東京証券代行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京証券代行株式会社
Tokyo Securities Transfer Agent Co., Ltd.
Nippon Building Chiyoda-ku Tokyo.jpg
本社(日本ビル)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0004
東京都千代田区大手町二丁目6番2号
(日本ビル4階)
設立 1962年11月1日
法人番号 6010001034197
事業内容 証券代行業務
代表者 取締役社長 山田 裕之
資本金 5000万円
純利益 3億4471万1000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 94億8522万1000円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 三井住友信託銀行株式会社
外部リンク www.tosyodai.co.jp
テンプレートを表示

東京証券代行株式会社(とうきょうしょうけんだいこう、英文社名:Tokyo Securities Transfer Agent Co., Ltd.)は、東京都千代田区大手町に本社を置く、証券代行業を主業務とする企業。三井住友トラストグループである。

概要[編集]

日立製作所の株式業務部門を独立させ1962年に設立される。以降日立製作所の子会社として営業していたが、2004年に中央三井信託銀行株式会社への株式譲渡が発表され[2][3]、翌2005年に同行の子会社となった。2011年に、中央三井トラスト・ホールディングス住友信託銀行が経営統合し三井住友トラスト・ホールディングスが発足して以降、三井住友トラストグループ傘下である。

証券代行専門会社として、企業の株式事務代行・株式関連のコンサルティングを行うほか[4]、株式実務に関する著書および機関紙「東証代だより」の発行も行っている。

沿革[編集]

  • 1962年 - 日立製作所の株式部門から分離独立し設立
  • 1964年 - 銀行・証券4社が資本参加、全国8証券取引所から株式事務代行機関として認定される
  • 2005年 - 中央三井信託銀行の子会社となる
  • 2006年 - 中央三井信託銀行の100%子会社となる
  • 2009年 - 中央三井証券代行ビジネス株式会社を吸収合併
  • 2011年 - 三井住友トラストグループとなる

参考[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]