神田錦町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 千代田区 > 神田錦町
神田錦町
—  町丁  —
テラススクエア
神田錦町の位置(東京23区内)
神田錦町
神田錦町
神田錦町の位置
座標: 北緯35度41分28.1秒 東経139度45分44.53秒 / 北緯35.691139度 東経139.7623694度 / 35.691139; 139.7623694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chiyoda, Tokyo.svg 千代田区
地域 神田地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 842人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 101-0054[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

神田錦町(かんだにしきちょう)は、東京都千代田区の地名。現行行政地名は神田錦町一丁目から神田錦町三丁目。住居表示に関する法律に基づく住居表示は未実施である。郵便番号は101-0054[2]

地理[編集]

千代田区北部に位置し、神田地域に属する。町域北部は神田小川町神田神保町にそれぞれ接する。東部は本郷通りに接しこれを境に内神田神田美土代町にそれぞれ接する。南部は日本橋川に接し、これを境に大手町に接する。西部は白山通りに接しに、これを境に一ツ橋に接する。神田錦町は商業地としてオフィスビルや商店が多く立ち並び、近年は投資マンションが目立つようになった他は学校が複数見られる。東部の神田錦町一丁目の東側は本郷通りに接している。中部の神田錦町二丁目はオフィスビルのほか、警察署大学などがある。西部の神田錦町三丁目の西側は白山通りに接し、中央を東西に千代田通りが通っている。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

錦(にしき)の名は、ここに旗本の一色(いっしき)氏三河国一色荘本貫の地とする)の屋敷が2軒あったからという説が有る。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
神田錦町一丁目 242世帯 313人
神田錦町二丁目 127世帯 204人
神田錦町三丁目 240世帯 325人
609世帯 842人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]。なお、千代田区の中学校では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。[5]

丁目 番地 小学校 中学校
神田錦町一丁目 全域 千代田区立お茶の水小学校 千代田区立麹町中学校
千代田区立神田一橋中学校
神田錦町二丁目 全域
神田錦町三丁目 全域

交通[編集]

町域内の中央部東西に神田警察通りが通っている。また三丁目の中央を千代田通りが東西に通っている。また南端の日本橋川上には首都高速都心環状線があり、当地付近に神田橋出入口がある。

町域内に鉄道駅はないが、北西側には神保町駅があり、北側には、小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅が、西側には竹橋駅が、南側には大手町駅が、北東側方面には神田駅があり、利用できる。

施設[編集]

神田錦町一丁目[編集]

神田錦町二丁目[編集]

2012年3月まで東京電機大学神田キャンパスの1号館と11号館の地(神田錦町2-2)は、1885年明治18年)までは旗本蒔田(まいた)家の屋敷、1926年大正15年)までは中央大学英吉利法律学校→東京法学院→東京法学院大学→中央大学と校名が変遷)の校地であった。この地に電機学校(現:東京電機大学)が入った後は中央大学の校地は神田駿河台へ移転。

神田錦町三丁目[編集]

かつて存在した施設[編集]

学校

神田錦町は、かつて各種の学校が置かれていた場所である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別世帯数および人口(住民基本台帳)”. 千代田区 (2017年12月6日). 2018年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月2日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ 区立小学校の通学区域”. 千代田区 (2017年8月17日). 2018年1月2日閲覧。
  5. ^ 区立中学校の通学区域と学校選択”. 千代田区 (2017年10月26日). 2018年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]