神田美土代町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 千代田区 > 神田美土代町
神田美土代町
—  町丁  —
神田美土代町の位置(東京23区内)
神田美土代町
神田美土代町
神田美土代町の位置
座標: 北緯35度41分34.26秒 東経139度45分57.47秒 / 北緯35.6928500度 東経139.7659639度 / 35.6928500; 139.7659639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chiyoda, Tokyo.svg 千代田区
地域 神田地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 126人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 101-0053[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

神田美土代町(かんだみとしろちょう)は、東京都千代田区町名住居表示は未実施。「丁目」の設定のない単独町名である。郵便番号は、101-0053[2]

地理[編集]

東京都千代田区の北部に位置し、神田地域に属する。町域北部は、神田小川町に接する。東部は神田司町に接する。南部は神田警察通りに接し、これを境に内神田に接する。西部は本郷通りに接し、これを境に神田錦町に接する。主に商業地として利用されている。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

神田」も「美土代」も、地名の由来は神社の領田であり、全く同じ意味の単語の言い換えを2個続けた変わった地名である。 1872年明治5年)に美土代町と命名され、美土代町1丁目から美土代町4丁目まである広い地域であった。その後、美土代と称する地域は縮小され1947年昭和22年)より神田美土代町となる[4]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
神田美土代町 83世帯 126人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、千代田区の中学校では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。[6]

番地 小学校 中学校
全域 千代田区立千代田小学校 千代田区立麹町中学校
千代田区立神田一橋中学校

交通[編集]

町域内に鉄道駅はないが、地下鉄丸ノ内線淡路町駅都営新宿線小川町駅千代田線新御茶ノ水駅が至近にある。

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 町丁別世帯数および人口(住民基本台帳)”. 千代田区 (2017年12月6日). 2018年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月2日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ 町名由来版:美土代町(みとしろちょう) 千代田区
  5. ^ 区立小学校の通学区域”. 千代田区 (2017年8月17日). 2018年1月2日閲覧。
  6. ^ 区立中学校の通学区域と学校選択”. 千代田区 (2017年10月26日). 2018年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]