クロックムッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロックムッシュ
クロックマダム
調理中のクロックムッシュ

クロックムッシュフランス語: croque-monsieur)は、1910年フランスオペラ座近くのカフェで作られたトーストの一種である[1]カフェバーで軽食のメニューとして提供される。

レシピ[編集]

パンハムチーズグリュイエールチーズエメンタールチーズなどが望ましい)をはさみ、バターを塗ったフライパンで軽く焼いて、ベシャメルソースモルネーソースを塗って温かいうちに食べる。ゆで卵や野菜をはさむ場合もある。上面に目玉焼きを盛り付けたものはクロックマダム (croque-madame) と呼ばれる。

由来[編集]

名前は「かりっとした紳士」という意味で、由来は定かではないが、一説には食べるときに音がして上品ではないので男性専用とされたという[2]。1910年にはパリのカフェのメニューに掲載されていた。

日本でもドトールコーヒー系列フランチャイズ店など、喫茶店の一部などがメニューに取り入れている。

雑学[編集]

マルセル・プルーストが1919年に書いた『花咲く乙女たちのかげに』(『失われた時を求めて』第2編)にはクロックムッシュが登場する。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]