調に(下層階はメタリックシルバー)青緑色のガラスが特徴のビルで、屋上に、大きなヘリポートがある[6]

開業当初はオフィスビル不況の直撃を受け、借りてがつかず苦戦を強いられ、住都公団が都内の分散していた支社や第三セクターを当ビルに集め賃貸するなどした[4][7]

施設・スポット[編集]

  • タワー棟(西新宿6-5-1)
    地下2-4階は駐車場、地下1階はレストラン・ショップ、1階はショップ・カフェ、2階はサービス・郵便局、3-43階はオフィス、44階はレストラン。
  • 東棟…レジデンス・学校
    1-2階はショップ・クリニック(住所は西新宿6-5-1)。3階以上は再開発前に居住していた地権者の居住棟(住所は西新宿6-5-2)。
    新宿調理師専門学校(西新宿6-5-3)
  • 西棟…ショップ(西新宿6-5-1)
    タワー棟側は、階段状屋根で緑化されている。西側開口部に、隣接する東京医科大学病院処方箋を主に調剤する薬局がある。
  • 南棟…アクアプラザ=ホール(西新宿6-5-1)
    地下1階は地下通路と接続し、短期イベント用のアクアプラザがある。1階はレストラン、2階はホール。
  • アイランドウイング(西新宿6-3-1)
    オフィス。
  • アトリウム(西新宿6-4-1)
    地下1階は飲食店舗、1階はショップ・カフェ、2階は飲食店2店ほか。円形建物で、中央部の吹抜けにエスカレーターがある。地下通路との接続棟になっており、丸ノ内線西新宿駅からはまずこの建物に入る。
  • アネックス棟(住居棟)地上6階(西新宿6-2-3)
    通りを隔てて、新宿警察署の西側であり、アイランドの一部とは意識されない。
  • アイランドパティオ(地下広場)
    高さは地下1階に相当するが、掘込式の青空天井であり、4本の大きな欅の木がそびえる。テーブルセットは自由に使用できる。周囲にはいくつものレストランがある。ミニライブ、サッカーなどの国際試合の中継、映画上映などが無料で行われる。
  • オベリスク
    タワー前面に位置する高さ35mの塔。天文時計があり、9時・12時・18時に鐘が鳴る[8]
  • パブリック・アート
    前庭・周囲の庭等には、新宿アイランド・パブリック・アート・プロジェクトとして、「星々の輝く天空と人々の愛に満ちた大地」をコレクション・コンセプトに位置づけ、日本人2人を含む10人のアーティストによる多数のパブリックアート等がある[9]。その1つであるロバート・インディアナ作の「LOVE」のオブジェ前で、「理想の結婚」や「GTO」、「天国に一番近い男」、「グッドニュース」、「ナオミ」、「電車男」など数多くのテレビドラマのロケが行われた。Vの文字とEの文字の間を、体が触れないように通過できたら恋が実るという都市伝説がある[10]

主なテナント[編集]

など。

など。

など。

など。

商業施設を総称して「新宿アイランドイッツ」と言い、全体を合わせて約50店舗がある。

郵便番号[編集]

専用郵便番号「〒163-13××」(××は階数や専用番号)が設定されている。大部分の住所は西新宿6-5-1、6-4-1だが、区画整理で出来た建物のため、一部施設で住所が違うので郵便物を送る際は注意が必要。 (特にアイランドウイング・アイランドレジデンス・アイランドアネックスは上記の専用番号でなく、西新宿広範の郵便番号である「〒160-0023」となる。)

  • 新宿アイランド 〒163-13×× 西新宿6-5-1(一部6-4-1)
  • 新宿アイランドウイング 〒160-0023 西新宿6-3-1
  • アイランドレジデンス 〒160-0023 西新宿6-5-2
  • アイランドアネックス 〒160-0023 西新宿6-2-3

エレベーター[編集]

B1・1 - 2・36 - 44
B1・1 - 2・26 - 36
B1・1 - 2・16 - 26
B1・1 - 2・3 - 16
    • 北側:B1・1 - 2・3 - 12
    • 南側:B1・1 - 2・12 - 16

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “都市機構/新宿アイランドタワー(東京都新宿区)床売却/東急不動産に”. 日刊建設工業新聞 (日刊建設工業新聞社). (2014年8月27日)
  2. ^ a b 『進化する複合再開発―新宿アイランドの全記録』p.27
  3. ^ a b c d e 『進化する複合再開発―新宿アイランドの全記録』p.26
  4. ^ a b c 「新宿に幽霊ビル 都が来年オープンのアイランドタワー 入居いまだゼロ」『読売新聞』夕刊 1994年4月21日
  5. ^ 『進化する複合再開発―新宿アイランドの全記録』p.169
  6. ^ 『進化する複合再開発―新宿アイランドの全記録』p.74
  7. ^ 「住都公団 西新宿高層ビル買い手がつかず身内で穴埋め」『日本経済新聞』夕刊 1994年10月6日
  8. ^ 『進化する複合再開発―新宿アイランドの全記録』p.110
  9. ^ 『進化する複合再開発―新宿アイランドの全記録』p.108
  10. ^ 「ビル群でアートと出会う」 『朝日新聞』 2003年8月21日付夕刊、2版、5頁、にぎわい空間。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]