天国に一番近い男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天国に一番近い男
heaven cannot wait
ジャンル テレビドラマ
脚本 越智真人
演出 生野慈朗
片山修
戸髙正啓
石井康晴
出演者 松岡昌宏TOKIO
陣内孝則
奥菜恵
池内博之
窪塚洋介
袴田吉彦
渡辺いっけい
北村総一朗
製作
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
MONOカンパニー編
プロデューサー 鈴木早苗
磯山晶
オープニング TOKIOOh! Heaven
エンディング 同上
放送期間 1999年1月8日 - 3月19日
放送時間 金曜 21:00 - 21:54
放送枠 TBS金曜9時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 11
天国に一番近い男
炎の命がけドラマスペシャル
プロデューサー 鈴木早苗
磯山晶
出演者 深田恭子
オープニング TOKIO「Oh! Heaven」
エンディング 同上
放送期間 1999年9月24日
放送時間 金曜 21:00 - 22:54
放送分 114分
回数 1
さらば天国に一番近い男
プロデューサー 磯山晶
出演者 いしだ壱成
オープニング TOKIO「Oh! Heaven」
エンディング 同上
放送期間 2000年12月29日
放送時間 金曜 21:00 - 22:54
放送分 114分
回数 1

天国に一番近い男』(てんごくにいちばんちかいおとこ :heaven cannot wait)は、毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ松岡昌宏TOKIO)と陣内孝則のダブル主演作。

MONOカンパニー編が1999年1月8日から3月19日まで、教師編が2001年4月13日から6月29日まで放送された。

作品当初は、(MONOカンパニー編)全11回とスペシャルが2回放送されていたが、2001年には主役と一部のキャスト以外はキャストを一新した(教師編)全12回が放送されている。両シリーズとも長らくDVD化されていなかったが、放送終了から9年目の2010年DVDが発売された。

概要[編集]

生きる価値もないような主人公が、突然目の前に現れた「天使」を名乗る謎の男と共に、神が課すという「命題」を達成することで、生きる意味のある人間へと変わっていく成長劇である。

基本的に命題一つが一話に対応する一話完結型のストーリーであり、ドラマの放映日と命題の期日を一致させることでドラマと現実世界に繋がりを持たせている。

1999年1月期から放送された「MONOカンパニー編」と2001年4月期から放送された「教師編」は共に松岡と陣内の主演であり、他にも袴田吉彦渡辺いっけい北村総一朗の3人(ゲスト出演者だけでも山西惇を含めた4人)の出演俳優が共通しているが、同一人物であるのは陣内演じる天童世死見だけとなっており、松岡と他の俳優は別の人物として登場する。この2作品は表現も大きく異なり、「MONOカンパニー編」がコメディ主体であったのに対し、「教師編」ではそういった要素がほとんど廃されており、メインキャラクターである天童世死見の性格にもそれが表れている。

命題[編集]

この作品で最も重要なキーワードである。数学で言う命題とは違い、「命」を賭けた課「題」の意味である。毎週金曜日(時刻は固定されていない)[1]を期日とする特定数の命題を全て達成できなければ、その人物は「生きる意味がない」と判断され即座に死んでしまう。複数の命題が課される場合は毎週1つずつ達成することになるのが基本だが、ルール違反などに対して命題を追加するといった特例が行われる場合がある。また、他人の命題を見た者にも別の命題が課せられると言った決まりがある。

命題は、基本的に「xxxx年xx月xx日午前(午後)xx時までにxxxxxできなかったら即死亡」という文章形式を取る。基本的にMONOカンパニー編では封筒に入った手紙の形で謎の人物(天童曰く、神)が届けに来る。教師編ではテレビなどの媒介物を通す形で通知される。いつ通知されるかは受け取るその時まで分からず、場合によっては期限の約1時間前まで通知されないといったこともある。

主人公たちは(最初のパターンの場合)いつもギリギリでクリアするが、その時「もし命題をクリアしていなかったら死んでいた」という事態が発生するため、命題の力が本物である事を思い知らされる。

MONOカンパニー編[編集]

内容[編集]

上京したはいいが、大学受験の失敗から勉強を諦めて就職もせずその日暮らしの投げやりな毎日を送っていた主人公・甘粕四郎。何もかもを諦めて実家に帰ろうとした四郎のもとに、「天使」を名乗る男・天童世死見が現れ、四郎に「命題」をクリアできなければ死ぬと宣告する。親友・中津川麻人の紹介で通販会社「MONOカンパニー」に就職した四郎は、天童や会社の同僚とともに数々の命題を乗り越えてゆく。一生懸命生きるとはどういう事かをコメディータッチで描く、甘粕四郎の成長劇。全11回、平均視聴率13.4%。番組終了後、スペシャルが2回放送された。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

甘粕 四郎〈21 → 23〉
演 - 松岡昌宏TOKIO
何をやってもうまくいかず投げやりになるダメな男。1977年12月23日生、福岡県福岡市博多区出身。福岡から上京し、兄三人は東大に合格し、卒業後もエリートコースを進んだのに対して、自分は二浪しても大学に受かることさえできず、勉強も放棄して「どうせ」を口癖にしながら投げやりな生活を送っていたところ、突如天童が現れるとともにクリアできなければ即死の命題を毎週課されていくことになる。最初は命題を信じていなかったが、麻人の仲介でMONOカンパニーにアルバイトを経て入社し、命題をクリアしていくことで徐々にコンプレックスを克服していく。
浪人生活時代に道でよくすれちがっていた小春に猛烈に惚れており、サトルという恋人がいることがわかった後も小春のことを純粋に想い続けている。また、母子家庭で育ったことから片親の環境には強い同情を覚えている。
間が悪くドジな面が強いが潜在能力は優れており、運動神経も意外に高い(本人曰く「福岡のスケートボード大会で優勝したことがある」らしい)。都内の安アパートで一人暮らししており、「ゴロー」という亀を飼っている。『さらば天国に一番近い男』ではマンションに引っ越している。
『炎の命がけドラマスペシャル』のラストで天童によって天童との関係に関する記憶を消された。『さらば天国に一番近い男』ではその影響で以前のようなダメ男に戻ってしまう。序盤で天童と再会し、即座に天童との関係を思い出すも再起することがないまま絶体絶命の危機に追いやられるが、天童の言葉で遂に全てを思い出して再起。密かに与えられていた隠し命題をクリアしたことでコンプレックスを再度克服し、ラストで小春と結婚。そして、新しく設立するMONOカンパニーアメリカ支社の責任者になることになった。
天童 世死見〈年齢不詳〉
演 - 陣内孝則
天使を名乗る謎の男。服装の上から下、時につけるネクタイまで全て黒という風貌に加え、ひょうきんかつノリの軽い性格で、四郎の前では下ネタも厭わない。時たま若干ながら空間跳躍能力や予知能力、人の過去を当てる能力、記憶操作らしきものを見せるが、特に目を見張るような超能力が使える訳ではなく天使らしいところはほとんどない。
天から四郎に課せられる命題を無事にクリアさせるため、四郎の家に勝手に押しかけて同居し始める。会社などでは四郎の伯父、四郎の親戚の前では四郎の上司(専務や副社長など)ということにして通している。「天使は人を愛してはいけない」という決まりであるにも関わらず天現寺るりに一目惚れしてしまい、自身の立場との狭間で葛藤している。
名前はテレビで偶然見た天童よしみをもじって自分で付けた(一応「世の中の死を見つめる天の童」と理由付けしている)。MONOカンパニーの社員たちや天現寺あいからは「昔の二枚目」とも形容される。
最終話で死別のような形で四郎の元を去った。その後、天童は冒険家・椎名大輔という人物の体を借りていた天使であることが判明した。しかしその後もスペシャルにて別の人間に命題を与えるべく二度三度と現れては、その都度四郎と行動を共にした。なお最終話で去る際に四郎以外の人間から自身に関する記憶を消していたが(『炎の命がけドラマスペシャル』では四郎からも記憶を消していた)、天童と会うと即座に思い出す仕組みだった為、二回のスペシャルでも以前通りの人間関係を築いていた。
『さらば天国に一番近い男』のラストでは四郎と小春の結婚式を見届けた後、次の担当者である隠岐之島和也の元へ向かった。
露崎 小春〈20〉
演 - 奥菜恵
MONOカンパニーの社長秘書。芯が強く、多少のことでくじけない。サトルと付き合っていることもあり、新入社員として入ってきた四郎のことを最初は快く思っていなかったが、命題や会社生活に努力する四郎を見て段々と心惹かれていく。
『さらば天国に一番近い男』のラストで晴れて四郎と結婚することになった。
中津川 麻人〈22〉
演 - 池内博之
四郎の親友でMONOカンパニーの社員。東京に来たが何もかもうまくいかず途方に暮れていた四郎に、麻人が声を掛ける形で知り合った。怠惰な生活を送る四郎に気をもんでいたが、天童に相談されMONOカンパニーに四郎を紹介する。四郎のことを大変気にしていて、時には親友の域に留まらない感情を抱く。
結城 サトル〈21〉
演 - 窪塚洋介
結城社長の一人息子の御曹司。名門大学卒のエリートで、周囲にも温厚な青年として通っているが、付き合っている小春の気持ちが四郎に揺れ始めているのに気がつき、あの手この手の陰険な工作によって四郎を陥れようとする。しかし会社の一員として四郎たちと一緒に行動するうち、改心して四郎への態度も変わっていく。水泳の高校生記録を保持していた。「金太郎」、「柴田」、「真山」と呼ばれる人物と仲がいいらしい。
鮫島 春樹〈27〉
演 - 袴田吉彦
MONOカンパニーの主任。口が悪く、部下に手をあげることも少なくない上、しょっちゅうヘタクソな歌を無理やり他人に聞かせるのでジャイアンと陰であだ名されるほどだが(鮫島の側も四郎のことを「のび太」と呼ぶことがある)、社員としての能力は確かで大事の際は部下を気遣うことも少なくない。興奮すると出身の栃木なまりが出るのを気にしていて、田舎者呼ばわりされると激怒する。
瀬戸口 克陽〈27〉
演 - 山本密
MONOカンパニーの商品開発部の社員。「○○ブームが来ると思って」と、需要のいまいち見えない開発商品を毎回社内で見せびらかしては鮫島の暴力で突っ込まれるのが定番。しかし、結果的に開発商品はどれも四郎にとって重要な役割を果たすことになる。宴会の抽選会の景品として持ってきた「ヘボラスネーク」という毒ヘビに小春が咬まれた際には、誰よりも心配していた。
なお、名前はTBSのプロデューサーである瀬戸口克陽と同名である。
大和田 政雄〈42〉
演 - 渡辺いっけい
MONOカンパニーの課長。家庭、会社ともに人望があまりないようで、よく金欠になり、部下に「一瞬貸して」と金をせびる小物。実際にも偉ぶっている割に全く頼りにならず、会社のパソコンを使ってゲームで遊んだりと勤務態度もいまいち真面目でない部分が垣間見える。それでも出世欲は強く、結城社長やサトルにゴマをすり続けているが、陰で結城社長の悪口を言っていることがバレていることもあってほとんど相手にされていない。時と場所によって言葉や態度が一気に急変する。また、髭はないのによく「ちょび髭」と人にからかわれる。
結城 純一〈60〉
演 - 北村総一朗
MONOカンパニーの代表取締役社長。サトルの父親。部下たちを騙して愛人隠しの手伝いをさせたり、意地を張って勝手に契約の権利を賭けた社員同士の対決を取りまとめてきたりするなど、何かとはた迷惑。マイクを握るといちいち自分の半生を語る癖がある。実は大学を卒業していない。
天現寺 るり〈33〉
演 - 松本孝美
MONOカンパニーの取引先のである会社「天現寺鞄店」の社長。会社とはいえ夫を亡くして一人で切り盛りしているため、納期に間に合わず取引を中止させられそうになっていたところを、四郎に助けられその後も交流を続ける。怒ったことがほとんどないという温厚な性格で、人を疑うことを知らない。実は関西人。
『炎の命がけドラマスペシャル』では再婚しており、天童を愕然とさせた。
天現寺 あい〈5〉
演 - 新穂えりか
るりの娘。優しくしてもらっている四郎のことを好いているが、天童のことはあまり好いていないようだ。
沢口 真希〈21〉
演 - 星川なぎね
前田 竜太郎〈22〉
演 - 京極孝仁
宮本 椿〈20〉
演 - 東野佑美
上記3人はMONOホンマガジンの社員。

ゲスト[編集]

MONOカンパニー編(1999年)[編集]
第1話[編集]
権藤 元
演 - 笑福亭鶴瓶(友情出演)
MONOカンパニーの取引先の男。四郎のせいで社運の掛かった取引に失敗してしまい、屋上から飛び降り自殺を図る。
宗教勧誘員
演 - 坂本昌行V6
宗教勧誘員
演 - 長野博(V6)
学校へ行こう!』からのゲスト出演。街角で四郎に「あなたは今幸せですか?」と声をかける。
ニュースキャスター
演 - 安住紳一郎TBSアナウンサー
テレビで航空機事故のニュースを伝えた。
第2話・第3話[編集]
結城 満江
結城社長の妻でサトルの母親。イチモツグループ会長の娘であり、婿養子となったことで現在の地位を得ている結城社長は頭が上がらない。
第2話・第8話[編集]
轟 敏雄
演 - 近藤芳正
宅配便運送業者「トナミ運輸」のトラック運転手。配送物に結城社長の愛人宛ての荷物が混じっていたことから、四郎たちに追いまわされる羽目となる。第8話では脇見運転をしてしまい、誤って一郎の選挙事務所に突っ込んでしまう事故を起こしてしまった。
第3話[編集]
結城 節子
演 - 風見章子
結城社長夫人である満江の母親。認知症が進んでおり、故人となった夫の名前を呼び続ける。
龍崎
演 - 藤村俊二
四郎が捕まった留置所で偶然一緒になった帝国音大の教授。四郎にピアノの手ほどきをする。
サトルが仕掛けた男
演 - 玉木宏
サトルが呼び出した四郎に暴行を加えた。
警察官
演 - 鈴木正幸
第4話[編集]
植木 さとし
演 - 斉藤洋介
小さな印刷工場の社長。悪徳業者に騙されて大量の在庫商品と負債を抱え込んでしまい、MONOカンパニーに助けを求めてくる。しかし、調子に乗っていた四郎に約束をすっかり無視されてしまったことに怒り狂い、MONOカンパニーの社員たちを人質に取った強盗となる。
大木凡人
本人役。「凡ちゃんの街角クイズ1999」の司会者として、街頭でクイズ番組の生放送をしていた。
植木
演 - 正名僕蔵
「劇団ハロホロ」の劇団員。四郎へのドッキリパーティーの犯人役としてMONOカンパニーに呼ばれたが、遅刻してしまった結果人違いを引き起こしてしまう。
第5話[編集]
森岡
演 - モト冬樹
大和田が紹介してくれた「ジャパンテレビ」の局員。四郎たちに天童よしみとの連絡を取ってくれるが、いまいち頼りにならない。
スナックさつきのママ
演 - 中山麻里
森岡が行っているスナックのママ。森岡の頼みで、四郎たちは「別れたい」という伝言をしに向かう。
紅鮭組組長
演 - 六平直政
紅鮭組組員
演 - ポカスカジャン
スナックさつきのママから届け物を頼まれた四郎たちが向かった暴力団。
鈴木その子
本人役。TBSの楽屋にいた鈴木その子その人。
天童よしみ(特別出演)
本人役。芸能人の天童よしみその人。四郎たちは、MONOカンパニーの取引のためサインを貰いにいくことになる。
第6話[編集]
露崎 茂雄
演 - 岡本信人
小春の父親で、静岡で旅館を経営している。娘に早く結婚してもらおうと小春に縁談話を持ちかけるため東京にやって来た。
三川 里子
演 - 渡辺絵里子
三川商事の社長娘で、結城社長がセッティングしたサトルの見合い相手。
吉永 明
演 - 升毅
天現寺るりの夫の大学時代の先輩。夫を亡くしたるりにプロポーズした。
取立屋
演 - 元木行哉
ローン会社「極楽ローン」の取り立て屋。吉永に借金の催促をしている。
第7話[編集]
服部 路雄
演 - 稲川淳二
健康器具の販売会社「リラックス21」の代表取締役社長。
アナウンサー
演 - 鈴木史朗
対談番組「ザ・ビッグ対談」の司会者。
皇 大作
演 - 峰岸徹
MONOカンパニーのライバル企業である「通販キング」の代表取締役社長。
皇 大
演 - 忍成修吾
皇社長の息子。同じ御曹司であるサトルを挑発する。
実況アナウンサー
演 - 初田啓介(TBSアナウンサー)
「ザ・ビッグ対談」内のコーナー「ザ・対決!」の実況者。
第8話[編集]
甘粕 一郎
演 - 佐々木蔵之介
甘粕家の長男。政治家秘書をしていたが、衆議院議員総選挙に立候補することになった。七海社長との付き合いがある。
甘粕 二郎
演 - デビット伊東
甘粕家の次男。弁護士で、七海社長の担当弁護士でもある。
甘粕 三郎
演 - 橋爪浩一
甘粕家の三男。如月私立病院に勤める医師で、七海社長の担当医でもある。
七海 仁
演 - 温水洋一
不動産会社の社長。MONOカンパニーの商品によって怪我を負ったと会社を訴えてきた。
馬場
演 - 南原宏治
建設会社の社長で、一郎の後援会長。
おちまさと
演 - 越智真人
選挙ポスターに映っていた候補者。
女性警察官
演 - 中島陽子
第9話[編集]
弥生
演 - 山崎一
緊急指定病院である弥生総合病院の院長。四郎たちに血清を取ってくるよう求める。
看護婦
演 - はしのえみ
弥生総合病院の看護婦。
黒沢 恵介
演 - 天本英世
学者で黒沢爬虫類研究所の所長。ヘボラスネークの血清を所持している。
小津 健二
演 - 山田五郎
毒グモの研究者。
仲居
演 - 雨宮朋絵
宴会会場の仲居。
第9話・最終話[編集]
アメリカ兵
演 - サムエル・ポップ
米国空軍基地の黒田駐屯所で出会った米兵。
第10話[編集]
斉木 勤
演 - 山西惇
四郎が現金を預けている銀行の職員。
織田 和則
演 - 不破万作
警視庁の刑事。甘粕四郎についての情報聴取のためMONOカンパニーに現れた。
おばちゃん
演 - 青木和代
銀行の客。
ニュースキャスター
演 - 小笠原亘(TBSアナウンサー)
テレビで甘粕四郎殺害事件について伝えた。
第10話・最終話[編集]
リー・ライチェン
演 - 岡本健一
香港から来た雇われの殺し屋。
最終話[編集]
朝倉 南
演 - 徳武利奈
一行が社員旅行で搭乗したバスのバスガイド。鮫島の歌に惚れる。
椎名 京子
演 - 芳本美代子
冒険家・椎名大輔の妻。
椎名 大輔
演 - 陣内孝則(二役)
天童が体を借りていた冒険家。天童が去った後、突然と姿を現し家族の元へと帰ってきた。何かしらの理由で記憶を失っており、記憶喪失前の当時の状況の記憶をほとんど覚えていない。『炎の命がけドラマスペシャル』で天童が再び現れてからは、また海へ冒険に渡ったことが天童の口から語られている。
天国に一番近い男 炎の命がけスペシャル(1999年)[編集]
君島 ヒカル
演 - 深田恭子
天童に命題を与えられた女子高校生。援助交際を装って相手から金銭を奪う行為を繰り返している。嘗ては水泳のオリンピック候補であったが、両親を海の事故で失って以来は水恐怖症となっていた。更には父親を助けられなかったとして腹違いの姉達に召使も同然の扱いを受けている。
君島 春子
演 - 武田久美子
ヒカルの腹違いの姉で、君島家長女。「通販レディース」の社長。父の死の遠因となったヒカルに辛く当たっている。
君島 夏子
演 - 中村綾
君島家次女。「通販レディース」の専務。
君島 秋子
演 - 沢木涼子
君島家三女。「通販レディース」の常務。
レオナルド・リック
演 - セイン・カミュ
「マイクロプラネット社」の代表取締役社長。
アナウンサー
演 - 朝岡聡
さらば天国に一番近い男(2000年)[編集]
春原 隆
演 - いしだ壱成
ノーベル賞候補とも言われる原子物理学の若き天才教授。ふとした偶然から四郎が交渉に成功し、MONOカンパニーの商品に推薦文を書いて販売に貢献した。著書を読んで感動した四郎は、春原を強く尊敬している。しかし結婚式当日に婚約者に失踪され、更にある誤解から暴走し、事件を起こす。
春原 清子
演 - 松原智恵子
春原の母親。非常に厳格で、息子である隆のことを強く束縛している。
甘粕 夜子
演 - 中尾ミエ
四郎たち四兄弟を女手ひとつで育ててきた甘粕家の母親。福岡の実家で「甘粕食堂」を経営している。
加藤 愛子
演 - 相田翔子
春原の婚約者。結婚式の当日に突如失踪してしまった。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

MONOカンパニー編[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1999年1月08日 お前は今日死ぬ! 生野慈朗 14.3%
第2話 1999年1月15日 キスしないと死ぬ 12.2%
第3話 1999年1月22日 抱かれないと死ぬ 片山修 12.8%
第4話 1999年1月29日 泣かないと死ぬ! 13.9%
第5話 1999年2月05日 約束破ると死ぬ! 戸高正啓 13.9%
第6話 1999年2月12日 殴られないと死ぬ 12.4%
第7話 1999年2月19日 命がけ! 炎の対決 石井康晴 12.8%
第8話 1999年2月26日 仁義なき兄弟戦争 片山修 12.9%
第9話 1999年3月05日 中継! 愛の救出大作戦 戸高正啓 13.3%
第10話 1999年3月12日 史上最強の敵登場 片山修 14.5%
最終話 1999年3月19日 地上最期のお別れ 戸高正啓 14.2%
平均視聴率 13.4%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

スペシャル[編集]

放送日 サブタイトル 演出 視聴率
1999年09月24日 天国に一番近い男 炎の命がけドラマスペシャル
これが出来なきゃ即死亡! 大スペクタクル! 大どんでん返し! 熱き涙の120分!
後ろ向きの人生よ、さようなら! 今世紀最後にして最大の命題が降って来る!
片山修 19.2%
2000年12月29日 さらば天国に一番近い男
天国に一番近い男VS太陽を盗んだ男
"東京を救えなかったら即死亡!"
世紀末恐怖の大王が降って来た! 史上最強の大決戦スペシャル!!
11.3%
  • SP2のタイトルにある「太陽を盗んだ男」はこの原子爆弾を製造する青年を指しており、1979年公開の同名の映画に由来する。
  • SP2の最後は教師編に繋がる形で終了する。本編の最後では教師編の主役となる隠岐之島和也が登場し、天童が「4月ね!」と翌年4月からの新シリーズの予告めいた一言を発した。

各話別命題一覧[編集]

各話 放送日 命題
第1話 1999年1月08日 「1999年1月8日午後1時30分までに心の底から本当に生きたいと願うことができなければ即死亡」
第2話 1999年1月15日 「1999年1月15日午前10時30分までに露崎小春とキスできなかったら即死亡」
第3話 1999年1月22日 「1999年1月22日午後3時までに年上の人に抱きしめられて『ありがとう』と言われなかったら即死亡」
第4話 1999年1月29日 「1999年1月29日午後6時までに本当の涙を流せなかったら即死亡」
第5話 1999年2月05日 「1999年2月5日午後4時30分までに一番大事な約束を守れなかったら即死亡」
第6話 1999年2月12日 「1999年2月12日午後7時までに天童世死見が天現寺るりに殴られなかったら甘粕四郎が即死亡」
第7話 1999年2月19日 「1999年2月19日午前9時30分までに一回でもルールを守らなかったら即死亡」
「1999年2月19日午前9時30分までに男とキスしなかったら即死亡」(追加命題)
第8話 1999年2月26日 「1999年2月26日午後7時30分までに兄貴3人に勝てなかったら即死亡」
第9話 1999年3月05日 「1999年3月5日午後9時50分までに一つでも間違った選択をしたら即死亡」
第10話 1999年3月12日 「1999年3月12日午前10時までに他人を改心させないと即死亡」
最終話 1999年3月19日 「1999年3月19日午後2時までに天童に『さよなら』が言えなかったら即死亡」
天国に一番近い男
炎の命がけドラマスペシャル
(スペシャル1)
1999年09月24日 「君島ヒカル、9月24日午前11時までに本当の笑顔を取り戻せなかったら即死亡」(ヒカルへの命題)
「9月24日午前11時までに君島ヒカルが本当の笑顔を取り戻さなかったら甘粕四郎も即死亡」(四郎への命題)
「甘粕四郎、9月24日午前11時までに命題の本当の意味が分からなければ即死亡」(四郎への真の命題[2]
さらば天国に一番近い男
(スペシャル2)
2000年12月29日 「2001年1月1日月曜日午前0時までに最愛の人と別れられなかったら即死亡」(四郎の命題[3]
「2001年1月1日月曜日午前0時までに命題を無視できなかったら即死亡」[4]

教師編[編集]

天国に一番近い男
教師編
heaven cannot wait
ジャンル テレビドラマ
脚本 おちまさと
細川徹
演出 吉田秋生
片山修
金子文紀
戸髙正啓
出演者 松岡昌宏TOKIO
陣内孝則
妻夫木聡
櫻井翔
加藤あい
佐藤隆太
梅宮アンナ
阿部サダヲ
袴田吉彦
渡辺いっけい
北村総一朗
エンディング TOKIOメッセージ
製作
プロデューサー 磯山晶
放送分 54分
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2001年4月13日 - 6月29日
放送時間 金曜 21:00 - 21:54
放送枠 TBS金曜9時枠の連続ドラマ
回数 12


内容[編集]

父の影響で弁護士を目指すも挫折し、何の夢も持たないまま、私立高校「有栖川学園」の教師として就職した主人公・隠岐之島和也。和也は何事もうまくいかず、つらくなるとそれをすぐに途中で辞めてしまう「リセット人間」である。そんな和也の前に天使を名乗る天童世死見が現われ、死を宣告される。それと同時に和也の生徒の藤堂あゆみが不穏な動きを見せる…。全12回、平均視聴率13.2%。ハイビジョン制作。MONOカンパニー編と区別するために、ビデオ化の際に「教師編」のタイトルが付けられた。

「MONOカンパニー編」と違い、シリアスな作りになっているのが特徴。前作との繋がりは特に無いが[5]、最終回では天童の正体が明かされ、シリーズ全体を締めるラストとなっている。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

隠岐之島 和也〈23 → 24〉
演 - 松岡昌宏TOKIO
有栖川学園の国語教師。3年B組担任。1977年6月1日生、北海道出身。何でもつらくなるとすぐに辞めてしまう。本当は弁護士を目指していたが挫折した。要領はいいがプライドが高く、幼少の頃に母が失踪したことがきっかけで誰とも打ち解けることができず、他人の事を内心バカにしている。天童の予言によって何度も命を救われ、次第に怖くなってくる。そしてあることがきっかけで改心し、他人とも打ち解けるようになり、人間としても生まれ変わっていく。
天童 世死見〈年齢不詳〉
演 - 陣内孝則
世界史教師。天使を名乗る謎の男。和也のクラスの副担任として学校にも出没。もし和也が変わらなくても自分に被害は及ばない。MONOカンパニー編と同一人物だが、まるで別人のようにクールな立場で和也を見ている。「椎名大輔という冒険家の体を借りている天使」と語られていたが、その本当の正体は最終回で明かされる。
隠岐之島 正〈22〉
演 - 妻夫木聡
教育実習生。連れ子再婚で和也の義弟に。東京大学法学部4年生で教師志望。いたって無邪気で和也のことが大好き。
冴島 リンダ〈27〉
演 - 梅宮アンナ
養護教諭。美人でセクシーだが酒乱癖あり。藤堂の手先となり学内をスパイしている。
那須田 潤〈30〉
演 - 阿部サダヲ
物理教師。ロボット愛好会顧問。発明好きで泣き虫な男。実は同性愛者。
清水 洋太〈24〉
演 - 川原澄人
数学教師。
丘 秀樹〈28〉
演 - 袴田吉彦
音楽教師。ルックスも良くモテるが、実は女性は苦手。負けず嫌いで興奮すると福島訛りが出る。
小笠原 克雄〈43〉
演 - 渡辺いっけい
教務主任古文教師。典型的な事勿れ主義、何の権限もなり。和也と反りが合わない。
三波 賢也〈60〉
演 - 北村総一朗
校長。いいかげんでイベント好き。いい加減なように見えて、本当にいい加減。

3年B組生徒[編集]

北海道からの転入生で、前の学校の制服を頑固に着続けている。暗く、アニメオタクで貧乏性ないじめられっ子。「余談ですけど…」が口癖。
学園一の優等生でスポーツも万能。学校内にファンクラブもあるほど。クラスをまとめるリーダー的存在。ある理由で1年留年している。というのは実は表向きらしい…。

ゲスト[編集]

第1話[編集]
和也の生徒
演 - 塚本高史
三宅健V6
岡田准一(V6)
本人役。『学校へ行こう!』からのゲスト出演。同番組の企画「未成年の主張」のロケで有栖川学園を訪問する。
第3話[編集]
インチキ霊媒師
演 - 高田聖子
インチキ霊媒師の夫
演 - 山西惇
清田 麗
演 - 深谷愛
第4話[編集]
大家
演 - 大島蓉子
第6話[編集]
ヤクザ風の男
演 - 坂口憲二
献血の係員
演 - 宮崎吐夢
合コンの相手
演 - 大久保佳代子オアシズ
第6話・第10話・第11話[編集]
藤堂 ちえみ
演 - 仲根紗央莉
藤堂の妹。
第7話[編集]
通訳
演 - 池津祥子
オーストラリアにある名門校「ラインハルツ学園」の視察団の通訳。
第7話・第8話[編集]
隠岐之島 章子
演 - 森下愛子
正の母で和也の義母。
第8話[編集]
雛子の祖母
演 - 花原照子
和也の母の再婚相手
演 - 中西良太
愛川の父親
演 - でんでん
タクシーの運転手
演 - 半海一晃
第10話[編集]
藤堂の父
演 - 深水三章
第11話・最終話[編集]
福富 開栄
演 - 細川俊之
「グローバル・ドリーム・グループ(GDG)」代表。全国の学校法人をグループ化する計画を行っているが、その本当の目的は雛子と藤堂の活躍によって明かされる。
第11話[編集]
苫米地 剛
演 - 唐渡亮
元ボクシング全日本チャンピオンで古川橋高校ボクシング部顧問。和也の対戦相手。
柏木コーチ
演 - トミーズ雅
和也が通うボクシングジムコーチ。
最終話[編集]
天童をよく知る男
演 - 河野洋一郎
第1話から天童に付きまとう謎の男。天童とは知り合いのようだが、最終回にて天童と共にその正体が明かされる。尚、劇中では終始後姿しか映っておらず、最後までその素顔を明かす事は無かった。
君島 ヒカル
演 - 深田恭子(バンク映像)
春原 隆
演 - いしだ壱成(バンク映像)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 2001年4月13日 死ね! ダメ教師 おちまさと 吉田秋生 16.5%
第2話 2001年4月20日 ドミノ6万個分の命 片山修 14.5%
第3話 2001年4月27日 怪談…首切り女の祟り 吉田秋生 13.3%
第4話 2001年5月04日 死ぬ気でダイエット! 細川徹
おちまさと
金子文紀 12.9%
第5話 2001年5月11日 泥だらけの社交ダンス おちまさと 片山修 12.6%
第6話 2001年5月18日 NOと言えない男 吉田秋生 13.2%
第7話 2001年5月25日 サルより価値のない男 細川徹
おちまさと
金子文紀 11.2%
第8話 2001年6月01日 優しい弟の鉄拳制裁! おちまさと 片山修 13.1%
第9話 2001年6月08日 友情は命を救えるか 吉田秋生 14.3%
第10話 2001年6月15日 世界一悲しい悪魔 細川徹
おちまさと
金子文紀 11.9%
第11話 2001年6月22日 炎のガチンコファイト おちまさと 戸高正啓 12.7%
最終話 2001年6月29日 和也の死・天使の秘密 吉田秋生 12.2%
平均視聴率 13.2%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

各話別命題一覧[編集]

各話 放送日 命題
第1話 2001年4月13日 「2001年4月13日金曜日、午後2時までに本気で『諦めない』と思えなかったら即死亡」
第2話 2001年4月20日 「2001年4月20日午前10時までに、女の胸に抱かれて『好き』と告白されなかったら即死亡」
第3話 2001年4月27日 「2001年4月27日午前0時までに謝るべき人に本気で心から『ごめんなさい』と謝らなければ即死亡」
第4話 2001年5月04日 「2001年5月4日午後2時までに体重を5kg落とさなければ即死亡」
第5話 2001年5月11日 「2001年5月11日金曜日午後7時までに他人の泥をかぶれなかったら即死亡」
第6話 2001年5月18日 「2001年5月18日午前10時まで一回でも他人の頼みにNOと言ったら即死亡」
第7話 2001年5月25日 「2001年5月25日午後5時までに、自分の価値を認めてもらえなければ即死亡」
第8話 2001年6月01日 「2001年6月1日、金曜午後1時までに隠岐之島正に殴られなかったら即死亡」
第9話 2001年6月08日 「2001年6月8日金曜日、午後9時までに友がお前の死を悲しまなかったら即死亡」
第10話 2001年6月15日 「2001年6月15日午後3時までに、一番悩んでいる人の本当の笑顔が見られなかったら即死亡」
第11話 2001年6月22日 「2001年6月22日金曜日、正午までに嘘を真にしなければ即死亡」
最終話 2001年6月29日 「2001年6月29日午前10時までに有栖川学園を救えなかったら即死亡」

関連商品[編集]

DVD
  • 天国に一番近い男 DVD-BOX(2010年5月7日発売、TCエンタテインメント)
  • 天国に一番近い男Special DVD-BOX(2010年5月7日発売、TCエンタテインメント)
  • 天国に一番近い男-教師編- DVD-BOX(2010年6月2日発売、TCエンタテインメント)
CD
  • 天国に一番近い男-教師編- オリジナルサウンドトラック(2001年5月30日発売、ユニバーサルJ)

脚注[編集]

  1. ^ 命題の指定日は制作元のTBSでの放送日と同じ日である。MONOカンパニー編の第9話にいたっては放送開始から命題の期限までの時間がリアルタイムとリンクしており、オープニングやCMを跨いだ分もしっかり同じ時間だけ進んでいる。
  2. ^ 四郎に対する「君島ヒカルが~」の命題は天童の作った偽物。
  3. ^ ではなく、実際は春原への命題であったことがラストで明かされる。
  4. ^ 春原の命題を勝手に自分の物と思い込んだ四郎への隠し命題であることがラストで明かされる。この時、担当人物の課せられる命題の書かれた手紙の封筒の色が通常は白色であるのに対し、四郎のように他人の命題を見た者に課せられる別の命題の書かれた手紙の封筒の色は黒色となっている。
  5. ^ 第6話で天童が和也に対し「お前も『どうせ』が口癖なんだな」や「俺の前の担当者」などという、MONOカンパニー編の四郎の存在を仄めかす発言がある。さらに最終回終盤では、天童をよく知る男が和也に天童の事について語る際、天童がこれまで担当してきた人物として、四郎・君島ヒカル・春原隆・和也の名前を出す所がある。
  6. ^ 第6話まで「越智真人」と表記。

外部リンク[編集]

TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
PU-PU-PU-
(1998年10月9日 - 1998年12月18日)
天国に一番近い男
(第1期・MONOカンパニー編)
(1999年1月8日 - 1999年3月19日)
L×I×V×E
(1999年4月9日 - 1999年6月25日)
ビッグウイング
(2001年1月12日 - 2001年3月20日)
天国に一番近い男
(第2期・教師編)
(2001年4月13日 - 2001年6月29日)
ネバーランド
(2001年7月6日 - 2001年9月14日)