プラッツ大泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プラッツ大泉
PLATZ OIZUMI
プラッツ大泉
プラッツ大泉
店舗概要
所在地 178-0063
東京都練馬区東大泉2-10-11
座標 北緯35度45分8.2秒 東経139度35分43.5秒 / 北緯35.752278度 東経139.595417度 / 35.752278; 139.595417座標: 北緯35度45分8.2秒 東経139度35分43.5秒 / 北緯35.752278度 東経139.595417度 / 35.752278; 139.595417
開業日 1983年4月23日
施設所有者 東映株式会社
施設管理者 合同会社西友
施工 竹中工務店
敷地面積 18,868 m²
商業施設面積 8,108 m²
延床面積 43,263 m²
中核店舗 リヴィン OZ大泉店
駐車台数 784台
前身 東映東京撮影所(一部)[1]
最寄駅 西武池袋線 大泉学園駅
最寄IC 関越道練馬I.C.
東京外環大泉I.C.
外部リンク リヴィン オズ大泉店
坂倉建築研究所
SEIYU

プラッツ大泉(プラッツおおいずみ)は東京都練馬区東大泉東映東京撮影所敷地内にある商業施設である。
1984年(昭和59年)に商業空間デザイン賞、照明学会賞を受賞している[2]

概要[編集]

東映東京撮影所のオープンセット跡地に1983年4月23日開業。オープンセレモニーには東映側から岡田茂西友側から堤清二が出席した。開店後の同年4月29日には11万人の来客を記録したと東映の社史「クロニクル東映」に記述されている[3]。主要テナントは、当初西友オズ大泉店として開業し、その後オズ大泉西武店西武百貨店の意匠を利用した西友の百貨店型大型店舗)の名称を経て、現在のリヴィンオズ大泉店となっている。

歴史[編集]

  • 1983年(昭和58年)4月23日 - 東映ショッピングセンタープラッツ大泉(西友オズ大泉店)開業。
  • 1983年(昭和58年)4月29日 - 1日の来店者数が11万人を記録。
  • 1994年(平成6年)6月9日 - 西友「オズ大泉西武」店に店名変更。
  • 1999年(平成11年)4月24日 - 現在の「リヴィンオズ大泉店」に店名変更。
  • 2008年(平成20年)4月25日 - 西友がウォルマートの完全子会社となる。

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]