新宿フロントスクエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新宿フロントタワー
新宿フロントタワー
新宿フロントタワー(2012年5月24日)
施設情報
所在地 東京都新宿区北新宿2-21-1
座標 北緯35度41分46秒
東経139度41分21.8秒
座標: 北緯35度41分46秒 東経139度41分21.8秒
状態 完成
着工 2008年11月
竣工 2011年5月30日
用途 店舗事務所駐車場
地上高
高さ 166.5m
各種諸元
階数 地上35階地下2階
敷地面積 9,628.17
建築面積 約3,552
延床面積 93,996
構造形式 鉄骨造
駐車台数 210台
関連企業
設計 三菱地所設計鹿島
施工 鹿島
デベロッパー 三菱地所平和不動産キャピタランドジャパン
所有者 三菱地所・平和不動産・キャピタランドジャパン

新宿フロントスクエア(しんじゅくフロントスクエア)は、東京都新宿区北新宿にある東京都施行の再開発事業によって作られたビル2つである。35階建ての業務用高層ビル「新宿フロントタワー」と、それに隣接する20階建て分譲マンション「ザ・パークハウス新宿タワー」から成る。フロントタワーの北側には広い公開空地がある。

概要[編集]

総面積約14,428m2の敷地に、35階建て高さ約166mの事務所・商業用高層ビル「新宿フロントタワー」と、その西隣にある20階建て約69mの分譲マンション「ザ・パークハウス新宿タワー」の2つの建築物が、フロントスクエア内にある。「新宿フロントタワー」は三菱地所平和不動産キャピタランド・ジャパンにより所有・運営されている。フロントタワーの北側には公開空地にされた広い庭がある。「ザ・パークハウス新宿タワー」は三菱地所レジデンス・平和不動産により建築・分譲されている。パークハウスの東側にはフェンスで囲まれて入居者しか立ち入れない緑地(=プライベートパーク)がある。

新宿フロントタワー[編集]

4~34階にオフィス(4階はベンチャー企業系)、1~2階に食品スーパー・コンビニ・飲食店・カルチャースクール、3階にクリニックモールが入っている。南側の店舗テナントが入っている部分は3階建てである。

  • 高さ:166.5m(地上35階、地下2階)
  • 敷地面積:9,628.17m2
  • 建築面積:約3,552m2
  • 竣工:2011年5月30日
  • 供用開始:2011年9月1日

オフィステナント[編集]

店舗テナント[編集]

フロントタワーの店舗棟を南西側から見たところ

ザ・パークハウス新宿タワー[編集]

新宿フロントタワーに隣接する分譲マンション。

  • 高さ:69.2m(地上20階、地下1階)
  • 敷地面積:4,800m2
  • 建築面積:1,509.61m2
  • 竣工:2012年1月

北新宿2丁目再開発[編集]

西新宿における1990年代から今世紀に入っての再開発は、その地区に住んでいた人たちによって再開発組合が結成されて行われる方式が主体で、特に6丁目地区で行われてきた。フロントタワー東側のグランドタワーも、同様に組合施行だった。5丁目でも組合施行の再開発が進みつつある。しかし、この地区では木造2階建てを主とした住宅が密集連担していたことから、都施行の再開発事業の対象地となり、また再開発に伴い税務署通り東京都道302号新宿両国線の支線)の西端を現在のように青梅街道に接続する道路をこの地区で新たに開通させた。この地区での都施行再開発事業には、1街区から4街区まであり、2街区から4街区までは高さ約30メートルのマンションや高さ約15メートルのオフィスビルなどが建てられる(2012年4月時点では、一部完成済み、一部で解体・建築の工事中)。

三菱地所と平和不動産は、この1街区での「特定建築者」になった。特定建築者とは、市街地再開発事業で、事業者に代わって施設建築物を建築する者のことを言い、特定建築者は管理処分計画に定められた保留床(権利者が取得する床以外の床)を取得する。市街地再開発事業では施設建築物の建築は施行者がみずから行うことが原則であるところ、民間事業者等の活力の積極的活用を図るとともに、施行者の負担を軽減する趣旨から、この特定建築者制度が、1980年都市再開発法の改正によって創設されている[1]

アクセス方法[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フロントタワー事業社による11年1月12日報道資料 2012年2月23日閲覧(PDFファイル)

外部リンク[編集]