淡路町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
淡路町駅
Ogawamachi-Awajicho-station-ExitA1.jpg
淡路町駅・小川町駅A1番出入口
(2019年8月30日撮影)
あわじちょう
Awajicho
M 18 大手町 (0.9 km)
(0.8 km) 御茶ノ水 M 20
上は新御茶ノ水駅、左は小川町駅
東京都千代田区神田淡路町一丁目2
北緯35度41分43.6秒 東経139度46分2.8秒 / 北緯35.695444度 東経139.767444度 / 35.695444; 139.767444座標: 北緯35度41分43.6秒 東経139度46分2.8秒 / 北緯35.695444度 東経139.767444度 / 35.695444; 139.767444
駅番号 M19[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]丸ノ内線
キロ程 7.2 km(池袋起点)
電報略号 アワ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
42,373人/日
-2020年-
開業年月日 1956年昭和31年)3月20日
乗換 S07[1]小川町駅
都営新宿線
C12[1]新御茶ノ水駅
千代田線
テンプレートを表示

淡路町駅(あわじちょうえき)は、東京都千代田区神田淡路町一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線である。駅番号M 19

歴史[編集]

接続路線[編集]

以下の路線とは連絡運輸がなされており、徒歩連絡で乗り換えが可能である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。建設当初から6両編成に対応した延長120 mであったが[5]、後年の都営地下鉄新宿線建設時に乗車位置分散のため、池袋方へ32 m延伸したほか、荻窪方面行き側のコンコース・駅施設が大幅に拡張された[2]。このため、他の駅に比べホーム有効長が長く、池袋方面行きホームの大手町寄り不要部分には立ち入れないよう柵が設置されている。荻窪方面行きのホームはホーム端にトイレがあるため、特に柵などは設置されていない。大手町駅方にある両ホームを結ぶ連絡通路を利用して、将来は大手町駅方も出入口を新設できる構造となっている[5]

出入口は、開業当初より靖国通り側に4か所設けられていた(現在のA1 - A5出入口に該当する)[5]。こちらも都営地下鉄新宿線建設時に改良工事が行われ、現在のA4出入口に変更はないが、神田須田町一丁目方面への出入口はA1・A2の2か所に分割されたほか、A3出入口は位置を東方向に移設、A5出入口は向きを西方向から東方向へ変更した[5][2]。5か所のうち、2か所は営団地下鉄(現・東京地下鉄)、3か所は東京都交通局の財産区分に分けられた[6]。同時期にビル事業者からの申し出により、当駅の池袋方面行きホームの大手町寄りには地上への非常出入口と駅冷房用冷却塔が設けられた[2][6][7](建て替えにより、現在は千代田小川町クロスタビル内に収容されている)。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 M 丸ノ内線 銀座新宿荻窪方面
2 後楽園池袋方面

(出典:東京メトロ:構内図

発車メロディ[編集]

ワンマン運転開始に伴い、スイッチ制作の発車メロディ(発車サイン音)が導入されている。

曲は1番線が「Safety」(谷本貴義作曲)、2番線が「駅スイート」(福嶋尚哉作曲)である[8]

駅設備[編集]

  • 三井住友銀行ATM - 新宿方面改札外。
  • セブン銀行ATM- 新宿方面改札外。
  • トイレ - 新宿方面1番線ホーム荻窪側、同改札外(多機能トイレ)、池袋方面2番線改札外(多機能トイレ)に設置。

出口番号[編集]

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗降人員42,373人であり[9]、東京メトロ全130駅中65位。この値は新御茶ノ水駅の千代田線との乗換人員を含まない。

  • 千代田線との乗換人員を含んだ、2018年度の1日平均乗降人員は67,113人である[10]。丸ノ内線全28駅中第15位。

近年の1日平均乗降乗車人員推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[11]
年度 1日平均
乗降人員[10]
1日平均
乗車人員[12]
出典
1990年(平成02年) 32,323 [* 1]
1991年(平成03年) 33,505 [* 2]
1992年(平成04年) 33,159 [* 3]
1993年(平成05年) 32,671 [* 4]
1994年(平成06年) 32,184 [* 5]
1995年(平成07年) 31,284 [* 6]
1996年(平成08年) 30,953 [* 7]
1997年(平成09年) 30,148 [* 8]
1998年(平成10年) 29,893 [* 9]
1999年(平成11年) 28,836 [* 10]
2000年(平成12年) 29,093 [* 11]
2001年(平成13年) 28,523 [* 12]
2002年(平成14年) 28,170 [* 13]
2003年(平成15年) 27,145 [* 14]
2004年(平成16年) 26,679 [* 15]
2005年(平成17年) 26,660 [* 16]
2006年(平成18年) 52,965 26,995 [* 17]
2007年(平成19年) 54,267 27,421 [* 18]
2008年(平成20年) 54,006 27,356 [* 19]
2009年(平成21年) 50,978 26,945 [* 20]
2010年(平成22年) 52,561 26,655 [* 21]
2011年(平成23年) 51,979 26,386 [* 22]
2012年(平成24年) 51,913 26,202 [* 23]
2013年(平成25年) 54,016 27,405 [* 24]
2014年(平成26年) 55,155 27,953 [* 25]
2015年(平成27年) 56,500 28,658 [* 26]
2016年(平成28年) 57,779 29,307 [* 27]
2017年(平成29年) 59,445 30,203 [* 28]
2018年(平成30年) 60,485 30,718 [* 29]
2019年(令和元年) 61,863 31,456 [* 30]
2020年(令和02年) 42,373

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 日立自動車交通
    • 「小川町交差点」停留所(A5出入口西側) 千代田区「風ぐるま」内神田ルート - かんだ連雀・万世橋出張所・岩本町一丁目・区営内神田住宅方面

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)
M 丸ノ内線
大手町駅 (M 18) - 淡路町駅 (M 19) - 御茶ノ水駅 (M 20)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g 東京地下鉄道有楽町線建設史、pp.1166 - 1167。
  3. ^ “「営団地下鉄」から「東京メトロ」へ” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (2004年1月27日), オリジナルの2006年7月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060708164650/https://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-06.html 2020年3月25日閲覧。 
  4. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月5日閲覧。 
  5. ^ a b c d 東京地下鉄道丸ノ内線建設史(下巻)、pp.66 - 67。
  6. ^ a b 帝都高速度交通営団工務部のあゆみ【建築編】、p.40。
  7. ^ 帝都高速度交通営団工務部のあゆみ【土木編】、pp.264 - 265。
  8. ^ 音源リスト|東京メトロ”. 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2019年10月24日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  10. ^ a b レポート - 関東交通広告協議会
  11. ^ 行政基礎資料集 - 千代田区
  12. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]