銀座ルノアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社銀座ルノアール
Ginza Renoir Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 9853 2004年12月上場
略称 銀座ルノア
本社所在地 日本の旗 日本
164-0011
東京都中野区中央4丁目60-3
銀座ルノアールビル5階
設立 1979年5月4日(創業1964年10月)
業種 小売業
事業内容 飲食店の経営
煙草および喫煙具の販売
前各号に付帯する一切の業務
代表者 小宮山 文男(代表取締役社長)
資本金 7億7,168万2千円
(2012年3月31日現在)
発行済株式総数 625万2,004株(2012年3月期)
売上高 連結:59億8,769万4千円
単独:59億3,882万3千円
(2012年3月期)
営業利益 連結:2億3,107万1千円
単独:2億2,892万1千円
(2012年3月期)
純利益 連結:8,858万8千円
単独:6,197万5千円
(2012年3月期)
純資産 連結:47億9,548万6千円
単独:47億584万5千円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:56億7,112万9千円
単独:55億3,575万2千円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:182人
(平均臨時雇用者数:1,268人)
単独:174人
(平均臨時雇用者数:1,200人)
(2012年3月31日現在)
支店舗数 喫茶店115店舗(単独:109店舗)
決算期 毎年3月31日
主要株主 有限会社花見煎餅 21.29%
株式会社ジーアールシー 18.68%
小宮山文男 13.93%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 有限会社銀座ルノアール 50%
株式会社ビーアンドエム 100%
関係する人物 小宮山 正九郎(創業者)
外部リンク http://www.ginza-renoir.co.jp/
テンプレートを表示
旧銀座ルノアール本社(東京都杉並区)

銀座ルノアール(ぎんざルノアール)は東京都神奈川県を中心に「喫茶室ルノアール」などの喫茶店チェーン展開する会社。

概要[編集]

都市型喫茶店として創業以来、早くからチェーン化を図り、喫茶店の直営店チェーンとしては業界の大手に成長。1989年(平成元年)11月には業界で初めて株式店頭公開を行った。

駅前での展開が多いのにもかかわらず、他のチェーン展開をしているコーヒーショップと比較してもゆったりとした座席配置となっている。 全店舗で無線LANサービスを利用でき、ノートパソコン携帯電話充電のための電源としてコンセントも開放している。貸し会議室を「マイスペース」として都内店舗に設置しビジネスユーズに応えている。また、低価格セルフサービス型コーヒーショップ「NEW YORKER'S Cafe」、中価格フルサービス型コーヒーショップ「カフェ・ミヤマ」も積極的に展開を図っている。また、「ブレンズコーヒー」を運営する株式会社ビーアンドエムは銀座ルノアールの子会社である。

2013年キーコーヒー株式会社が資産管理会社の株式を取得し、同社の傘下に入った[1]

創業[編集]

東京都中野区煎餅店、有限会社花見煎餅(1955年10月設立)が1957年10月に四谷に喫茶店を開業したのが銀座ルノアールの前身である。その後、同社は喫茶店事業の展開を図るために喫茶部を独立させて有限会社花見商事を設立、日本橋に開店したのが第1号店となる[2]

元が煎餅店だっただけに創業当初のメニューには日本茶と煎餅のセットがあった。ルノアールの特徴ともいうべきロビー風喫茶室のスタイルは、「絨毯に金をかけすぎて資金不足となり、苦し紛れに椅子をまばらに配置したところ意外と客に好評だったため始めた」と創業者の小宮山正九郎が語っている[3]。このスタイルの基礎は1965年に開店した江古田店において確立した[2]

店舗展開[編集]

現行の業態[編集]

  • 喫茶室ルノアール - 従来からの業態。メニューに昆布茶、ハニートーストがある。
  • カフェ・ルノアール - メニューにエスプレッソ、カフェ・ラテがある。
  • ニューヨーカーズ・カフェ - セルフ方式のエスプレッソカフェ。
  • カフェ・ミヤマ - 若い女性をターゲットにしたフルサービスの新業態。
  • ミヤマ珈琲 - 朝霞市に開店した新業態。ログハウスをイメージしている。
  • 貸会議室マイ・スペース - 喫茶店併設の会議室。その他、貸会議室プラザ八重洲北口、貸会議室マイスペース&ビジネスブース池袋西武横店がある。
  • ブレンズコーヒー - カナダのブレンズコーヒーの日本でのフランチャイズ展開。

かつての業態[編集]

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年)10月、有限会社花見煎餅の喫茶部独立のため有限会社花見商事(資本金1,000万円)を設立、日本橋に第1号店を開店する。
  • 1970年(昭和45年)5月 - 有限会社花見企画(有限会社モンブラン珈琲販売)を設立する。
  • 1971年(昭和46年)2月 - 有限会社銀座ルノアール(現・連結子会社)を設立する。
  • 1979年(昭和54年)5月 - 組織・社名変更により株式会社銀座ルノアールとなる。資本金7,350万円に増資。
  • 1983年(昭和58年)7月 - 立川駅前店の開店により100店舗に達する。
  • 1983年(昭和58年)12月、喫茶業としては初のPOSシステムを導入する。
  • 1984年(昭和59年)7月 - 株式会社アートコーヒーとの共同出資により、株式会社アミーゴを設立する。
  • 1988年(昭和63年)4月 - 株式会社ニュー花見(1987年7月設立)および有限会社花見珈琲を吸収合併する。
  • 1989年平成元年)6月 - 本社を東京都杉並区高円寺北2丁目2-1に移転する。
  • 1989年(平成元年)11月、株式を店頭売買銘柄として社団法人日本証券業協会に登録する。
  • 1990年(平成2年)11月 - 自家発行型プリペイドカードを導入する。
  • 1995年(平成7年)12月 - 株式会社ステラ(埼玉県和光市)の全株式を取得し、株式会社モンブラン珈琲に社名変更。自家焙煎を始める。
  • 1997年(平成9年)7月 - 本店を東京都杉並区高円寺北2丁目2-5に移転する。
  • 1999年(平成11年)6月 - 低価格形態のコーヒーショップ「ニューヨーカーズ・カフェ室町店」を開店する。
  • 2000年(平成12年)6月 - 株式会社羽前を設立し、日本そば事業に進出する。
  • 2003年(平成15年)6月 - 小宮山正九郎が社長を退任して会長に就任、小宮山文男が社長に就任する[8]
  • 2003年(平成15年)7月 - 新業態の喫茶店「カフェ・ミヤマ」1号店を新宿南口へ出店する。
  • 2003年(平成15年)10月 - 株式会社アミーゴ、株式会社モンブラン珈琲および有限会社モンブラン珈琲販売を合併する。
  • 2004年(平成16年)5月 - 株式会社羽前(連結子会社)の株式を売却し、日本そば事業より撤退する。
  • 2004年(平成16年)12月 - 日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダックに株式を上場する。
  • 2007年(平成19年)12月 - 電子マネーEdyを導入する。
  • 2008年(平成21年)2月 - 「プラザ八重洲北口」を開店、貸会議室の拡大を図る。
  • 2011年(平成23年)6月 - 本店を東京都中野区中央4丁目60-3に移転する。
  • 2012年(平成24年)3月 - 「ブレンズコーヒー」をFC展開する株式会社ビーアンドエムの全株式を取得し子会社化する[9]
  • 2013年(平成25年)1月 - キーコーヒー株式会社との資本・業務提携を締結[10]、キーコーヒーが資産管理会社の有限会社花見煎餅の全株式を取得し筆頭株主となる[11]

事業再編の動き[編集]

ブレンズコーヒーを子会社化
2012年3月、銀座ルノアールは喫茶店のFC運営による業績拡大を目的として、株式会社ビーアンドエム(東京新宿)の全株式を取得し同社を子会社化した。これによりカナダブレンズコーヒー社の日本におけるマスターフランチャイズ権を獲得し、「ブレンズコーヒー」ブランドの店舗展開を進める[9]
キーコーヒーの傘下へ
銀座ルノアールはコーヒー豆や喫茶店商材の大半をキーコーヒー株式会社から供給を受けるなど同社との業務提携を進めてきたが[12]、2013年1月に筆頭株主だった有限会社花見煎餅の全株式をキーコーヒー株式会社へ譲渡、キーコーヒー株式会社の資本傘下に入ることになった。2社の資本・業務提携によるメリットは、ルノアールは物流に加えて商品開発や出店戦略でもキーコーヒーのサポートが得られる。そして、キーコーヒーは顧客として抱える個人喫茶店の弱体化に対しルノアールの店舗ノウハウをフィードバックすることができ、またセルフサービス型喫茶店と一線を画したスタイルの喫茶店需要の掘り起こしを狙うことができるというものである[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “銀座ルノアールがキーコーヒー傘下に”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2013年1月29日). http://www.j-cast.com/2013/01/29163152.html 2013年1月29日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “1994年3月期有価証券報告書” (PDF) (プレスリリース), 銀座ルノアール, (1994年6月29日), p. 3, http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=105389 2013年2月1日閲覧。 
  3. ^ “伊勢丹はアキバ生まれ、ルノアールは…意外な創業物語”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2011年8月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2401C_U1A820C1000000/ 2013年1月29日閲覧。 
  4. ^ アートサンズ千駄ヶ谷 - Google 検索,2013年2月2日閲覧。
  5. ^ コーヒーチェーン店 > 銀座ルノアール”. Yahoo!カテゴリ. ヤフー. 2013年2月2日閲覧。
  6. ^ “2001年3月期有価証券報告書” (PDF) (プレスリリース), 銀座ルノアール, (2001年6月28日), p. 6, http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=461913 2013年2月2日閲覧。 
  7. ^ “2003年3月期有価証券報告書” (PDF) (プレスリリース), 銀座ルノアール, (2003年6月27日), p. 8, http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=592106 2013年2月1日閲覧。 
  8. ^ “代表者の異動及び役員人事について” (PDF) (プレスリリース), 銀座ルノアール, (2003年4月7日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=89544 2013年1月29日閲覧。 
  9. ^ a b “子会社の取得に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 銀座ルノアール, (2012年3月8日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=958021 2013年1月29日閲覧。 
  10. ^ “キーコーヒー株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 銀座ルノアール, (2013年1月28日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1029803 2013年1月29日閲覧。 
  11. ^ “その他の関係会社及び支配株主の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 銀座ルノアール, (2013年1月28日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1029804 2013年1月29日閲覧。 
  12. ^ “キーコーヒー、ルノアールと描く未来図の印象”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2012年12月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2401C_U1A820C1000000/ 2013年1月29日閲覧。 
  13. ^ “「昭和の喫茶店」は復権するか”. 日経ビジネスオンライン (日本経済新聞社). (2012年12月6日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20121130/240361/ 2013年1月29日閲覧。 

外部リンク[編集]