NIPPO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社NIPPO
NIPPO CORPORATION
NIPPO headquarters, at Kyobashi, Chuo, Tokyo (2019-01-02) 01.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
104-8380
東京都中央区京橋1-19-11
設立 1934年昭和9年)2月2日
(日本鋪道株式会社)
業種 建設業
法人番号 9010001034987
事業内容 道路工事、舗装工事、土木工事
石油関連施設の企画建設設計
代表者 代表取締役会長 岩田裕美
代表取締役社長 吉川芳和
資本金 153億24百万円
(2018年3月期)
売上高 連結 : 4041億53dht百万円
単独 : 2206億40百万円
(2018年3月期)
純資産 連結 : 3218億29百万円
単独 : 2643億95百万円
(2018年3月末現在)
総資産 連結 : 5106億27百万円
単独 : 3931億8百万円
(2018年3月末現在)
従業員数 連結 : 5,353人
単独 : 1,591人(2018年3月末現在)
決算期 3月末
主要株主 JXTGホールディングス 57.01%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.69%
NORTHERN TRUST CO.(AVFC) RE SILCHESTER INTERNATIONAL INVESTORS INTERNATIONAL VALUE EQUITY TRUST 4.43%
ノーザン トラスト カンパニー エイブイエフシー リ ユーエス タックス エグゼンプテド ペンション ファンズ 2.39%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 2.01%
(2018年9月30日現在[1]
主要子会社 大日本土木
長谷川体育施設
日鋪建設
外部リンク http://www.nippo-c.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社NIPPO(ニッポ、: NIPPO CORPORATION)は、東京都中央区に本社を置く、日本の建設会社である。JXTGホールディングスの子会社。土木建設・道路舗装業の他に、建設コンサルタント業や不動産業も展開している。

設立[編集]

NIPPO(日本鋪道)の前身は1907年(明治40年)中外アスファルト株式会社設立に遡る。1934年(昭和9年)に、当時の日本石油(後の新日本石油、現 JXTGエネルギー)の道路部門と浅野物産浅野財閥、現 丸紅)の道路部門の合併により誕生している。

事業[編集]

舗装材料の一つであるアスファルト石油精製により生産される製品の一つであり、建設業としてよりも石油精製業の一分野として成立した企業という側面もある。アスファルト舗装の導入など、日本における舗装の近代化に果たした貢献は大きい。優れた技術力を有する舗装部門を主力としつつも、一般土木、スポーツ関連施設、建築、環境、開発分野、海外事業などの事業多角化を進めている。近年では有料道路のPFI事業に進出するなど新しい取組みも進めている。

サーキットや自動車テストコースの設計・施工も多く手がけており、他にもオートレース場や自転車競技場および競輪場の舗装においても特に急勾配部(バンク)のノウハウにおいて世界トップレベルの技術力を有し、日本の自転車競技走路においては、ほぼ100パーセント施工した実績があるとしている。

沿革[編集]

  • 1907年明治40年)4月15日 - 中外アスファルト株式会社設立。
  • 1913年大正2年)10月28日 - 中外アスファルトが中外石油アスファルト株式会社に商号変更。
  • 1920年(大正9年)5月1日 - 中外石油アスファルトが宝田石油株式会社に合併、同社の道路部門となる。
  • 1921年(大正10年)10月1日 - 宝田石油と日本石油株式会社が合併。
  • 1934年昭和9年)2月2日 - 日本石油の道路部門と浅野物産の道路部門が合同し、日本鋪道株式会社が発足。
  • 1949年(昭和24年)12月 - 東京証券取引所に上場。
  • 2003年平成15年)10月1日 - 株式会社NIPPOコーポレーションに商号変更。新日石エンジニアリングの工事・エンジニアリング部門を吸収。
  • 2009年(平成21年)7月1日 - 株式会社NIPPOに商号変更。
  • 2010年(平成22年)7月1日 - JXグループ再編に伴い、親会社が新日本石油からJXホールディングスに異動。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - プラントエンジニアリング事業を日陽エンジニアリング(JXエンジニアリング株式会社に商号変更)に吸収分割。
  • 2015年(平成27年)1月 - 東日本高速道路が発注した、震災で被災した高速道路の舗装工事で、談合が行われていた疑いで、公正取引委員会独占禁止法違反などの疑いで、同社など13社を捜索[2]

関係会社[編集]

かつての関連企業[編集]

  • 浅野工事 - 中堅ゼネコンで旧浅野物産の土木建設部門が分離独立する形で、日本鋪道(現 NIPPO)と丸紅(旧浅野物産を吸収合併)が母体となり設立。その後、経営環境の悪化に伴い旧日本鋪道へ吸収合併。

著名な出身者[編集]

サイクル・ロードレース[編集]

自転車競技走路などの舗装技術の開発を通じてサイクル・ロードレースにも関わりが深いことでも知られ、日本鋪道時代の1987年以来サイクル・ロードレースチームを所有・支援している。現在スポンサーとなっているNIPPO・ヴィーニファンティーニは2015年からUCIプロフェッショナルコンチネンタルチーム(イタリア登録)に昇格した日本人選手を含む国際チームで、グランツールのひとつであるジロ・デ・イタリアにも参戦している。

脚注[編集]

  1. ^ 四半期報告書(第118期第2四半期)
  2. ^ 談合容疑:震災復旧で 舗装13社を一斉捜索−−公取委 毎日新聞 2015年1月28日

外部リンク[編集]