中央合同庁舎第6号館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中央合同庁舎第6号館
Central Government Building No.6
中央合同庁舎第6号A棟.jpg
中央合同庁舎第6号館A棟
情報
用途 官庁庁舎・裁判所
設計者 建設大臣官房官庁営繕部
管理運営 法務省国土交通省
階数 地上21階・地下4階(A棟)
地上20階・地下3階(B・C棟)
高さ 85m(A棟)
86.52m(B・C棟)
竣工 1990年2月(A棟)
1994年(B・C棟)
所在地 東京都千代田区霞が関1-1-1
座標 北緯35度40分33秒 東経139度45分17秒 / 北緯35.67583度 東経139.75472度 / 35.67583; 139.75472座標: 北緯35度40分33秒 東経139度45分17秒 / 北緯35.67583度 東経139.75472度 / 35.67583; 139.75472
テンプレートを表示

中央合同庁舎第6号館(ちゅうおうごうどうちょうしゃだいろくごうかん、Central Gov't Bldg. No.6)は、東京都千代田区霞が関一丁目にある日本の中央省庁裁判所合同庁舎(4棟)。

概要[編集]

1994年に全棟が完成した、地上21階・地下4階のA棟、地上20階・地下3階のツインビルであるB棟及びC棟と赤れんが棟(法務省旧本館)から成る。

主に法務省系の各省庁・機関が入居する。A棟・B棟・C棟は高層ビル群で、低層部で建物が連絡している。3棟の総延べ面積は189,265平方メートルに及ぶ。A・B棟は検察関係のフロアが多いため、「検察合同庁舎」の別名がある。

C棟は裁判所が入居しており、「東京家庭・簡易裁判所合同庁舎(家簡地裁合同庁舎)」と称されることもある[1]

赤れんが棟については、法務省旧本館を参照。

入居機関[編集]

第6号館赤れんが棟
第6号館B・C棟
  • B棟
    • 東京地方検察庁本庁(総務部司法修習課・交通部・特別捜査部を除く)
    • 東京区検察庁(道路交通部を除く)
    • 公正取引委員会
  • C棟(東京家庭・簡易裁判所合同庁舎)

関連項目[編集]

出典[編集]

参考・外部リンク[編集]