BECK'S COFFEE SHOP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦糸町駅ホーム店

BECK'S COFFEE SHOP(ベックス・コーヒーショップ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の子会社であるJR東日本フーズが運営およびフランチャイズ展開しているコーヒーショップ チェーン。関東のJRの構内(駅ナカ)および駅の周辺に店舗を展開している。

サービス[編集]

秋葉原電気街口店
舞浜店

コーヒーは作り置きをせず注文を受けてからコーヒー豆を挽き始めるなど、品質の高さを売りにしている。またアイスコーヒーに関しては、時間をかけて水から抽出する「水出し方式」で作っているなど、味だけでなく作り方にもこだわりが窺える。

その他にホットドッグサンドウィッチケーキなどのファーストフードも取り扱っており、こちらも品質を重視している。なお値段は「水出しアイスコーヒー」の場合、250円(Sサイズ)からとほかのコーヒーチェーンと比べて安価に設定されている。[1]

ジェイアール東日本フードビジネスが運営するハンバーガーベーカリーカフェの「Becker's」と同様に、全店舗でSuicaPASMO)を利用した「Suicaショッピングサービス」での支払いが可能である。

一部店舗ではソフトバンクテレコム公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」のアクセスポイントを設置している。

BECK'S STATION LOUNGE[編集]

2021年2月26日からさいたま新都心駅で開業する新業態[2]

Suica交通系電子マネー専用精算システムを出入口に設け、滞在時間に応じて課金する「時間課金制システム」を導入[2]。入店中はドリンクソフトクリームセルフサービスにて自由に利用できる[2]ケーキサンドイッチ等の軽食も販売しており、交通系電子マネーで購入できる等、すべてキャッシュレス決済で対応[3]。一人で利用できるコワーキング型の座席、フリーWi-Fi喫煙室電話ブース、各席にコンセント電源タップUSB充電を設置している[3]

関連項目[編集]

  • Becker's(BECK'S COFFEE SHOPが飲料主体なのに対して、Becker'sはフード主体)
  • カフェ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ https://foods.jr-cross.co.jp/becks/menu/detail/52
  2. ^ a b c BECK'S STATION LOUNGE”. BECK'S COFFEE SHOP. 2021年2月18日閲覧。
  3. ^ a b 株式会社ロジスティクス・パートナー. “さいたま新都心駅/時間課金型カフェ「BECK’S STATION LOUNGE」出店”. 流通ニュース. 2021年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]