小田急第一生命ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小田急第一生命ビルディング
Odakyu Dai-Ichi-Life Building
Shinjuku-Daiichi-Life-Building-01.jpg
小田急第一生命ビルディング(新宿三井ビル方面から撮影。見えるのは直角三角形の長辺にあたる壁面)
施設情報
所在地 東京都新宿区西新宿2-7-1
座標 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139座標: 北緯35度41分35.6秒 東経139度41分35.3秒 / 北緯35.693222度 東経139.693139度 / 35.693222; 139.693139
状態 完成
着工 1978年昭和53年)5月
竣工 1980年昭和55年)8月
改装 2011年平成23年)8月
用途 店舗事務所駐車場
地上高
高さ 117.10 m
各種諸元
階数 地上26階、地下4階、塔屋2階
敷地面積 14,344.51
建築面積 12,414
延床面積 91,094.32
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 17基(東芝・日立製7基、三菱製3基)
駐車台数 423台(ハイアットリージェンシー東京と共有)
関連企業
設計 清水建設竹中工務店共同設計室[1]
施工 清水建設・竹中工務店・小田急建設・日本建設[1]
デベロッパー 第一生命保険[1]
管理運営 小田急不動産
テンプレートを表示
新宿中央公園方面より見る小田急第一生命ビル(左手前)。中央の建物はハイアットリージェンシー東京(ともにビルの裏側とも言える)。右端は東京都庁舎

小田急第一生命ビルディング(おだきゅうだいいちせいめいビルディング)は、東京都新宿区西新宿の新宿新都心の一角にある超高層ビル

旧称は新宿第一生命ビルディングで、2010年(平成22年)4月に改称した。

概要[編集]

淀橋浄水場跡地は、新宿副都心建設公社によって順次売却され、当ビルが位置する新宿新都心7号地は、第一生命保険小田急電鉄が共同で購入し、第一生命は初めての高層投資用ビルとして新宿第一生命ビルディング、小田急は小田急センチュリービル(ホテルセンチュリーハイアットが入居)を建設した[1][2]

建てられた二つのビルは、一軸を起点に45°の拡がりをみせる三角形の平面をもち、その間に大屋根をもつスペースセブン(公開空地)が設けられ[1]、外装はサンド・ベージュ色の磁器タイルで統一された[1]。基準階平面構成は、エレベーターホールなどがあるセンターコアを中心にして、三方が貸室となる三角形となっている[1]

2007年(平成19年)9月末、小田急電鉄グループが当ビルの信託受益権特別目的会社から300億円超で譲り受け[3]、10年4月に名称を小田急第一生命ビルディングに改めた。

エレベーター[編集]

乗用エレベーターが各バンクに7基ずつ合計14基あり、低層用エレベーター(15階まで)は東芝製、高層用エレベーター(26階まで)は日立製で、9階と15階に乗り継ぎ階がある。また駐車場用と非常用は三菱電機製である。

2011年度から翌年度末までに、全てのエレベーターのリニューアル工事が完了した。

  • 低層用(東芝製)
1階 - 15階
  • 高層用(日立製)
1階・2階・9階・15階 - 26階
  • 駐車場用(三菱電機製)
地下3階 - 2階
  • 非常用(三菱電機製)
地下4階 - 26階

主なテナント[編集]

など

店舗・スポット[編集]

など

アクセス方法[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 『BE建築設備』1980年12月号
  2. ^ 『第一生命百年史』p.557
  3. ^ 「小田急電鉄グループ 新宿第一生命ビルを取得」『日本経済新聞』12頁 2007年10月30日
  4. ^ 東京新卒応援ハローワーク(学生職業総合支援センター)が2月に移転します!”. 東京労働局. 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月18日閲覧。
  5. ^ 東京新卒応援ハローワーク・東京外国人雇用サービスセンター移転のご案内 (PDF)”. 東京労働局. 2013年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「新建築・新設備 新宿第一生命ビルディング・小田急センチュリービル」『BE建築設備』1980年12月号
  • 第一生命保険相互会社編『第一生命百年史』第一生命保険、2004年。

外部リンク[編集]