アクセスポイント (無線LAN)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
無線LANのアクセスポイント

アクセスポイント(Wireless LAN access point)とは、ノートパソコンなどの無線LANクライアント(無線端末)を、相互に接続したり、他のネットワーク(有線LAN等)に接続する無線機の一種。

公衆無線LANサービスをアクセスポイントと呼ぶ場合もあるが、これについては公衆無線LANの記事を参照のこと。

概要[編集]

アクセスポイントは、“親機”、“基地局”、“ステーション”、などとも呼ばれることもある。また、有線LANと無線LANを相互接続する役割もあるため「無線ブリッジ」、有線HUBに対して「無線HUB」と呼ばれることもある。無線LANルーターと呼ばれる製品は、ルーターとアクセスポイントの複合製品である。機器によっては、ルーター機能を無効にし、ブリッジ機能として動作させることも可能である。

初期の装置には、メーカーが異なると接続できないことも多かったが、Wi-Fiの認定制度などで互換性が高まって異メーカーでも接続できることがほとんどである。

クライアント側から見た無線LANの接続形態は、アクセスポイントの使用の有無で2つのモードに大別できる。

インフラストラクチャー・モード
無線LANクライアントはアクセスポイントを介して通信を行う。アクセスポイントが、イーサネットで言うとハブに相当する働きをする。
アドホックモード
ピア・ツー・ピアモードまたはインディペンデントモードとも言う。無線LANクライアント同士が、アクセスポイントを介さず、直接通信を行う。このため、無線LANクライアント同士が通信する場合、インフラストラクチャモードに比べて電波使用効率が良い。

モバイルWi-Fiルーター[編集]

携帯電話網を由来とした3GHSPA)やモバイルWiMAXのような高速無線アクセス網をインターネットへのアクセス手段とし、二次電池などを内蔵した小型のアクセスポイント「モバイルWi-Fiルーター」製品が拡がりをみせている。

日本でのモバイルWi-Fiルーターはガジェッターやギークによってイー・モバイルのUSBタイプの通信端末に、充電池が内蔵された小型のモバイルルーターを組み合わせたものや、スマートフォンに特殊なソフトウェアを導入することでテザー機能を実現したものが起源と言われている。その後は通信アダプターと二次電池を含んだルーターが一体化した製品や、N-06AF-06Bのような多機能携帯電話そのものにアクセスポイント機能を持たせた製品が主流となり、単体でWAN機能を持たないWi-Fi機器を公衆無線LANのエリアまで持って行く必要なく、手軽にインターネットアクセスできる手段が出現している。

無線LANクライアントアクセスポイント化[編集]

最近では、一部の無線LANクライアントをソフトウェアレベルでアクセスポイント化する方法がある。ただし、アクセスポイント化中にクライアントとして使用できないなどの欠点がある。

関連項目[編集]