小川珈琲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小川珈琲株式会社
OGAWA COFFEE CO., LTD.
小川珈琲京都三条店
京都三条店
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 OC
本社所在地 日本の旗 日本
615-0802 
京都市右京区西京極北庄境町75番地
設立 1957年2月28日
業種 食料品
法人番号 6130001000393
事業内容 コーヒーの製造および紅茶、コーヒー器具、輸入食品、喫茶材料の卸、販売
代表者 代表取締役社長 小川秀明
資本金 2500万円
売上高 65億5000万円(2018年1月実績)
従業員数 185名(2018年1月現在)
主要子会社 小川珈琲クリエイツ
関係する人物 小川秀次(創業者)
外部リンク http://www.oc-ogawa.co.jp/
特記事項:創業は1952年
テンプレートを表示

小川珈琲株式会社(おがわこーひー、OGAWA COFFEE CO., LTD.)は、京都府京都市右京区に本社を置くコーヒーの製造会社。子会社である小川珈琲クリエイツは、京都市内を中心に直営の喫茶店を多数設置している。

概要[編集]

小川秀次が南太平洋のラバウル(パプアニューギニア)へ向かったときに珈琲と出会い、1952年に京都市中京区で創業し、1957年に小川珈琲株式会社を設立した[1]

1970年、小川珈琲株式会社の直営喫茶店を伏見に開設した[1]。以後、京都を中心に直営喫茶店を次々に開設する。

1974年、直営店および喫茶店12店舗を統括し、株式会社オリバーコーヒーを設立した[2]。1998年に株式会社小川珈琲クリエイツに社名を変更する。

現在はコーヒーの製造および紅茶、コーヒー器具等の卸売、販売を小川珈琲が、直営店、喫茶店およびコーヒーの通信販売を小川珈琲クリエイツが行っている。そして製品開発は両社が共同して行っている。

沿革[編集]

特色[編集]

ブラジルサントス市商工会議所が認定した珈琲鑑定士(CLASSIFICADOR DE CAFÉ)や焙煎士による豆の品質検査を行い[4][5]、コーヒー通の中で「古都の珈琲職人」という高い評価を受けている[6]。社員が豆の買い付けから焙煎、卸、販売までを手がける「珈琲職人のコーヒー」を掲げている[7]

職員には、「ジャパンバリスタチャンピオンシップ'08-'09』(日本スペシャルティコーヒー協会主催)優勝、「ワールドラテアートチャンピオンシップ2008」世界第3位入賞などの実績を持つバリスタ・岡田章宏[6][8]や、「ジャパンラテアートチャンピオンシップ」で2011-2012年と2年連続優勝した大澤直子[9]など、協議会で優勝、入賞したバリスタが複数いる。

有機農産物の規格ができる前から有機栽培の豆を扱っており[7]、2001年に有機JAS認定を京都工場にて取得した[10]

2003年に国際フェアトレードラベル機構とライセンス契約を結び、フェアトレードによって作られたコーヒー豆の販売を行っている[10]。2005年には、アメリカのスミソニアン協会渡り鳥センターが認証するバードフレンドリー認証コーヒーを、日本で初めて発売した[7]

自宅で美味しいコーヒーを飲んでもらうことを目的に、月1回、本社でコーヒー教室を開いて実践指導している[11]

直営店[編集]

現在運営している店舗[編集]

現行店舗に関することはホームページを参照のこと

京都府
  • 本店
  • 京都三条店
  • 白梅町店
  • 洛西店
  • OGAWA COFFEE 京都駅中央口店
  • OGAWA COFFEE 京都駅店
大阪府
  • イオンモール大日店
滋賀県
  • 野洲店
神奈川県
  • たまプラーザ店
埼玉県
  • イオン越谷レイクタウン店

過去に存在した店舗[編集]

千葉県
  • 南船橋店(2016年7月31日閉店)[12]
東京都
  • 吉祥寺店(2017年9月24日閉店)[13]
神奈川県
  • 横浜サウスウッド店(2015年12月6日閉店)[14]
愛知県
  • 一宮店(2012年8月19日閉店)[15]
  • 鳴海店(2017年11月30日閉店)[16]
  • ロースターズ長久手店(2018年1月14日閉店)[17]
滋賀県
  • 草津店(2015年1月12日閉店)[18]
  • 堅田店(2015年8月23日閉店)[19]
  • 彦根店(2016年1月11日閉店)[20]
京都府
  • シンフォニア御池店(2010年10月1日開店[21]、2011年6月30日閉店[22]
  • 平安茶寮(2013年5月28日閉店)[23]
  • Ogawa Coffee The Cafe 河原町三条店(2013年8月18日閉店)[24]
  • 西小路店(2015年12月6日閉店)[25]
  • 伏見店(2016年7月31日閉店)[26]
  • 大久保店(2018年1月14日閉店)[27]
大阪府
  • イオンモール大阪ドームシティ店(2016年5月15日閉店)[28]
  • 住道店(2016年7月31日閉店)[29]
  • 枚方店(2018年1月8日閉店)[30]
奈良県
  • 橿原店(2011年4月30日閉店)[31]

不祥事[編集]

虚偽表示[編集]

2013年11月21日、小川珈琲クリエイツは、35店舗でメニューに虚偽表示があったとし、その店名を明らかにした。 直営店32店舗とのれん分けした3店舗で2006年9月から2013年11月まで、メニューに「バタートースト」と表記しながら、実際には「マーガリン」を使用するなどしていた。 提供した人数については今の段階では調べる方法がなく、返金する予定はない[32]

除草剤成分付着[編集]

2017年10月5日、全国のスーパーなどで販売した「京都小川珈琲カフェオレ190ml」のパッケージに、除草剤に使われる成分「トリフルラリン」が付着しているとして、27600本余りを回収すると発表した。付着の原因は調査中[33][34]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小川珈琲株式会社 (n.d.). “会社概要・沿革”. 2014年8月15日閲覧。
  2. ^ 小川珈琲クリエイツ株式会社 (n.d.). “会社概要・沿革”. 2014年8月15日閲覧。
  3. ^ Ogawa Coffee USA
  4. ^ 「○○○○さん 小川珈琲の珈琲鑑定士(知あり技あり)/京都」、朝日新聞 大阪地方版/京都、2002年12月10日、29頁。(見出しの人名を伏せ字にしています)
  5. ^ 「Decision ホンモノに迫る智恵の蓄積(COOL)」、『AERA』、2003年4月7日、92頁。
  6. ^ a b 「トップバリスタのレコメンドで読み解く最旬! COFFEE TREND barista1 岡田章宏」、『COFFEE hour』、エイムック2029、枻出版社、6-9頁、2010年。
  7. ^ a b c 「(成長企業 うちへおいでよ)小川珈琲 コーヒー製造・卸業 価値ある1杯へ五感研ぐ」、朝日新聞 東京夕刊、2012年5月21日、5頁
  8. ^ 「小川珈琲 日本一のバリスタが淹れる珈琲がある」、『コーヒーブック: 完全保存版』、枻出版社、80-81頁、2009年。
  9. ^ 「カップに、ほっこり ラテアート全国大会、京都の大澤さん連覇 独創的な表現/京都府」、朝日新聞 大阪地方版/京都、2012年4月11日、27頁。
  10. ^ a b 京都ジョブパーク (2014年4月1日). “京都ジョブナビ/小川珈琲株式会社”. 2014年8月15日閲覧。
  11. ^ 「[シニア探検隊]コーヒー楽しむ 自宅焙煎で 最高の一杯」、読売新聞 大阪夕刊、2011年11月7日、8頁。
  12. ^ 小川珈琲 南船橋店 閉店のご案内”. 2016年6月30日閲覧。
  13. ^ 小川珈琲 吉祥寺店 閉店のご案内”. 2017年8月23日閲覧。
  14. ^ 小川珈琲 横浜サウスウッド店 閉店のご案内”. 2015年12月7日閲覧。
  15. ^ 直営店のご案内”. 2012年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  16. ^ 小川珈琲 鳴海店 閉店のご案内”. 2017年10月8日閲覧。
  17. ^ 閉店のご案内”. 2017年12月1日閲覧。
  18. ^ 草津店閉店のご案内”. 2014年12月26日閲覧。
  19. ^ 堅田店閉店のご案内”. 2015年7月10日閲覧。
  20. ^ 小川珈琲 彦根店 閉店のご案内”. 2016年1月5日閲覧。
  21. ^ 直営店のご案内”. 2010年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  22. ^ 直営店のご案内”. 2011年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  23. ^ 直営店のご案内”. 2013年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  24. ^ 直営店のご案内”. 2013年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  25. ^ 小川珈琲 西小路店 閉店のご案内”. 2015年12月7日閲覧。
  26. ^ 小川珈琲 伏見店 閉店のご案内”. 2016年6月30日閲覧。
  27. ^ 閉店のご案内”. 2017年11月21日閲覧。
  28. ^ イオンモール大阪ドームシティ店閉店のご案内”. 2016年4月15日閲覧。
  29. ^ 小川珈琲 住道店 閉店のご案内”. 2016年6月30日閲覧。
  30. ^ 閉店のご案内”. 2017年11月21日閲覧。
  31. ^ 直営店のご案内”. 2011年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  32. ^ 小川珈琲、35店舗で虚偽表示”. 2013年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月8日閲覧。
  33. ^ 『京都小川珈琲カフェオレ190ml』におけるお詫びと製品回収のお願い”. 2017年10月5日閲覧。
  34. ^ カフェオレ2万7千本回収…京都の小川珈琲 除草剤成分付着 - 産経ニュース”. 2017年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]