神田ドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神田造船所から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
神田ドック株式会社
Kanda Dockyard Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
737-2607
広島県呉市川尻町東2丁目14-21
設立 2022年4月
(創業 1937年3月)
業種 輸送用機械器具製造業
法人番号 3240001059538 ウィキデータを編集
事業内容 船舶・艦艇の修繕
海洋構造物および大型鉄鋼製品の修繕
代表者 代表取締役社長 中井利文
資本金 1000万円(2022年4月)
従業員数 約130名(2022年4月現在)
決算期 毎年3月31日
外部リンク https://kandadock.com/
テンプレートを表示
川尻工場

神田ドック株式会社(かんだドック、英語: Kanda Dockyard Co., Ltd.)は日本の船舶修繕専業会社である。

社団法人日本中小型造船工業会の会員である。

概要[編集]

中堅の造船メーカーであった神田造船所が2021年5月31日、資材価格の高騰、中国・韓国勢との船価競争の激化により、赤字が続いていた新造事業から2022年1月をもって撤退、新造事業に従事する従業員約200名を解雇し、修繕・検査事業に特化することを発表した。[1][2]

2022年4月1日、常石造船株式会社に全株式を譲渡の上、株式会社神田造船所の修繕事業を事業継承する形で当社が設立された。

沿革 神田造船所時代も含む[編集]

  • 1937年(昭和12年)- 旧海軍指定工場 神田造船鉄工所として操業開始
  • 1948年(昭和23年)- 株式会社神田造船所に改組
  • 1959年(昭和34年)- 修繕工場として若葉工場を開設
  • 1969年(昭和44年)- 本社、新造船部門を現在地に移転、第1船台(2,000 G/T)を新設
  • 1971年(昭和46年)- 川尻工場に第2船台(3,000 G/T)を新設
  • 1973年(昭和48年)- 25,000 G/T浮きドックを新設
  • 1974年(昭和49年)- 川尻工場 第2船台を20,000 G/Tに拡張
  • 1975年(昭和50年)- 川尻工場 第1船台を12,800 G/Tに拡張
  • 1979年(昭和54年)- 特定不況産業安定臨時措置法に基づいて川尻工場 第1船台を4,400 G/Tに縮小
  • 1996年平成8年)- 若葉工場の浮きドックを3,800 G/T、999 G/Tに更新、拡張
  • 2003年(平成15年)- 川尻工場 第2船台を21,000 G/Tに拡張
  • 2004年(平成16年)- 川尻工場 第1船台を8,000 G/Tに拡張、若葉工場 999 G/T浮きドックを3,000G/Tに更新
  • 2017年 (平成29年) 5月 - 若葉工場のNo.1浮きドック3,800 G/Tを廃止し、4000 G/T浮きドックを新設
  • 2021年 (令和3年) 11月 - 常石造船株式会社と資本提携することで合意。2022年4月1日を目標として新会社を設立の上、全株式を常石造船に譲渡すると発表。[3]
  • 2022年令和4年)1月 - 新造船事業から撤退[1][2]
  • 2022年令和4年)4月 - 神田ドック株式会社設立

事業所及び建造設備[編集]

  • 川尻(本社)工場 : 広島県呉市川尻町東2丁目14-21
    • 修繕用浮きドック : 25,000 G/T
  • 若葉工場 : 広島県呉市若葉町1-16
    • No.1浮きドック(修繕用) : 4,000 G/T
    • No.2浮きドック(修繕用) : 3,000 G/T

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “広島・呉の神田造船所、造船から撤退”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2021年5月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC3184X0R30C21A5000000/ 2021年6月5日閲覧。 
  2. ^ a b 松田史朗 (2021年6月3日). “神田造船所、造船事業から撤退 雇用悪化の懸念”. 朝日新聞 (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASP626R9GP61PLFA00Q.html 2021年6月5日閲覧。 
  3. ^ 常石造船株式会社との資本提携に関するお知らせ”. 2022年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]