トラファルガー広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯51度30分29秒 西経0度07分41秒 / 北緯51.508154度 西経0.128107度 / 51.508154; -0.128107

トラファルガー広場に面するナショナル・ギャラリー

トラファルガー広場(トラファルガーひろば、Trafalgar Square)は、イギリスロンドンウェストミンスターにある広場である。この広場は政治演説をする人が多いことでも有名で、週末には何らかの集会が行われていることが多い。

歴史[編集]

1805年のトラファルガーの海戦における勝利を記念して造られた。当初は「ウィリアム4世広場」という名前だったが、建築家のGeorge Ledwell Taylorの提案によってトラファルガー広場となった。トラファルガーの名は海戦があったスペインのトラファルガル岬に由来するが、元々はスペインに進出したアラビア人がタアリフ・アルガル(洞窟の岬)とアラビア語で呼んでいた。

この広場は、エドワード1世の時代には王家の厩であった。1820年代、ジョージ4世が建築家のジョン・ナッシュにこの地域の再開発を依頼。現在の形になったのは1845年である。

構造[編集]

中央に噴水のある広いスペースで出来ておりナショナル・ギャラリーの入り口へ続く階段がある。以前は噴水周辺は四方を道路に囲まれていたが、ミレニアムを記念したさまざまなロンドン改造工事の一環として、建築家ノーマン・フォスターの監修で道路の一つがふさがれ、ナショナル・ギャラリーから噴水までが大きな広場となった。

ホレーショ・ネルソン提督の記念碑(ネルソン記念柱)は噴水の隣に、巨大な4頭のライオンのブロンズ像に囲まれて建っている。

広場の北側はナショナル・ギャラリー、東側はセントマーティンズ教会がある。また、南東方面はアドミラルティ・アーチに隣接している。南はホワイトホールとサウス・アフリカ・ハウス、北はチャリング・クロス・ロード、西にはカナダ・ハウスがある。

登場作品[編集]

ドクター・フー』(2005,2013,2014)
シリーズ1「マネキン・ウォーズ」にて、ローズ・タイラーとミッキー・スミスが広場でデートをしている描写がある。
50周年記念番組「ドクターの日」では、ヘリコプターからワイヤーでターディスが吊るされ、さらにその下に11代目ドクターがぶら下がって輸送されてくる。
シリーズ8「夜に現れた森」では地球全体が突如森に覆われ、トラファルガー広場も例外ではなかった。森の中にライオン像があることから、その場が広場であると分かる。
オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)
オメガ・ギタイを倒したウィリアム・ケイジがループし、ヘリコプターから広場に降り立つ。
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』(2014)
ランスロットが王の石板を大英博物館から持ち出したため、広場にいたライオン像が活動を開始する。ラリー・デイリー一行を襲おうとしたが、ライトの光にじゃれつく習性を利用され対処される。

風景[編集]

1908年のトラファルガー広場
2009年のトラファルガー広場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]