ドトールコーヒーショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北心斎橋店(大阪府大阪市)

ドトールコーヒーショップDOUTOR COFFEE SHOP)は、株式会社ドトールコーヒーが日本で展開するセルフ式のコーヒーショップチェーン

2011年10月時点ではフランチャイズが973店、直営が140店と日本国内で店舗数は業界最多である。

略称は一般的にはドトール。また、業界ではDCS(Doutor Coffee Shopの頭文字)と呼ばれることが多い。以下、「ドトールコーヒーショップ」を「DCS」と省略する。

概要[編集]

コーヒーやサンドイッチ、ケーキなどを提供するセルフ式のコーヒーショップ。原宿駅前の表参道 渋谷区神宮前1丁目)にチェーン1号店が開業したのは1980年(昭和55年)で、同業種の日本における草分け的存在である。当初は、ヨーロッパ式の立ち飲みスタイルが取り入れられていたが、現在では全店舗に座席が設けられている。各店舗で気取らないカジュアルな雰囲気を取り入れており、キャッチコピーは「ドトール、のち、はれやか」である。

長らく島根県のみ未出店の状態だったが、2015年10月16日のシャミネ松江店オープンによって、タリーズコーヒースターバックスコーヒーに続いて全都道府県出店達成となった。

石油元売り大手のエクソンモービルと提携したことで、セルフ式ガソリンスタンドと併設している店舗も幹線道路沿いを中心に設置されるようになった。併せて、2004年(平成16年)には東京都千代田区霞が関中央省庁が集まる官庁街にある日本郵政公社(現・日本郵政)本社、中央合同庁舎第2号館および第5号館にも出店した。この他にも、郊外部だと大型ショッピングモールフードコートへの出店が多い。また大型総合病院に出店している例もある。

業務を円滑に進めるため、店員のランクが細かく分かれており上から順にP.A.MANAGER→P.A.LEADER→2級パートナー(2つ星)→1級パートナー(1つ星)→初級パートナー(若葉マーク)となっている。ただし、このランク制度がどこの店舗でも使われているというわけではない。一部店舗では、フレッツスポットdocomo Wi-Fiといった公衆無線LANが導入されている。

DCSの誓い[編集]

DCSでは「おいしいコーヒーと活力の提供」、「サービスの徹底」、「魅力的な店づくりの追求」、「新鮮なコーヒー豆の提供とフレンドリーな売店づくり」を常に実践するための「DCSの誓い(繁栄の唱和)」を掲げている。

「DCSの誓い」(繁栄の唱和)

一、私たちは常にお客様に美味しいコーヒーと活力を提供します。

一、私たちは常に明るい笑顔とはつらつとしたサービスに徹します。

一、私たちは常に清潔で輝きあるセンスあふれた店作りを追求します。

一、私たちは常に新鮮なコーヒー豆の提供と、楽しく選びやすい売店づくりを実践します。

メニュー[編集]

ブレンドコーヒー、アメリカンコーヒー、アイスコーヒーがメイン商品であり、それぞれSサイズが220円で提供されている。その他に多種多様なサイドメニューがある。

レギュラードリンク[編集]

ドリップコーヒーは豆の蒸らしの工程が重要なために、ドトールコーヒーが開発した独自のコーヒーメーカーを使用している。

レギュラーフード[編集]

  • ミラノサンド(ハム系のA、魚介系のB、チキン系のC、季節限定orプレミアム)
  • ホットドック[1](ジャーマンドック、レタスドック)
  • トースト(トースト、チーズトースト)
  • カルツォーネ(エビとツナのポモドーロソース、6種のチーズとイベリコベーコン)
  • ケーキ
    • ケーキは常時6種類(期間によっては7種類)存在するが、なかでも「ミルクレープ」が定番商品である。その他にもかぼちゃのタルトも人気商品のひとつである。
    • ケーキは一つ一つパティシエの手作りで作られている。ケーキ類は関連会社のD&Nコンフェクショナリーが製造している。

モーニングセットも3種類存在し、390円でフード1点とドリンク1点(制限あり)がセットになっている。

また、サンドイッチやデニッシュ、焼き菓子やナッツ類も取り扱っている(一部店舗を除く)。

売店[編集]

コーヒー豆[編集]

店内ではコーヒー豆の挽き売りを行っている。スターバックスなどのような豆の量り売りは行っておらず、200gのパック詰めになったものを挽き売りする形になっている。コーヒー豆は買ったその時だけではなく後日挽いてもらうことも可能である。

他社をも圧倒するこだわり[編集]

ドトールコーヒーは元々はコーヒー豆の卸売業が主体の企業であるため、他社の追随を許さないこだわりを持っている。 その一例として、スターバックスなど一般的には低コストの「熱風焙煎」が主流であるが、ドトールコーヒーは敢えて効率があまり良くない「直火焙煎」を採用していることが挙げられる。それは、直火のほうが豆本来のコクと香りを十分に引き出すことができるためである。しかし当時大量に直火焙煎をする機械が市場に出回っておらず、焙煎機を製造する企業に特注しようとしたが「そんな非現実なことは無理だ」と断られたため、機械を独自に開発するという常識を超えたこだわりを見せている。

フレッシュローテーション[編集]

DCSの誓いにあるように、新鮮なコーヒー豆の提供を実践するために「フレッシュローテーション」というシステムを採用している。これは、工場では豆の作り置きをしないために「完全受注生産システム」を導入し、店舗では主力であり飲食部門でも使われる「マイルドブレンド」、「イタリアンエスプレッソ」、「アイスコーヒー」を売れ残りがあっても週3回新しいものに取り換え、新しいものしか販売しないというシステムである。

DCSの規定では、「よりおいしくコーヒーを楽しめる期間は1か月」(賞味期限は6か月)と決まっているため、主力の3種類以外も製造から1カ月以上たったものは販売してはいけないことになっている。売れ残った豆は製造から1か月以内に飲食部門にて使用されるため、常に売れ残った古いコーヒー豆が溜まることはなく、新しい豆だけが店舗にあるようになっている。

ラインナップ[編集]

並び順はローストが浅い順(各ロースト内は順不同)。太字は主力商品。

  • ミディアムロースト
    • モカ
    • キリマンジャロ
    • コロンビア
    • ブラジル
    • マンデリン
    • ゴールデンモカブレンド
    • ブルーマウンテン
    • ブルーマウンテンNo.1 - DCSの販売するコーヒー豆のなかで最高級品。唯一缶詰で販売される。
  • ハイロースト
    • マイルドブレンド - 看板商品でDCSの基準となる味。店内・テイクアウト220円(S)で提供される「ブレンドコーヒー」と「アメリカンコーヒー」にも使用されている。
    • ロイヤルクリスタルブレンド - 通称・ロイクリ。マイルドブレンドと並んで人気商品である。
    • ロイヤルアロマブレンド
    • ブルーマウンテンブレンド
    • プレミアムマイルドブレンド - 2003年より毎年冬限定で販売される定番商品。キューバ豆とブラジル豆をメインに通常のマイルドブレンドより少し深煎りに設定されている。
  • シティロースト
    • カフェヨーロピアン
  • フルシティロースト
    • マウカメドウズ - ハワイ島の直営農園・マウカメドウズ農園で採れたコナコーヒー
    • マウカメドウズエクストラファンシー
  • フレンチロースト
    • マウカメドウズブレンド
    • イタリアンエスプレッソ - 飲食部門の「エスプレッソ」、エスプレッソを使用するドリンクにも使用される。
  • イタリアンロースト
    • アイスコーヒー - 飲食部門の「アイスコーヒー」、「アイスカフェラテ」、「アイスハニーカフェオレ」、「アイス豆乳ラテ」にも使われる。
    • 炭火珈琲

感謝デー[編集]

全国統一制となり、毎月最終週の金・土(土曜日が翌月を跨ぐ場合はその前週となる)売店商品が10%オフになる「感謝デー」というセールが行われている。対象商品は、コーヒー豆、ドリップカフェ、リキッド系商品、粉末商品、コーヒーメーカーなどの周辺器具である(ギフト商品は対象外)。

店舗画像[編集]

ポイントカード[編集]

  • Tポイント - 2009年11月25日よりTポイントの取り扱いを開始。新しいTカードは従業員に伝えることで発行することができるが、会員登録はインターネットでしか行えない。
  • DCSポイントカード - Tポイント導入前から利用されているポイントカード。当初はフード・ドリンクでも利用できたが、その後は売店商品のみで利用が可能だった。

ドトール・バリュー・カード[編集]

ドトール・バリュー・カード(ブラック)

電子マネーを兼ねるポイントカード。商品購入時に100円ごとに1ポイントを加算。2015年7月16日から、ブラックカードとホワイトカードが順次導入される。2016年5月現在、ブラックカードの新規加入は終了している。

ドトール・バリュー・カード
カード ランク 年間購入額
[• 1]
付与率
[• 2]
バリューカード シルバー N/A 05%
ゴールド 20,000円以上 07%
プラチナ 50,000円以上 10%
バリューブラックカード 永年 10%
  1. ^ 毎年9月16日から翌年9月15日の購入金額が対象となり、翌年10月1日から適用。
  2. ^ 2,000円以上のチャージで付与されるポイント。

ブランドの若返り[編集]

2010年(平成22年)9月から、コーヒー豆・ドリップカフェのパッケージ、テイクアウトカップ、陶器製カップ・ソーサー、トレイ、袋類、砂糖などのポーション類、ストローのデザインを順次変更し、シンプルなデザインとなった。豆類はコーヒー豆とドリップカフェではデザインが異なっていたが、デザイン変更により共通のデザインとなり一目でどの種類かわかりやすくなっている。この変更で「GOURMET COFFEE」の表記が省略され、「DOU」と「TOR」で改行されていたものがシンプルに一行に変更されたり、ソーサーやトレイは円の中に豆の絵が描かれていたものが「DOUTOR」マークに変更された。

キャンペーン[編集]

「チェブラーシカ」キャンペーン[編集]

2009年(平成21年)11月から、ロシアのキャラクター、チェブラーシカとのコラボレートグッズが販売もしくはプレゼントされていた。 実施は2009年11月、2010年10月、2011年6月、2011年11月で、チェブラーシカのデザインはいずれもトリノオリンピックでロシア選手団のマスコットとして登場し、話題になった「白いチェブラーシカ」であった。 飲食することによってポストカードやクリアファイルがもらえたり、マグカップの販売、チェブラーシカをあしらったデザインの豆やクリスマス限定のホールケーキの箱などがあった。

「DOUTOR It's My Time」キャンペーン[編集]

2010年(平成22年)秋から始まったキャンペーンで、秋冬は「白いチェブラーシカ(通称・白チェブ)」グッズの販売・プレゼント、秋冬ギフトの販売、フリーペーパーの配布が行われた。 フリーペーパーではEvery Little Thing持田香織などのインタビューが掲載されていた。 2011年(平成23年)春夏のキャンペーンではシンガーソングライタースガシカオなどがインタビューされ、店内BGMでは期間限定でスガシカオの楽曲が流れていた。 それ以降も不定期にフリーペーパーを発行している。

その他[編集]

  • かつてドトールコーヒーはDCSブランドの展開を大都市圏に限る方針を取っていたが、青森県八戸市フランチャイジーアサクラがドトールコーヒーに懇願し1994年(平成6年)に八戸三日町店を開店、成功させたことから地方都市でも展開するようになった。現在でも青森県でのDCSの人気は根強く、スターバックスの進出後もその人気は衰えることなく、2011年12月現在、エクセルシオールカフェも合わせて17店舗も展開している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 表記は「ドッグ」ではない。メニュー ホットドック”. ドトールコーヒー. 2018年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]