ブレンズコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブレンズコーヒー
Blenz Coffee
Blenz Coffee -Vancouver.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 カナダの旗 カナダ
ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
設立 1992年
業種 飲食業
事業内容 喫茶店の経営
コーヒーおよび関連商品の販売
代表者 George Moen
外部リンク http://www.blenz.com/
テンプレートを表示
日本で販売されているコーヒーとサンドイッチ類 (ラゾーナ川崎プラザにて)

ブレンズコーヒーBlenz Coffee)は、カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバーを拠点とする、フランチャイズチェーンのシアトル系コーヒーショップ(喫茶店)。国外でも日本などで展開されている。

概要[編集]

1992年創業のチェーン店で、元より喫茶店激戦区であったバンクーバーのロブソン通りに構えた店が第1号店であった[1]。現在はブリティッシュコロンビア州に57店舗(2010年2月現在)を構えるほか、日本や中国ドバイなどにも国際展開している。2006年にはシアトルズベストコーヒーがバンクーバー市内に展開していた店舗を買収し、さらにバンクーバー内での規模を拡大した。

主な商品はコーヒー、ホットチョコレート、アイスベバレッジ(シェイク)などがある。コーヒーに関しては、他の喫茶店チェーン同様にコーヒー豆での販売、および関連の機器も各店舗で売られている。茶に関しては一般的な紅茶のほか、緑茶烏龍茶チャイルイボスティーなども販売されており、またそれぞれ種類も多数用意されている(ただし、店舗により扱う品目が異なる)。

日本では2000年より株式会社ビーアンドエムがフランチャイズ展開し、東京都港区青山に第1号店を開いた。2015年の時点で首都圏に4店舗を展開している[2]

なお、ビーアンドエムは2012年3月に株式会社銀座ルノアールの子会社となり、2013年1月に銀座ルノアールの親会社となったキーコーヒーとともにフランチャイズ事業に力を入れる[3]

日本の店舗ではラテ・アートを前面に押し出しており、また日本茶(煎茶・玄米茶ほうじ茶)を使ったカフェラテも主力の商品となっている。一方のカナダの店舗でも2004年より「抹茶ラテ」が販売されている。

日本での店舗展開[編集]

  • 田町三田口店
  • 神田小川町店
  • 青山花茂店
  • 霞ヶ関南病院店

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Blenz Story - ブレンズコーヒー(英語)
  2. ^ 店舗情報”. ブレンズコーヒージャパン公式サイト. ビーアンドエム. 2008年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月1日閲覧。
  3. ^ ビジネスジャーナル編集部 (2012年12月15日). “銀座ルノアールがキーコーヒー傘下に”. サイゾー. pp. 1-2. 2013年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Blenz Coffee - ブレンズコーヒー公式サイト (英語)
  • Blenz Coffee - ブレンズコーヒージャパン公式サイト (日本語)