タカタ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タカタ株式会社
Takata Corporation
Takata (Unternehmen) logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7312
2006年11月17日 - 2017年7月27日
本社所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川2丁目3番14号
東京フロントテラス(2016年12月12日より[1]
設立 2004年1月30日(注)
(タカタ事業企画株式会社)
業種 輸送用機器
法人番号 5010401052766
事業内容 自動車用安全部品の製造
代表者 代表取締役会長兼社長兼CEO 高田重久[2]
資本金 418億62百万円
発行済株式総数 83,161,700株
売上高 連結:7,180億03百万円
単体:1,271億82百万円
純資産 連結:1,245億86百万円
単体:1,042億07百万円
総資産 連結:4,430億36百万円
単体:2,432億49百万円
従業員数 連結:50,530人
単体:982人
主要株主 TKJ株式会社 52.1%
高田 重久 2.9%
主要子会社 タカタ九州株式会社 100%
外部リンク http://www.takata.com/
特記事項:各種経営指標は2016年3月期のもの
(注)創業は1933年。
タカタ株式会社(初代。現・TKJ株式会社)の設立は1956年。
2004年4月1日にタカタ事業企画株式会社がタカタ株式会社(初代)の自動車用安全部品事業を会社分割にて譲受し、商号をタカタ株式会社(2代)に変更。
テンプレートを表示

タカタ株式会社(Takata Corporation)は、エアバッグシートベルトチャイルドシートなど、自動車用安全部品を製造する企業。2017年6月経営破綻した。

概説[編集]

タカタ株式会社は、シートベルト・チャイルドシート・エアバッグなどを製造している企業であり、自動車メーカーの出資を受けていない完全独立[要出典]の部品メーカーである。

創業の地である彦根市と、その周辺の長浜市愛荘町に、日本国内の製造拠点がある。

製品[編集]

エアバッグ
エアバッグでは世界市場でシェア 20%を占めていた(2011年3月期時点)[3][注 1]。2014年時点で見てみると、エアバッグが同社最大の売上高比率を占める[4]
シートベルト
シートベルトでは世界市場でのシェアは、約20%を占めていた(2011年3月期時点)[3][注 2]
チャイルドシート
チャイルドシートは自動車メーカーの純正品にも採用されている。

顧客[編集]

当社の顧客の売上上位4社は、上位から順に、ホンダトヨタフォード日産(2011年時点)[3]

歴史[編集]

  • 1933年 - 高田武三が彦根で高田工場として創業。織物製造を開始。織物の技術を活かした救命索も製造。
  • 1956年11月 - 自動車用乗員拘束装置、農工業用灌漑ホース等の製造および販売を目的として、法人化し、株式会社高田工場を設立。
  • 1960年12月 - シートベルトの製造・販売を開始(日本初の二点式シートベルト)。
  • 1969年11月 - 本店を東京に移転。
  • 1983年12月 - タカタ株式会社に社名変更。
  • 1987年12月 - エアバッグの製造・販売を開始。
  • 1988年11月 - 本社を港区六本木(第25森ビル)に移転。
  • 2006年11月 - 東京証券取引所に上場。
  • 2009年7月 - 本社を港区赤坂(TAKATAビル)に移転。
  • 2014年2月 - 本社を港区六本木(アークヒルズサウスタワー)に移転。
  • 2016年12月 - 本社を品川区東品川(東京フロントテラス)に移転。
  • 2017年
    • 6月26日 - 同社主力商品のエアバッグの欠陥リコールにより、最終的な負債が1兆円を超える見通しとなり、東京地方裁判所民事再生法の適用を申請。国内の製造業では戦後最大の経営破綻となった[5][6]。なお、タカタ本体には、欠陥リコールの原因となった硝酸アンモニウムを使ったインフレーターの製造・販売事業を残し、他の事業をキー・セイフティー・システムズに譲渡する[7]
    • 7月27日 - 上場廃止予定。

宣伝・広報活動[編集]

スポンサリング

SUPER GTのGT500クラス、TAKATA童夢NSXのメインスポンサーになっていた。

番組提供

不祥事[編集]

エアバッグとリコール[編集]

エアバッグの草創期より製造を進めてきた経緯から、トヨタ自動車ホンダをはじめとする日本の自動車各社のほか、フォルクスワーゲンGMなど各国の自動車メーカーにも納品し、世界シェアは2位に上った。1セット数千円の単価ながら、2014年3月期決算では、社の売上高の約4割がエアバッグによるものとなっている。

2008年頃より重要部品である、膨張ガスを発生させるインフレーター関連の不具合が相次いで判明、米国とマレーシアでは破裂したインフレーターの金属片により死亡事故も起きている。2008年11月より断続的にリコールが行われているが、2014年11月時点で対象車の累計は1,700万台に達した[8][9][10][11][12][13]

2015年11月、アメリカ合衆国運輸省国家道路交通安全局英語版(NHTSA)は、タカタのエアバッグの欠陥を企業の不祥事と位置づけ、同社が適切なリコールや情報開示を行わなかったため、アメリカ国内で被害を拡大したとして最大2億ドル(約240億円)の民事制裁金を科すと発表した。NHTSAが一社に科す制裁金としては過去最高額。タカタと自動車メーカーに対して、2019年末までにエアバッグの修理を完了するように命じた[14]。制裁金に加えてリコール費用、訴訟費用が巨額に膨らむ可能性があり、会社存続の危機と指摘された。

さらに同月、最大顧客であるホンダがタカタの提出データに不適切な報告の形跡があると指摘、今後は開発中の新型車にタカタ製インフレーター(膨張装置)を使わない方針を表明した[15]。これに続く形でマツダ富士重工業など国内自動車大手も、タカタが製造したインフレーター(ガス発生装置)を使わないと相次いで表明した[16]日本経済新聞によると、2016年4月時点でエアバッグのリコール対象となる搭載車は世界で1億台以上、費用は総額1兆円に上るものとみられる[17]

出典[編集]

  1. ^ ちなみにエアバッグの世界市場でのシェア1位はスウェーデンのオートリブ社で、同社のそれは、ざっくりと言えば50%ほどである。
  2. ^ ホンダ・レーシング・F1チームパナソニック・トヨタ・レーシングスーパーアグリF1チームの日系3チームにも供給されていた。
出典
  1. ^ 本社移転のお知らせ
  2. ^ 代表取締役の辞任および異動に関するお知らせ
  3. ^ a b c 2011年第二四半期 決算説明会資料
  4. ^ 2014年 第三四半期決算説明会資料
  5. ^ “欠陥エアバックのタカタ、民事再生法の適用を申請 製造業最大の経営破綻 負債1兆円超”. 産経ニュース. (2017年6月26日). http://www.sankei.com/economy/news/170626/ecn1706260002-s1.html 2017年6月26日閲覧。 
  6. ^ “民事再生手続開始の申立て等に関するお知らせ”. タカタ株式会社. (2017年6月26日). http://www.takata.com/pdf/170626_JP.pdf 2017年6月27日閲覧。 
  7. ^ “事業譲渡に係る基本合意について”. タカタ株式会社. (2017年6月26日). http://www.takata.com/pdf/17062602_JP.pdf 2017年6月27日閲覧。 
  8. ^ “幕引き遠いエアバッグ問題 タカタに追加リコールの可能性”. 朝日新聞社. (2014年6月25日). http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN0F017L.html 2014年7月1日閲覧。 
  9. ^ タカタ製エアバッグ問題【特集】 - ウォール・ストリート・ジャーナル(2014年10月23日 20:33 JST版)
  10. ^ 焦点:タカタのエアバッグ問題、影落とす海外工場の安全管理 - ロイター(2014年10月22日 16:39 JST版)
  11. ^ タカタ製エアバッグ問題、米検察が虚偽報告の可能性調査=報道 - ロイター(2014年10月23日 07:13 JST版)
  12. ^ タカタ打撃必至-ダイセル、オートリブがエアバッグ市場席巻も - ブルームバーグ(2014/10/23 22:33 JST版)
  13. ^ 海外で新たに死者、ホンダがタカタ製エアバッグでリコール - ロイター(2014年11月13日 22:40 JST版)
  14. ^ http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201511/CK2015110402000248.html
  15. ^ http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NX9RT36TTDSF01.html
  16. ^ http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151105-OYT1T50111.html
  17. ^ http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKZO00297980Q6A430C1TJC000/

外部リンク[編集]