霞が関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 千代田区 > 霞が関
霞が関
—  町丁  —
霞が関一丁目交差点(2010年)
霞が関の位置(東京23区内)
霞が関
霞が関
霞が関の位置
座標: 北緯35度40分23.03秒 東経139度45分1.43秒 / 北緯35.6730639度 東経139.7503972度 / 35.6730639; 139.7503972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chiyoda, Tokyo.svg 千代田区
地域 麹町地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 1人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 100-0013[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川
霞が関周辺・1989年平成元年)撮影、国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

霞が関(かすみがせき)は、東京都千代田区の地名。旧麹町区にあたる麹町地域内である。現行行政地名は霞が関一丁目から霞が関三丁目。住居表示実施済みの地域。郵便番号は100-0013[2]

地理[編集]

麹町地域の南西側に位置し、港区赤坂虎ノ門西新橋)との区境にあたる。日本の行政機関庁舎が建ち並んでいることで知られる。

日本の中心核の一部。大型建造物や高層ビル、摩天楼等が聳え立ち、大きく発展している。

歴史[編集]

奥州街道の関所として中世から東国の名所として広く知られており、1364年貞治3年)の『新拾遺和歌集』にも「徒らに名をのみとめてあづま路の霞の関も春ぞくれぬる」として詠まれているが、これが現在の千代田区霞が関にあたるかどうかについては異論もあり、具体的には新宿区霞岳町狭山市下広瀬、多摩市関戸などが候補として挙がっている。

霞が関の煉瓦街(1930年代)

江戸時代までは大名屋敷が並ぶ地域であった。明治時代に大火があり、跡地に外務省(旧福岡藩黒田家上屋敷)や海軍省有栖川宮邸などが置かれたことをきっかけに、官公庁施設の集積地(正式には中央官衙地区(ちゅうおうかんがちく)または霞が関一団地の官公庁施設と呼ばれる)としての計画的な整備が進められ、官庁街になる。

これが転じて、「霞が関」という語は、「日本の中央官界」の代名詞としても使われている。また、中でも最も古くから霞が関にある「外務省」の代名詞として、「官邸外交」に対する「霞が関外交」のように用いられることもある。

戦後米軍の業務、住宅施設が存在していた時期もあった。

1967年4月1日住居表示が実施され[4]1968年に日本初の超高層オフィスビルである霞が関ビルディングが完成している。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(特記なければ各町名ともその一部)
霞が関一丁目 1967年4月1日 霞ケ関一丁目、霞ケ関二丁目、霞ケ関三丁目
霞が関二丁目 霞ケ関一丁目、霞ケ関二丁目
霞が関三丁目 霞ケ関三丁目、三年町、永田町二丁目
永田町一丁目 永田町一丁目(大部分)、三年町、霞ケ関一丁目、霞ケ関二丁目、霞ケ関三丁目

施設[編集]

法務省旧本館
警視庁本庁舎
霞が関ビルディング
霞が関コモンゲート

霞が関一丁目[編集]

霞が関二丁目[編集]

外務省庁舎

霞が関三丁目[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

首都高速道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別世帯数および人口(住民基本台帳)”. 千代田区 (2017年12月6日). 2018年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月2日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ 同年4月11日、自治省告示第81号「住居表示が実施された件」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]