ホワイトホール (ロンドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホワイトホール南方向の眺め。通りの中央にはセナタフと第二次世界大戦記念碑、奥にはビッグ・ベンの入る時計塔が見える。(2012年撮影)

ホワイトホール (Whitehall) は、ロンドンシティ・オブ・ウェストミンスター内を南北に走る道路で、トラファルガー広場からチェルシーへ至るA級道路3212号線の最初の区間の一部を形成する。北に向かって、パーラメント・スクエアからトラファルガー広場の南端に位置するチャリング・クロスまでを通り抜ける大通りである。

概要[編集]

道沿いにはイギリスの中央省庁や政府機関が数多く立ち並んでおり、イギリス政府の中枢として認識されている。このことから、"ホワイトホール"の名称はこの通り一帯の地名としてだけではなく、暗にイギリスの政府を示すメトニミーとして用いられることもしばしばある。(ちょうど日本霞が関に類似する。)

通りの名前は、かつて当地を占有していた広大なホワイトホール宮殿からとられているが、宮殿は1698年の火事により全焼して失われた。当初宮殿の正面へと通じていた幅広の道路が現在のホワイトホールとなり、19世紀初頭にはその北端にトラファルガー広場が建設された。厳密には、チャリング・クロスからパーラメント・スクエアまでの北側約3分の2のみが本来のホワイトホールであり、南の3分の1はパーラメント・ストリートであるが、今日ではそのような明確な区別がなされることはほとんどない。通りの全長は1キロメートル (0.62 mi)ほどである。

歴史[編集]

1740年のホワイトホール南方向の眺め。左手にイニゴー・ジョーンズ作のバンケティング・ハウス (1622年竣工) 、右手にウィリアム・ケント作の財務省の建物 (1733-37年) 、中央にホルベイン・ゲート (1532年竣工、1759年破壊) が見える。

本来のパーラメント・ストリートはホワイトホール宮殿の脇を通ってウェストミンスター宮殿へと向かう小さな道路であった。宮殿が焼失し、その跡地が片付けられた際に道路は拡張され、最終的には19世紀に現在の光景が完成した。

1622年にイニゴー・ジョーンズによって完成したバンケティング・ハウスはホワイトホール宮殿で唯一残された部分である。チャールズ1世は1649年1月30日にこの建物の正面に据えられた断頭台において処刑されている。王党派に属する人々は現在でも処刑の日に式典を行なっている。

現在のホワイトホールは英国における政治の中心として機能している。多くの政府官庁がこの周辺に設けられているため、「ホワイトホール」という言葉は日本における「霞ヶ関」と同様に、政府を指す際に用いられる。

通りに面しては国防省イギリス陸軍本部、イギリス海軍本部、ホース・ガーズアドミラルティなど軍事関連の官庁が多い。前陸軍総司令官であるケンブリッジ公爵ジョージの騎馬像も置かれている。

ダウニング・ストリートは通りの南西から派生している。現在は一般に開放されておらず、1989年に設置された柵によって首相官邸と隔離されている。

ロンドン警視庁の本部であるスコットランドヤードは以前ホワイトホールの北東に位置するグレイト・スコットランド・ヤードに置かれており、その名称の由来となった。

沿道施設[編集]

政府関連機関の位置

政府関連機関[編集]

かつて存在した政府関連機関[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


座標: 北緯51度30分15秒 西経0度07分35秒 / 北緯51.50417度 西経0.12639度 / 51.50417; -0.12639