内海造船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内海造船株式会社
Naikai Zosen Corporation
内海造船本社瀬戸田工場.jpg
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
722-2413
広島県尾道市瀬戸田町沢226-6
設立 1944年11月22日
業種 輸送用機器
法人番号 9240001038924
事業内容 船舶の建造・修繕
代表者 代表取締役社長 原 耕作
資本金 12億17万円
売上高 連結276億29百万円
2019年3月期)
純資産 連結79億51百万円
(2019年3月末現在)
総資産 連結323億97百万円
(2019年3月末現在)
従業員数 単体640名(2019年3月末現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 日立造船 39.36%
(2018年3月末現在)
主要子会社 内海エンジニアリング株式会社
外部リンク https://www.naikaizosen.co.jp/
テンプレートを表示

内海造船株式会社(ないかいぞうせん)は、日本造船メーカーである。

概要[編集]

日立造船系の中堅造船メーカー。

瀬戸田因島の2事業所体制。

本社に隣接する瀬戸田工場では各種商船で多数の建造実績を有しており、国内フェリーの建造においては非常に高い建造シェアを誇る。2005年(平成17年)1月1日付けで同じく日立造船系のニチゾウIMCを吸収合併、旧日立造船因島工場を引き継いだことで大型船建造能力を強化。以来同社の主力工場として稼働中である。

2006年(平成18年)には、1987年(昭和62年)に日立造船因島工場が新造船から撤退して以来因島では20年ぶりとなる約30,000 G/Tクラスの大型船(同社700番船 「HELENE S」)の進水式を行い、造船の島復活への第一歩を記した(隣接するジャパン マリンユナイテッド因島工場では修繕のみで、新造船建造は行っていない)。

田熊工場では修繕事業を専門に行っていたが、2012年3月末をもって閉鎖した[1]。跡地は2015年現在、複合商業施設(因島モール)および太陽光発電所となっている[2]

2006年(平成18年)2月には筆頭株主が日立造船から、投資ファンド運営会社カレイド・ホールディングスに移ったが、2009年(平成21年)5月に日立造船に戻った。

沿革[編集]

1940年 昭和15年10月 瀬戸田船渠(株) として創業(本社は神戸)

1944年 昭和19年11月 瀬戸田造船(株) 設立

〔 中桐造船所、村上造船鉄工所と瀬戸田船渠(株)が合併し商号を変更〕(本社は神戸)

1945年 昭和20年3月 本社を神戸から瀬戸田へ移転

1956年 昭和31年9月 瀬戸田工場 2号ドック(7,500D/W) 完成

1964年 昭和39年3月 瀬戸田工場 3号ドック(6,500D/W) 完成

1967年 昭和42年5月 日立造船(株)の系列会社となる

1972年 昭和47年10月 内海造船(株) 創立

〔 田熊造船(株) と瀬戸田造船(株)が合併し商号を変更〕

1974年 昭和49年11月 大阪証券取引所(2部)、広島証券取引所に株式上場

1976年 昭和51年3月 瀬戸田工場 1号ドック(60,000D/W) 完成

          昭和51年4月 資本金11億円に増資

1992年 平成4年5月 シップ・オブ・ザ・イヤー1991(第2回)大賞を受賞【日産むさし丸】

1998年 平成11年3月 瀬戸田工場 ISO9001を認証取得

2000年 平成12年3月 東京証券取引所(2部) に株式上場

          平成13年12月 瀬戸田工場 ISO14001を認証取得

2005年 平成17年1月 (株)ニチゾウIMCと合併し、因島工場が誕生

          平成18年8月 資本金12億17万円に増資

     平成18年9月 因島工場で20年ぶりの進水式

2012年 平成24年3月 田熊工場を閉鎖し、修繕船事業を瀬戸田工場へ集約

2018年 平成30年5月 シップ・オブ・ザ・イヤー2017(第28回)大型貨物船部門賞を受賞【TRANS HARMONY 1】

事業所及び建造能力[編集]

  • 瀬戸田工場 : 広島県尾道市瀬戸田町沢226-6
    • 1号船台 : 30,000 G/T
    • 1号ドック : 44,500 G/T
    • 2号ドック : 5,000 G/T
  • 因島工場 : 広島県尾道市因島土生町2418-2
    • 1号船台 : 46,500 G/T
    • 2号船台 : 40,000 G/T

過去に建造した船舶の一部[編集]

出典[編集]

  1. ^ 修繕船事業拠点の集約に関するお知らせ (PDF)”. 内海造船株式会社. 2015年7月4日閲覧。
  2. ^ 内海造船向け大規模太陽光発電所(メガソーラー)の完成について”. 日立造船株式会社. 2015年7月4日閲覧。

関連項目[編集]