コールバーグ・クラビス・ロバーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コールバーク・クラビスロバーツ株式会社
Kohlberg Kravis Roberts Corporation
Kohlberg Kravis Roberts (logo).svg
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
331-8501
9 West 57th Street
Suite 4200
New York City, New York 10019
United States
設立 1976年
決算期 毎年3月31日
関係する人物 = Henry Kravis
George R. Roberts
Jerome Kohlberg, Jr.
テンプレートを表示

コールバーグ・クラビス・ロバーツKohlberg Kravis Roberts、KKR & Co. L.P.)は、アメリカ合衆国、ニューヨークを拠点とするバイアウト・ファンドである。1976年に三人のユダヤ系アメリカ人であるジェローム・コールバーグ・ジュニアヘンリー・クラビスジョージ・ロバーツによって設立された。彼らは三人ともベアー・スターンズの出身であった。コールバーグ・クラビス・ロバーツはグループ・ブリュッセル・ランバートから資金を調達してレバレッジド・バイアウトの名手となった。

概要[編集]

KKRでは、140名の投資の専門家を含めた400名の従業員が働いている。KKRの本社はニューヨークにあり、オフィスをサンフランシスコヒューストンワシントンD.C.ロンドンパリ香港東京北京ムンバイドバイソウルシドニーマドリードに設けている。

KKRは極めて巨大なプライベート・エクイティ・ファンドであり、現在ポートフォリオに持っている会社の数は51社で年間売り上げ2180億ドルに上る。これは、ライバルである、ブラックストーン・グループカーライル・グループを足したものの二倍に達する金額である。[1]

KKRの最も得意とする手法がレバレッジド・バイアウト(LBO)である。1989年、全米有数の大企業である食品・タバコメーカーのRJRナビスコを、LBOを用いて250億ドルで買収した。この金額は、現在もなお、LBOを使用した案件では最大のものである。

また、この約6年後の1995年には同じ全米有数の大企業であったかつての食品・化学メーカーのボーデンを買収。同社はのちにヘキシオン・スペシャルティ・ケミカルズに吸収合併、現在のモメンティブ・スペシャルティ・ケミカルズの1部門となっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Can KKR Make Like Berkshire Hathaway?
  2. ^ 平野 博文(Hirofumi Hirano)KKRジャパン代表取締役社長民進党所属の衆議院議員 平野博文とは同姓同名の別人。2013年4月10日、「KKRジャパン、新会長と新社長の就任を発表」、平野氏は企業再生専門コンサルティング会社アリックスパートナーズに入社以前、日興コーディアルグループでマーチャント・バンキング部門CEOを務め、日興プリンシパルインベストメンツの会長を兼任。

参考文献[編集]

  • ブライアン・バロー、ジョン・ヘルヤー 著 鈴田敦之 訳 『野蛮な来訪者―RJRナビスコの陥落〈上〉〈下〉』日本放送出版協会 1990年9月 ISBN 4140051612

外部リンク[編集]