カルソニックカンセイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カルソニックカンセイ株式会社
Calsonic Kansei Corporation
Calsonic Kansei Corporation Headquarters.JPG
カルソニックカンセイ本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
331-8501
埼玉県さいたま市北区日進町2丁目1917番地
設立 1938年8月25日
業種 輸送用機器
法人番号 8030001014831
代表者 ベダ・ボルゼニウス(代表取締役社長
資本金 16億円(2018年3月期)
売上高 連結:9,986億円
単独:3,523億7,100万円
(2018年3月期)
営業利益 単独:59億700万円
(2018年3月期)
純利益 単独:103億2400万円
(2018年3月期)
純資産 単体:192億1,500万円
(2018年3月期)
総資産 単体:2,479億2400万円
(2018年3月期)
従業員数 連結:2万2,678名(2018年3月31日時点)
決算期 毎年3月31日
主要株主 CKホールディングス 100%
主要子会社 東京ラヂエーター製造 40.06%
外部リンク www.calsonickansei.co.jp
テンプレートを表示

カルソニックカンセイ株式会社: Calsonic Kansei Corporation)は、日本の大手自動車部品メーカー。1938年創立。

元々は日産自動車との関係が非常に深い会社で、2005年1月に日産が同社の株式の第三者割当増資を引き受けたことで、日産の連結子会社となった。2017年3月、日産は投資ファンドであるコールバーグ・クラビス・ロバーツ傘下のCKホールディングス株式会社が実施した株式公開買付けに、保有全株式を応募。同年3月29日付で日産グループから離脱し[1]、同年5月11日付でCKホールディングス株式会社の完全子会社となった[2]

概要[編集]

2014年度GT500車両

1938年に日本ラヂヱーター製造株式會社として創立。自動車用ラジエーターの分野では、「日本ラヂヱーター株式会社」の時代から高いシェアを誇り、当時はニチラの通称で親しまれていた。1988年にカルソニック株式会社と社名を変更した後、2000年に日産系の自動車部品メーカーである株式会社カンセイと合併し、現在の社名となった。

2014年度の自動車サプライヤー売上高は世界第25位である[3]。大手自動車部品会社としてグループ企業も有しており、2017年3月31日時点で34の子会社と、14の持分法適用関連会社がある[4]

主な沿革[編集]

旧カルソニック[編集]

  • 1938年 - 「日本ラヂヱーター製造株式會社」として創立。
  • 1952年 - 「日本ラヂヱーター株式会社」に社名を変更。
  • 1954年 - 日産自動車に各種ラジエーターの全面的納入を開始。
  • 1962年 - 東京証券取引所上場
  • 1976年 - 米国法人として「Calsonic Incorporated」を設立。(現在の社名の由来となる)
  • 1988年 - 「カルソニック株式会社」に社名を変更。

旧カンセイ[編集]

  • 1956年 - 関東精器株式会社として創立。
  • 1978年 - 東京証券取引所第2部上場。
  • 1990年 - 東京証券取引所第1部に指定替えとなる。
  • 1991年 - 株式会社カンセイに社名を変更。

カルソニックカンセイ[編集]

  • 2000年 - カルソニック株式会社と株式会社カンセイが合併し、「カルソニックカンセイ株式会社」となる
  • 2005年 - 日産自動車が同社の第三者割当増資を引き受け、日産の連結子会社となる。
  • 2008年4月23日 - 埼玉県さいたま市の新本社と研究開発センターが竣工。
  • 2009年8月5日 - 研究開発センター・本社が第22回日経ニューオフィス賞(クリエイティブ・オフィス賞)を受賞。
  • 2017年3月29日 - コールバーグ・クラビス・ロバーツ傘下のCKホールディングス株式会社が、議決権所有割合ベースで95.21%の株式を取得。日産自動車は全株式を応募し、日産グループから離脱。
  • 2017年5月8日 - 東京証券取引所第1部の上場廃止。
  • 2017年5月11日 - CKホールディングス株式会社が株式売渡請求により全株式を取得し、同社の完全子会社となる。

主要製品[編集]

  • CPM・内装製品
  • 電子製品
  • 排気製品
  • 空調製品
  • 熱交換器製品
  • コンプレッサー製品

モータースポーツ[編集]

全日本ツーリングカー選手権全日本GT選手権SUPER GTにおいてレーサー星野一義、並びに星野が社長・監督を務めるホシノインパルチームのスポンサーを長年に渡って務めており、ホシノインパルからはカルソニックカラーのレプリカマシンも複数発売されている。

過去の番組提供[編集]

ラジオ番組

脚注[編集]

外部リンク[編集]