中央合同庁舎第2号館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中央合同庁舎第2号館
Central Gov't Bldg. No.2
Government Office Complex 2 of Japan 2009.jpg
情報
設計者 久米設計
施工 清水建設間組銭高組JV
構造形式 S造(地上部)、SRC造(地下部)
敷地面積 16,842m² m²
建築面積 5,708.01m² m²
延床面積 114,839.51m² m²
階数 地上21階、塔屋1階、地下4階
高さ 最高部 - 99.60m、軒高 - 90.60m
着工 1997年1月18日
竣工 2000年12月15日
所在地 100-0013
東京都千代田区霞が関2丁目1番2号
座標 北緯35度40分31.9秒 東経139度45分4.6秒 / 北緯35.675528度 東経139.751278度 / 35.675528; 139.751278
テンプレートを表示

中央合同庁舎第2号館(ちゅうおうごうどうちょうしゃだいにごうかん、Central Gov't Bldg. No.2)は、東京都千代田区霞が関二丁目にある日本の中央省庁合同庁舎

概要[編集]

かつて内務省庁舎でもあった旧2号館(通称人事院ビル)を建て替えて建設された、霞が関中央官庁地区で2番目の超高層庁舎である。隣接する中央合同庁舎第3号館と一体的に整備された。

高層化による土地の高度利用を図るとともに、平面ロ字型の庁舎の中央部に吹き抜けを設けることにより良好な空間の形成を狙っている。屋上の鉄塔には中央防災無線警察無線消防無線のアンテナが設置されている。

旧2号館から引き続き、旧内務省系の総務省警察庁が主に入居している。総務省でも統計局は新2号館ではなく新宿区若松町の総務省第2庁舎に入居し、一方隣の合同庁舎第3号館を主に使う国土交通省も一部の部局が新2号館に入居し、分館として使用している。計画当初は、新2号館に自治省及び消防庁(現・総務省)、警察庁に加えて、かつて旧2号館に入居していた建設省(現・国土交通省)と人事院も入居する予定であった[1]

3号館とは地下で直結しており、セキュリティチェックなしで両館の間を行き来できる。また、地下鉄霞ケ関駅と地下で直結している。

入居機関[編集]

総務省が過半数のフロアを使用しており、庁舎管理も総務省が行っている。

中央省庁
店舗など

建物概要[編集]

  • 階数:地上21階、塔屋1階、地下4階
  • 建物高さ:最高部 - 99.60m、軒高 - 90.60m
  • 敷地面積:16,842m2
  • 建築面積:5,708.01m2
  • 延床面積:114,839.51m2
  • 構造:S造(地上部)、SRC造(地下部)
  • 設計:久米設計
  • 施工:清水建設間組銭高組JV
  • 着工:1997年1月18日
  • 竣工:2000年12月15日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 人事院事務総局広報局 編 『人事院月報』第49巻 p.105 東京官書普及

関連項目[編集]

外部リンク[編集]