ハイアットリージェンシー東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハイアット リージェンシー 東京
Hyatt Regency Tokyo
Hyatt-Regency-Tokyo-01.jpg
ホテル概要
ホテルチェーン ハイアットホテルアンドリゾーツ
デベロッパー 小田急グループ
設計 清水建設竹中工務店共同設計室[1]
施工 清水建設・竹中工務店・小田急建設・日本建設[1]
運営 ホテル小田急
前身 ホテルセンチュリーハイアット→センチュリーハイアット東京
階数 地下4 - 地上28[1]
レストラン数 2軒
部屋数 746室
シングル数 68室
ダブル数 363室
ツイン数 236室
スイート数 18室
敷地面積 14,344.51 m²
建築面積 12,414 m²
延床面積 87,522 m²
駐車場 415台
開業 1980年昭和55年)9月15日
最寄駅 都営地下鉄大江戸線 都庁前駅
最寄IC 首都高速4号新宿線 新宿出入口
所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿2-7-2
位置 北緯35度41分27.2秒 東経139度41分28.7秒 / 北緯35.690889度 東経139.691306度 / 35.690889; 139.691306座標: 北緯35度41分27.2秒 東経139度41分28.7秒 / 北緯35.690889度 東経139.691306度 / 35.690889; 139.691306
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
都庁、新宿中央公園方面より。後方は小田急第一生命ビル。

ハイアット リージェンシー 東京(ハイアット リージェンシー とうきょう、英表記:Hyatt Regency Tokyo)は、東京都新宿区西新宿にあるホテルである。

ハイアットホテルアンドリゾーツにおける国内進出1号店で、株式会社ホテル小田急が運営する。

概要[編集]

淀橋浄水場跡地は新宿副都心建設公社によって街区が造成され、順次売却されるが、この建物が位置する新宿新都心7号地は小田急電鉄第一生命保険が共同で購入し、小田急が小田急センチュリービル、第一生命が新宿第一生命ビルディング(現:小田急第一生命ビルディング)を建設し[1]1980年昭和55年)9月15日、その竣工した小田急センチュリービルに「ホテルセンチュリーハイアット」を開業した。

2001年平成13年)3月30日「センチュリーハイアット東京」に改称したが、07年10月1日、「ハイアット リージェンシー 東京」に再改称した。

エントランスを入ったロビー天井にはスワロフスキー🄬・クリスタル製、1基5,000万円(1980年当時の価格)といわれるシャンデリアが3基あり[2]、客室はスイートルーム18室を含む全746室を設けたほか、2つのレストランとバー、大小さまざまな宴会施設の他、最上階にはスパ、フィットネスジムを備えている。

客室[編集]

  • 6階 - 9階:リージェンシークラブフロア(エグゼクティブフロア・スイートルーム)
    リージェンシークラブフロアの宿泊者は9階のリージェンシークラブラウンジを利用可能
    新宿中央公園の緑を見て季節を感じて欲しい」との理由から、敢えて低層階にクラブフロアを設けている。
  • 10階 - 26階:レギュラーフロア 
    21階以上の高層階はビューデラックスルーム。

レストラン等[編集]

  • 中国料理「翡翠宮」
    ホテル開業と同時に営業をスタートさせ、日本では比較的珍しい北京上海料理を主に提供している。
  • 新宿なだ万
    • 「日本料理 新宿なだ万」
    • 鉄板焼「鉄板焼グリル byなだ万」
    • 寿司「すし清水 byなだ万」
  • 「カフェ」(オールデーダイニング)
  • バー「オードヴィー」
  • スパ&ウェルネス「ジュール」
  • フィットネスジム 

ホテルの設備として紹介されていないが、イヤーエステの始祖とされる理容室デボネールが1階にある。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『BE建築設備』1980年12月号
  2. ^ “ハイアットリージェンシー東京、巨大シャンデリアの清掃公開”. 日本経済新聞. (2013年7月24日). https://r.nikkei.com/article/DGXNZO57712710U3A720C1L72000 2019年2月7日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 「新建築・新設備 新宿第一生命ビルディング・小田急センチュリービル」『BE建築設備』1980年12月号

関連項目[編集]

  • 小田急百貨店 - 地下1階で行われる催し「小田急エクセレントバザール」を主催。

外部リンク[編集]