蓑田秀策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蓑田 秀策(みのだ しゅうさく、1951年(昭和26年)7月20日 - )は日本の実業家コールバーグ・クラビス・ロバーツ日本法人社長会長を経て、一般財団法人100万人のクラシックライブ代表理事

人物[編集]

東京都出身[1]。1974年一橋大学経済学部卒業、日本興業銀行入行。ニューヨーク勤務、ロンドン勤務を経て、みずほコーポレート銀行シンジケーション部門の統括や、グローバル投資銀行グループ統括を担当[2]日本における為替オプション取引制度や、シンジケートローン市場の整備を行った。またイギリスの現地法人では中山恒博と二人三脚で、経営を担った[3]

2007年、みずほコーポレート銀行を退社し、世界最大のプライベート・エクイティ・ファンド運営会社コールバーグ・クラビス・ロバーツに入社。KKRジャパンの共同最高経営責任者に就任[4]、2008年にはKKRジャパン代表取締役社長に就任。買収ファンドの運営を行う。2009年からはKKRが買収した日本トイザらス取締役を兼務した。また一橋大学で非常勤講師を務め、藤巻健史多胡秀人とともに金融について講ずる。2013年4月、KKRジャパン代表取締役社長を退任し会長に就任した[5]。2014年12月、同社退職。

その後、2015年、地域の身近な場所でミニコンサートを開催する一般財団法人100万人のクラシックライブを設立し同代表理事に就任するとともに、一橋大学大学院商学研究科非常勤講師や、株式会社オプトホールディング取締役、株式会社東横イン取締役も務める[6][7][8]

略歴[編集]

  • 1951年 東京都生まれ
  • 1974年 一橋大学経済学部卒業、日本興業銀行 入行
  • 1998年2月 日本興業銀行 金融法人部副部長
  • 1998年6月 日本興業銀行 アレンジャー業務推進室長
  • 2000年 日本興業銀行 シンジケーション部長
  • 2002年 みずほコーポレート銀行 シンジケーション部長
  • 2003年 みずほコーポレート銀行 執行役員 ディストリビューション第一部長
  • 2004年 みずほコーポレート銀行 常務執行役員 シンジケーションビジネスユニット統括・シンジケーション&ローントレーディング コンプライアンス統括・グループ統括
  • 2006年 みずほコーポレート銀行 常務執行役員 グローバルシンジケーションユニット・グローバルプロダクツユニット統括
  • 2007年7月 KKRマネージング・ディレクター、KKRジャパン 代表取締役 兼 共同最高経営責任者
  • 2007年9月 KKRキャピタル・マーケッツ 代表取締役
  • 2008年 KKRジャパン 代表取締役社長
  • 2009年 日本トイザらス 取締役 兼務
  • 2013年4月 KKRジャパン 代表取締役会長
  • 2014年12月 同社退職
  • 2015年 一般財団法人100万人のクラシックライブ代表理事東横イン取締役、オプトホールディングス取締役[9]

脚注[編集]

  1. ^ 産経新聞、2008.4.24 18:01
  2. ^ 2007/05/15, 日本経済新聞
  3. ^ 2007/12/03, 日本経済新聞
  4. ^ 2007/05/15, 日本経済新聞
  5. ^ “米KKR:日本法人社長に元日興プリンシパル会長の平野氏起用”. ブルームバーグ. (2013年4月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ML0KGY1A1I4H01.html 2013年11月21日閲覧。 
  6. ^ [1]一般財団法人100万人のクラシックライブ
  7. ^ 「100万人のクラシックライブ「初の生演奏に感動」 若手育成にも貢献 東横イン」毎日新聞2016年9月26日
  8. ^ [2]一橋大学
  9. ^ [3]オプトホールディング