マニエッティ・マレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マニェーティ・マレッリ
Magneti Marelli Holding S.p.A.
種類 S.p.A.(株式会社に相当)
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
ミラノ県 コルベッタ
設立 1919年
業種 輸送用機器
事業内容 自動車部品の製造・販売
売上高 45億ユーロ(2006年)
従業員数 25,195人(2006年)
主要株主 フィアット
外部リンク http://www.magnetimarelli.com/
テンプレートを表示

マニェーティ・マレッリMagneti Marelli Holding S.p.A. )は、イタリアの自動車部品メーカーである。

日本デンソードイツロバート・ボッシュと並ぶ電装品、燃料噴射装置製造の最大手であり、トランスミッションECU, ショックアブソーバー排気系、灯火関連の部品(前照灯オルタネーター)なども手がける。

歴史[編集]

1919年エルコレ・マニェーティフィアットが共同出資し、セスト・サン・ジョヴァンニに設立した。当時の社名はF.I.M.M.(Fabbrica Italiana Magneti Marelliの略)であった。

1980年代にはディーゼルエンジン用の燃料噴射ポンプを製品化し、1990年代にはコモンレール式燃料噴射装置の開発に着手、1997年にはボッシュと共同で実用化を果たし、アルファロメオ・156JTDに乗用車としては初めてコモンレール式ディーゼルエンジンが搭載された。

また、1998年セミオートマチックトランスミッションの「セレスピード」を製品化し、アルファロメオ・156に搭載。その後、フェラーリの「F1マチック」、マセラティの「カンビオコルサ」など、フィアットグループの各メーカーにもセミATを供給している。

1999年、ボッシュとの合弁で自動車用のランプ部品を生産する企業「K2ライトテクノロジー」を設立。会社自体はマニェーティ・マレッリの傘下に属する。このほか、キャブレター製品のブランド「ソレックス」や「ウェーバー」、電装部品の キャレロ(Carello), AL-Automotive Lighting, シエム(Siem SpA), Cofap, 計器類のJaeger, Veglia Borletti, ミラーのVitaloniを傘下に収めている。

レース活動[編集]

サーキットの広告

F1[編集]

2007年シーズンはエンジンの点火装置と燃料噴射装置、ECUをスクーデリア・フェラーリルノーF1BMWザウバートヨタF1レッドブル・レーシングスクーデリア・トロ・ロッソスパイカーF1に供給を行っている[1]。また、トヨタにはステアリングの計器板も供給している[2]

2008年シーズンからはマイクロソフトが全チームに標準ECUを供給するため、マニェーティ・マレッリはエンジン関連の部品のみを供給することとなる。

その他[編集]

MotoGPドゥカティテレメトリシステムを、ヤマハにECUや燃料噴射装置を供給するほか、世界ラリー選手権 (WRC) のプジョーシトロエン三菱自動車のエンジンを使用するチームにECUや燃料噴射装置の供給を行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]