新御茶ノ水駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新御茶ノ水駅
Shin-ochanomizu-station-exitB1.jpg
B1番出入口(2019年3月30日撮影)
しんおちゃのみず
Shin-ochanomizu
C 11 大手町 (1.3km)
(1.2km) 湯島 C 13
所在地 東京都千代田区神田駿河台三丁目先
駅番号 C12[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]千代田線
キロ程 11.2km(綾瀬起点)
電報略号 シチ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
98,366人/日
-2018年-
開業年月日 1969年昭和44年)12月20日
乗換 M19[1]淡路町駅丸ノ内線
S07[1]小川町駅
都営地下鉄新宿線
御茶ノ水駅
JR中央本線総武本線
テンプレートを表示

新御茶ノ水駅(しんおちゃのみずえき)は、東京都千代田区神田駿河台三丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)千代田線である。駅番号C 12[2]

歴史[編集]

接続駅[編集]

連絡運輸駅[編集]

以下の路線とは連絡運輸がなされており、徒歩連絡で乗り換えが可能である。

丸ノ内線の淡路町駅まではホームの大手町側出口から小川町駅まで歩き、さらに同駅を通り越して行く必要がある。特にA線(東京・新宿・荻窪方面)はB線(池袋方面)改札口からさらにホーム下の連絡通路を経由する必要がある。なお、改札内でも双方のホーム間の連絡通路が大手町寄りに設置されているため、B線ホーム側改札から入ってA線ホームに回ることもできる。基本的には南隣の大手町駅での乗り換えの方が至便である。

なお、千代田線綾瀬方面から丸ノ内線池袋方面への乗り換えに関しては、徒歩時間は長くなるが、時間的には大手町乗り換えの場合とあまり変わらない。しかし、普通乗車券の場合、最短経路で計算されるため、当駅・淡路町駅接続で計算される。

過去の連絡運輸駅[編集]

聖橋方面改札(湯島側)出口より丸ノ内線御茶ノ水駅まで歩いての乗り換えも可能である。ただし正式な乗換駅ではないため乗車券は分割され新たに初乗り運賃がかかるので注意が必要である[4]

2015年までは駅や車内の乗り換え案内放送で「淡路町接続丸ノ内線はのりかえ」という他の駅にはない独特の言い回しを使い、千代田線で運用されている車両の車内自動放送[5]LED車内案内表示器[6]LCD式車内案内表示器[7]の場合、通常は自社の乗り換え路線を最初に案内するのにも関わらず、当駅ではこれを最後に案内していた。現在は千代田線の車内自動放送や16000系のLCD式車内案内表示器などでは丸ノ内線、都営新宿線、JR線の順に案内され、丸ノ内線への乗り換え案内放送では「淡路町接続」が省略されている。

駅構造[編集]

ホーム(2008年7月)

島式ホーム1面2線を有する地下駅である。坂道の直下に位置しているため、南北で駅の深さが異なり、綾瀬側(JR御茶ノ水駅方面)にはかなり長いエスカレーターが設置されているのに対し、代々木上原側のエスカレーターや階段は短い。両側とも車椅子専用段差解消機が設置されている。

また、代々木上原側の改札外コンコースには地上部と連絡するエレベーターがある。かつてこの場所にあったトイレを西側に移設し、その跡地に設置されたものである。

ホームの側壁は、1997年から2001年まで改装工事が行われ、1番線側と2番線側の壁面を明るい黄色にするとともに月の和名二十四節気モザイク壁画が設置された。なお、1番線側にはカレンダーの日付も壁画間に設置されている。

当駅は、「北千住駅務管区 新御茶ノ水地域」として近隣の駅を管理している[8]

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
1 C 千代田線 大手町代々木上原伊勢原方面 代々木上原駅から OH 小田急線へ直通
OH 小田原線 伊勢原駅および OT 多摩線 唐木田駅まで直通)
2 北千住綾瀬取手方面 綾瀬駅から JL 常磐線(各駅停車)へ直通

発車メロディ[編集]

2018年10月27日よりスイッチ制作の発車メロディを使用している。

曲は1番線が「モザイク」(福嶋尚哉作曲)、2番線が「すばらしき出会い」(塩塚博作曲)である[9]

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員98,366人であり[10]、東京メトロ全130駅中43位。この値は淡路町駅の丸ノ内線との乗換人員を含まない。

  • 丸ノ内線との乗換人員を含んだ、2018年度の1日平均乗降人員は104,996人である[11]。千代田線内では第9位。

近年の1日平均乗降乗車人員推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[12][13]
年度 1日平均
乗降人員[11]
1日平均
乗車人員[14]
出典
1972年(昭和47年) 73,137 36,177
1973年(昭和48年) 81,694 38,558
1990年(平成02年) 74,479 [* 1]
1991年(平成03年) 72,899 [* 2]
1992年(平成04年) 72,904 [* 3]
1993年(平成05年) 70,863 [* 4]
1994年(平成06年) 68,523 [* 5]
1995年(平成07年) 66,279 [* 6]
1996年(平成08年) 63,712 [* 7]
1997年(平成09年) 61,784 [* 8]
1998年(平成10年) 60,447 [* 9]
1999年(平成11年) 114,114 57,885 [* 10]
2000年(平成12年) 110,965 56,351 [* 11]
2001年(平成13年) 108,488 55,104 [* 12]
2002年(平成14年) 104,514 52,923 [* 13]
2003年(平成15年) 99,792 50,189 [* 14]
2004年(平成16年) 98,235 48,488 [* 15]
2005年(平成17年) 46,827 [* 16]
2006年(平成18年) 92,102 45,477 [* 17]
2007年(平成19年) 95,890 47,085 [* 18]
2008年(平成20年) 95,280 47,033 [* 19]
2009年(平成21年) 93,042 46,118 [* 20]
2010年(平成22年) 91,459 45,353 [* 21]
2011年(平成23年) 88,444 44,041 [* 22]
2012年(平成24年) 85,981 42,527 [* 23]
2013年(平成25年) 90,832 45,090 [* 24]
2014年(平成26年) 91,798 45,603 [* 25]
2015年(平成27年) 93,653 46,508 [* 26]
2016年(平成28年) 94,811 47,099 [* 27]
2017年(平成29年) 97,514 48,433 [* 28]
2018年(平成30年) 98,366

駅周辺[編集]

駅周辺は明治大学日本大学東京医科歯科大学などがあり、「日本のカルチエ・ラタン」とも呼ばれる学生街として知られている。楽器店やスポーツ用品店、歴史ある有名病院古書店も多く立地する。

バス路線[編集]

  • 日立自動車交通
    • 「小川町交差点」停留所(B4出入口東側) 千代田区「風ぐるま」内神田ルート - かんだ連雀・万世橋出張所・岩本町一丁目・区営内神田住宅方面

隣の駅[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)
C 千代田線
大手町駅 (C 11) - 新御茶ノ水駅 (C 12) - 湯島駅 (C 13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年05月26日閲覧)
  2. ^ 新御茶ノ水駅/C12 | 路線・駅の情報 | 東京メトロ、2017年4月30日閲覧
  3. ^ タイミングによってはJR常磐緩行線系統の車両と中央線・総武線系統のJR車同士の乗り換えができることがある。JR線と連絡会社線との乗り換え駅
  4. ^ かつて同駅まで連絡扱いを行っていたが、都営新宿線小川町駅の開業と同時に直接地下でつながった淡路町駅との連絡扱いを開始し、御茶ノ水駅との連絡扱いを解消した。
  5. ^ 6000系の一部・06系東京メトロ16000系小田急4000形JR東日本E233系2000番台が該当
  6. ^ 6000系の一部・06系が該当(JR東日本209系1000番台は停車駅・次駅案内のみ行っている)
  7. ^ 東京メトロ16000系小田急4000形JR東日本E233系2000番台が該当
  8. ^ 鉄道ピクトリアル2016年12月臨時増刊号 【特集】東京地下鉄 p.17
  9. ^ 株式会社スイッチ. “株式会社スイッチオフィシャルサイト” (日本語). 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 2019年9月3日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  11. ^ a b レポート - 関東交通広告協議会
  12. ^ 行政基礎資料集 - 千代田区
  13. ^ 文京の統計 - 文京区
  14. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]


外部リンク[編集]