エンドーチェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エンドーチェーン
ENDOCHAIN CO.,LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
980-0021
宮城県仙台市青葉区中央四丁目1番1号
設立 1951年(昭和26年)1月
業種 不動産業
法人番号 6370001007258
事業内容 商業ビル運営
代表者 代表取締役社長 遠藤養一
関係する人物 遠藤養吉(創業者)
テンプレートを表示

株式会社エンドーチェーンは、宮城県仙台市を本拠地とする株式会社で、商業ビル「EBeanS」を仙台駅前で管理運営し、また、その他の不動産賃貸業を営んでいる。かつて、スーパーマーケットチェーン「エンドーチェーン」を東北地方を中心に展開し、当時の消費文化や芸能をリードした。

歴史[編集]

遠藤養吉(えんどうようきち)が、戦後まもなく、黒川郡吉岡町(現:大和町吉岡)に遠藤養吉商店を開店。1962年に、東北地方初となるスーパーマーケット「エンドーチェーン」を仙台市宮町にオープン。この際には宣伝に多額を費やしたほか、仙台駅前と店舗との間に、今でいうシャトルバスも運行された。その後店舗を徐々に拡大させ、宮城県ほぼ全域に店舗を構えるまでに成長した。

1964年3月20日には仙台駅前にフラッグシップ店舗である仙台駅前店を開店。1972年には新館をオープン、10階建で吹き抜けを有する大きな建物であった。この店舗は仙台市民、宮城県民に受け入れられ、「エンドーチェーン」の代名詞となる。1980年には日経流通新聞調べの『日本の小売業200社ランキング』でエンドーチェーンが41位にランクされ注目を集めた。また、創業者は『モーニングショー』内の名物コーナー「宮尾すすむのああ日本の社長」で取り上げられた。

当時のCMで流れていたキャッチコピーには「絵になるファッションの仲間たち エンドーチェーン」や「(プラスアルファの)生活感動店[† 1]などがあった。

しかし、エンドーチェーン全体としては、仙台市中心部では1975年に仙台店を開業したダイエージャスコといった他県資本の大手チェーン、仙台市郊外では藤崎スーパーマーケットトーコーチェーン、岡崎スーパーマーケット(現:オカザキスーパー)などの地元資本のチェーンとの競争が激化。徐々に体力を消耗していく。さらに仙台市以外の宮城県内・岩手県福島県東京都でもイトーヨーカ堂グループイトーヨーカドーヨークベニマル)やニチイなどの他県資本やジョイスベルグループなどの地元資本のスーパーなどが駐車場を備えた店舗を展開していくと、駅前立地で駐車場が少ないエンドーチェーンの店舗は対抗しきれず、客足が減少する。

1989年4月、エンドーチェーンは3ヵ年計画で、不振店を全面的に業態転換するか、または増床・改装する方針を固め当時の総店舗47店の内不振店16店を3年かけてテコ入れする決定を下した。また同年5月には取引行であった日本債券信用銀行からの最終答申を受け、社長をトップとする総合経営企画委員会を設け、1年程度をかけ経営上の諸課題を洗い出し、改善処置を執る体制を敷いた[1]

1991年2月に株式会社西友(現:合同会社西友)から10%程度の資本参加を受け、経営、人事、商品施策など全般にわたる業務提携の調印を発表した[2]。提携によって西友は東北における本格進出の端緒を得た[† 2][3]。これに基づき同年3月20日には経営を引き継ぐ新社としてエステートエンドーが発足した。同社社長には西友元常務が、会長には遠藤養一が就いた[4]。同年9月1日、エンドーチェーンが「エステートエンドー」に新会社のエステートエンドーが「エンドーチェーン」にそれぞれ商号を変更した[5]

再建計画に沿って13店舗を閉店し、同時に西友のノウハウを取り入れマーチャンダイジングの強化、取引改善、物流システムの再構築に当たったほか、若手社員を西友に2年間にわたりトレーニーとして派遣する制度も実施された[6]。その後宮城県内では駅前に立地する店舗を中心に半数近い店舗が閉鎖され、福島県内は保原店1店のみ残り、岩手県からは完全撤退。食品スーパー専業へ転換した。これによって総合スーパーの店舗は西友に譲渡された[7][8]

1991年11月、西友[† 3]が基幹店であった仙台駅前店を賃借した上で「SEIYO(セイヨー)仙台店」として営業を開始した。これによって8階以上は閉鎖され、ファッション部門以外では、ゲームセンター、地下一階の食料品売場を残しを売り場を減床した。また、この名称変更の際、仙台駅前店の一室に保存されていたエンドーチェーンとしてのイベント・宣伝等の貴重な資料は、その大部分が散逸してしまった。なおSEIYOは、1997年9月19日にザ・モール長町が開業するため、西友がそちらの運営に傾注したいとの意向から[9]、同年7月31日閉店。跡地には同年11月28日、エステートエンドーが運営するテナントビル「EBeanS(イービーンズ)」として衣替えて再オープンした。

1997年には、西友の資本参加を得てスーパー部門を「株式会社エンドーチェーン」(後の株式会社東北西友)として分離し、本体は仙台駅前店のビルを管理する不動産部門となり「株式会社エステートエンドー」と社名変更した。 2001年(平成13年)6月1日に株式会社エンドーチェーンは株式会社東北西友に社名変更し、同年4月25日に開店した宮城野原店で店名も全店西友へ統一された[10]

2003年6月1日、「株式会社エステートエンドー」は「株式会社エンドーチェーン」に社名を戻した[11]。一方、東北西友の小型スーパーは「SEIYU」のままだったが、2008年7月1日、東北西友はエス・エス・ブイなど地域子会社5社と共に西友に吸収合併された[12]。これによって元から西友本体運営であった仙台長町店・西友仙台泉店と区別するため、吸収される以前から「THE FOOD FACTORY」のロゴが併記されている。またEBeanSの屋上看板もお色直しされ、「EBeanS」の下に「エンドーチェーン」というロゴが設置され、9年ぶりに表記が復活し話題を呼んだ。

2006年4月29日には「一日限りの屋上開放」と題し、EBeanSとなってから初めて正式に屋上を開放。フリーマーケットを試行開催した。これが好評であったため同年9月17日、「復活エンドーチェーン 屋上フリマ」と銘打ち本格的にフリマを実施した[13]。さらに2008年8月16・17日および23・24日の4日間、“エンドー創業80周年記念”として「屋上復活祭」を開催。THE ポッシボーザブングルほかをゲストに長年放送していた『エンドーミュージックショーウィンドー』の復刻版を含むTBCラジオの公開生放送、縁日、キャラクターショーなどが行われた。このイベントをきっかけとして、夏期の間、屋上は連日開放されることとなり[14]、その後も不定期にイベント等が開催される際などには開放されるようになった。また、この屋上開放の再開と前後して、EBeanSとしてもかつての「エンドーチェーン」の頃を思わせるような催事・イベント等を活発に行うようになっている。

2008年1月、「エンドーチェーン」は不動産賃貸業としての業績復調を背景に、西友に売却していた自社株約172万株 (16%) を買い戻し、西友との関係を解消。経営再建計画が完遂した[15]

ロゴマーク “レインボーマーク”[編集]

エンドーチェーンのロゴマーク(社章)は、「レインボーマーク」という。長年親しまれてきたが、全店舗が東北西友になった後は見かけることはほとんどなくなった。しかし、2006年1月1日河北新報朝刊のイービーンズの初売り広告には、エンドーチェーンのロゴマークが掲載され、その後もイービーンズの広告、テレビCMなどにエンドーのロゴマークが登場、テレビCMにおいては“エンドーチェーン・イービーンズ”とアナウンスされることもある。また、イービーンズの屋上の看板(ネオンサイン)、および1階・2階の各出入り口の上部などに設置された看板にも、それぞれエンドーのロゴマークが復活している。

エンドーチェーン EBeanS[編集]

イービーンズ
EBeanS
「エンドーチェーン」の商標が付加されたEBeanS(2015年1月撮影)
「エンドーチェーン」の商標が付加されたEBeanS
(2015年1月撮影)
店舗概要
正式名称 仙台駅前エンドーチェーン E BeanS
所在地 980-0021
宮城県仙台市青葉区中央四丁目1番1号
座標 北緯38度15分30.9秒東経140度52分47.1秒
開業日 1964年3月20日
施設所有者 株式会社エンドーチェーン
施設管理者 株式会社エンドーチェーン
中核店舗 ソフマップ
店舗数 約70店舗
営業時間 10:00 - 20:00
駐車台数 2397台(契約駐車場)
前身 エンドーチェーン仙台駅前店
→ SEIYO
外部リンク http://e-bf.jp/e_beans/index.html
東日本大震災発生以前の店舗
東日本大震災から復旧した直後の店舗(2011年11月撮影)

エンドーチェーン仙台駅前店、その後のSEIYO[† 4]総合スーパーだった業態を転換して食料品売場を廃し、家電量販店さくらや東北地方初出店となる「仙台西口駅前店」が低層部にキーテナントとして入って営業開始した。EBeanSになるにあたり、看板の改装や、駅前に面している吹き抜けを、白色から赤と青に塗り替えている。

さくらやは、すでに競合店のヨドバシカメラが巨艦店を仙台駅東口へ出店した後の参入であり、店舗面積もその約半分 (4000m2) と狭く、翌年にラオックス仙台店が出店すると大打撃を被り[† 5]、売り上げ不振で約2年後に撤退となった[† 6]

改装後は若い女性をターゲットに、地下1階〜地上3階に渋谷109ファッションテナントが入った。4階以上は、100円ショップザ・ダイソー」や、ドラッグストアの「ダルマ薬局」、中古レコード店「パラダイスレコード」、「島村楽器」、書店「ジュンク堂書店」、アニメショップ喜久屋書店漫画館」なども入店した。

ギャル系ファッションを集積させたことで集客力が増し、同様にギャル系に舵を切った仙台十字屋(現在はLABI仙台)と共に、仙台駅前の一角を東北地方のギャルが集中する地区に変えた。また、隣接する仙台朝市を見習い、アニメ系・萌え系や音楽系などの趣味性の高い店舗を集積し、売り上げを回復している。

しかし、2011年東日本大震災で被災し、営業不可能な状況となったことから、エンドーチェーンが旧館と称する仙台駅側の4Fより上の階を解体し、同社が新館と称する裏側の建物全体を含む残す部分についても耐震補強やリモデルを行い屋上と化した旧館の旧4Fは公開空中庭園となった。そして2011年11月18日に1階・2階フロアを除き一部営業再開、2012年3月24日に全フロアが営業再開に至った。

2014年10月29日をもってEBeanSオープン当初からのメインテナントであったジュンク堂書店が閉店。ジュンク堂に替わるメインテナントとして同年11月21日にソフマップ仙台駅前店がオープンした[16]。また、ジュンク堂があった影響でコミック関連の商品のみを扱っていた喜久屋書店漫画館が増床して同年12月5日より一般書籍も扱うようになった[17]。また同じ日には東北初出店となった紳士服の「洋服のサカゼン」もオープンした[18]

2015年1月24日よりそれまで仙台アメ横ビルに店舗を構えていたアニメショップアニメイトがEBeanSに移転[18]。さらに同ジャンルの店舗であるゲーマーズらしんばんも同日にEBeanSへと移転しておりサブカル系の店舗を集約する形となっている。

現在の主なテナント[編集]

エンドーチェーン仙台駅前店[編集]

現在の「EBeanS」は、かつて「エンドーチェーン仙台駅前店」として、仙台の消費文化の中心の役割を担っていた。

サテライトスタジオ[編集]

1階にはサテライトスタジオもあった。当初は、仙台駅前の大通りに面した場所に、ガラス張りで店舗の外からも見えるスタジオがあり、1972年の新館オープン後は1階中心部に移動した。開店直後の1964年3月23日から1991年8月10日までTBCラジオの「エンドーミュージックショーウィンドー」(同時期にはTBCテレビでも「エンドーサテライトスタジオ」が放送されていた)という番組の生放送が行われた。この番組には石原裕次郎が映画『黒部の太陽』のプロモーションのために出演するなど、若手からベテランまで数多くの歌手・俳優・スポーツ選手らが連日出演し、全盛期には2階の吹き抜けからの見物客もたくさんいた。

フロア[編集]

駅前立地型の大型総合スーパー(GMS)である。ボウリング場、おもちゃ売り場、レストランなどがあった。デビュー当時、1974年荒井由実はサテライトスタジオや屋上広場でなくフロアで拡声器を持ってプロモーション活動をしたという伝説がある[19]

屋上広場[編集]

「屋上スカイランド」とも呼ばれた。松田聖子南野陽子SMAPなどが来仙し、ミニコンサートを開いていたりしていた。また、東映東映動画とのタイアップによるキャラクターショーも80年代初め頃までは毎週末に行われていた。冬にはミニスケートリンク、夏場は「ジャブジャブ広場」と名付けられた足をつけるだけのプールなどを開いていた。勝つと4本セットのクルクル鉛筆、負けても4本セットの内の1本がもらえたジャンケン大会などが行われた。エンドーからSEIYOに名称を変更した後は、基本的には開放しない状態が続いていたが、2008年の夏以降、期間を区切って限定的に開放し、再びイベントなどを開催するようになり、2011年11月18日の営業再開からは屋上が開放されるようになった、また屋上へ向かう階段の所に、かつてのエンドーチェーン時代に関する写真が飾られている。

駐車場[編集]

店舗北隣に駐車場があった。現在は、土地所持者の日本通運に売却されており、跡地には仙台パルコ2が開業した。

周辺[編集]

店舗の北側の細道(仙台市道1247号「中央三丁目1号線」)は、仙台駅から仙台朝市に繋がる道であるため、行商テントや板で簡便な露店を並べていた。

東北新幹線開業(1982年)に合わせて1977年仙台駅の新駅舎が完成し、1978年にはS-PALも開業したが、丸光隣の新東北ビルにあった緑屋やエンドーに対抗してS-PALにもサテライトスタジオがつくられた。

物販以外の活動[編集]

メディア連動[編集]

全盛の頃にはエンドーチェーン独占提供のテレビ番組が複数放映されていた。

子供向けに日曜の朝に放映された「ドッチラチン」(ミヤギテレビ)などは、ローカルタレントヨースケくんや工作の「Q六先生」などを輩出し、毎週のように各地の小学校でドッジボール大会や相撲大会を開催して放送していた。番組内では当日、エンドーチェーンの各店舗で行われるイベントの告知も行われた。他、「世界名作劇場」枠のアニメの宮城県内での初回の再放送(仙台放送)など、1980年前後には日曜日午前中の各局の物語アニメの再放送のスポンサーになっていた[† 7]テレビ岩手でも1990年3月まで日曜朝にエンドーチェーン一社提供番組があったが、同年4月の『THE・サンデー』のネット開始に伴い撤退した。

祝日の午前を中心に放送されていた「宮尾すすむの探検ショッピング」(東日本放送)では、エンドーチェーン内を宮尾すすむが汗だくになって走り回り、目に止まった商品を無理やり値引きをしていた。

1973年にはヒーロー番組「レインボー・アタックエース」(東北放送)が作られた。現在ではローカルヒーローの元祖として知られている。

また、前述のように仙台駅前店に置かれたサテライトスタジオからは、TBCラジオが毎日12時15分〜13時に公開生放送番組「エンドーミュージックショーウインドー」を放送した[† 8]。同局での単独提供番組には「ジャンボリクエストAMO(AMO東北ヒットパレード)」もあり、各地のラジオ局が休止する日曜深夜の放送ということもあってか、全国各地からリクエスト葉書が寄せられる人気番組となっていた。

岩手県でも『エンドーミュージックショーウインドー』が岩手放送ラジオ(後のIBC岩手放送)の制作で放送されていた。

1980年代前半のテレビCMには、モデル事務所であるオスカープロモーションに所属する3人の女性によって結成されたパンジーキャンペーンガールとして出演していた。

エンドーが仕掛けたという訳ではないが、2007年5月24日に発売された本『ジミ都市仙台の本』には当時のエンドーが伝説として紹介され、現社長の遠藤養一が感激したという逸話がある。

CMソング[編集]

ピンキーとキラーズ、ジミー・オズモンド、森田公一とトップギャランチェリッシュなどといった有名アーティストを次々に起用し、オリジナルのCMソングを制作してオンエア。「エンドーミュージックショーウインドー」や「ジャンボリクエストAMO(AMO東北ヒットパレード)」などの提供番組でも流れていた。

子供用オリジナル玩具[編集]

かつて販売されていたエンドーチェーン「レインボー村 森の仲間たち」のキャラクター商品マグカップ
  • ユーユークルクル
  • ローズボンボン
  • アンジュボンボン
  • レインボー村 森の仲間たち(ライオン・タヌキ・サルなど)
ローズボンボン、アンジュボンボン、森の仲間たちはエンドーチェーンのイメージキャラクターとしてCMや広告にも登場。2009年には新たなキャラクターとして“ごんべえ&お花”が登場した。

催事[編集]

ツタンカーメン展』、『大恐竜展』、『大マンモス展』、『ザ・シーラカンス展』、『栄光のインカ帝国展』、『大エジプト展』、『プロ野球展』、『山下清展』、ほか多数。

これらの催事では、触るのが可能な特定の展示物に触ると「○○タッチ証明書」(恐竜の化石では「サウロタッチ証明書」)なるものがもらえた。触れるものは化石の他、金の延べ棒などがあった。

1970年7月25日には、仙台都市圏北部にある遊園地富谷グリーンパーク[† 9]”を会場として『第1回エンドー夏まつり』が開催された(主催は東北放送)。当時の人気ドラマ「柔道一直線」の桜木健一吉沢京子、同じく「サインはV」の岡田可愛范文雀中山麻里、それにフォーリーブス金井克子竹脇無我といった、当時の人気タレントを招いての大規模なイベントだった。

1980年前後には東映東映動画とのタイアップによる、当時の人気声優らを招いてのイベントも多く行われた。仙台東映(現在は閉館)を会場に、東映動画が製作した長編アニメーション映画の連続上映会(入場無料)も開催した。

西部警察ロケ[編集]

石原プロ制作テレビ朝日系で放映されたテレビドラマ『西部警察 PART-III』の宮城ロケ(第32話「杜の都・激震!!-宮城・前編-」1983年12月18日放映と、第33話「仙台爆破計画-宮城・後編-」1983年12月25日放映)で仙台市内各地でロケが行われ、その中で「エンドーチェーン」も登場した。

劇中、大門を演ずる渡哲也のセリフに「『エンドーチェーン店』です」(この時、通常のような「チェーン」の「ン」のみ下がる発音とは異なり、「エン」と「チェーン」の部分にアクセントの力点がおかれていた)というものもあり、当時の仙台駅前店でロケが行われ、サテライトスタジオ、ロゴマーク、店舗内などが映し出されていた。

後編のクライマックスシーンでは、当時の仙台駅前店の駐車場(店舗に隣接したものとは別)に立てたステージと給水塔が使われた。同敷地は現在住友生命仙台中央ビル (SS30) に生まれ変わっている。このエピソードは全国のテレビ朝日系列局やCS放送ファミリー劇場で再放送され、当時の様子を伺い知ることができる。また2012年、DVD-BOX『西部警察 PART-III セレクション 木暮BOX 1』に収録され、発売された(レンタルは第6巻に収録)。2014年1月には『西部警察 全国縦断ロケコレクション 福島・宮城篇』として、単品でも発売されている。

西武ライオンズ優勝セール[編集]

1991年に西友と業務提携したのにともない、エンドーチェーンでも西友のセゾングループ時代は西武ライオンズの優勝セールを行っていた。

Wake Up, Girls![編集]

2015年12月公開のアニメ映画「Wake Up, Girls! 続・劇場版後編 Beyond the Bottom」では、現在のエンドーチェーンのロゴの入ったイービーンズの屋上看板と館内でのイベントのシーンが映し出された。なお本作にはエンドーチェーンも協力しており、エンドロールには「仙台駅前 イービーンズ」名義でクレジットされている。

店舗[編集]

西友本体運営へ移行の上で現在も営業中の店舗[編集]

宮城県[編集]

  • 富谷店(富谷市
  • 吉岡店(黒川郡大和町
  • 汐見台店(宮城郡七ヶ浜町
  • 多賀城桜木店(多賀城市)→東日本大震災の被害により閉店。多賀城市から撤退。
  • 燕沢店(仙台市宮城野区)
  • 木町店(仙台市青葉区)
  • 台原店(仙台市青葉区) - 1989年〜1990年頃に「ディスカウントZONE」に業態転換した後、エンドーチェーンの店舗縮小時に一旦閉店。後に再オープンした(その間は家具の山口→幸福堂が入居)。なお、3階のボウリング場は一旦閉店する前は直営の「台原レインボーボウル」だったが、後に「サンボウル台原」を経て解体前までは「C-BIC仙台」。東日本大震災で上階テナントの天井崩落や建物外壁に亀裂が入るなど被災のため解体、現在は2013年に再オープンした。なお建物は通常の西友と同じ平屋の店舗となる[20]
  • 上杉店(仙台市青葉区) - 1998年4月14日に開店した西友傘下入り後初の新店舗[21]
  • 八幡町店(仙台市青葉区八幡四丁目1-3、国道48号線沿い「ヴィルヌーヴ八幡町」1階)
  • 旅篭町店(仙台市青葉区小田原六丁目) - 旧店名。現在は西友小田原店として営業中。
  • 太白店(仙台市太白区) - 旧店舗の隣りに現在の西友太白店が営業中。旧店舗は駐車場以外が閉鎖され、長い間建物が放置されたが2012年になり解体された[22]

福島県[編集]

  • (2代目)保原店(福島県伊達市) - 但し一旦閉店し、建物は取り壊された。1996年4月再オープン[23]

過去に存在したエンドーの店舗[編集]

かつて存在した店舗。現在は他店舗や別会社になっているもの、更地になっているものも含む。

宮城県[編集]

  • 荒巻店(仙台市青葉区) - 荒巻セントラルプラザの2階。1階がヨークベニマルのため衣料品、雑貨のみの扱いだった。郊外ロードサイド店舗の1つで、台原店と同様、駐車場に入るための順番待ちで周辺道路は渋滞した。末期は西友(株)に経営権が移譲され運営されていた。
  • 柏木店(仙台市青葉区)
  • 北仙台店(仙台市青葉区) - 現在の東北西友・北仙台店は東北西友誕生前のオープン。以前はトーコーチェーン北仙台店だった(1989年(平成元年)に閉店後マンションに建て替えられその1階に引き続き出店予定であったが、資金繰りに窮していた時代でポロロッカ食品館が入る事となった。ポロロッカ撤退後、短期間に数回テナントが変わっており、詳細は不明)。
  • 晃福ハイツ店(仙台市青葉区八幡四丁目10番1号)- 八幡店(現・西友八幡町店)とは至近の位置に存在したため、“裏エンドー”の愛称で親しまれた。
  • 宮町店×(仙台市青葉区宮町四丁目6番21号) - 跡地にはファミリーマート東北地区本部が入居すると共に、1階に東北地区1号店ファミリーマート宮町店が出店[24]上記の通り「エンドーチェーン」第1号店であり、東京の旧丸ビルを意識したフォルムをもつ、斬新な設計の大型店舗であった。
  • 将監店(仙台市泉区) - 宗教団体の施設だったが震災後団体は撤退、現在はナイスが開発した住宅地となった。
  • 南光台店(仙台市泉区) - 現在は取り壊されマンションになった。
  • 長命ヶ丘店×(仙台市泉区)-SEIYUに転換したが閉店。後にセカンドストリートが入居していたが移転、現在は取り壊されセブン-イレブンが出店。
  • 南長命ヶ丘店(仙台市泉区) - 閉店後はミートパビリオンジャイアント→更地を経てかっぱ寿司が出店。→ 東日本大震災で建物が多大の影響を受け閉店 → セレモニア長命ヶ丘梓会館となった。
  • 西多賀店×(仙台市太白区) - 閉店後更地を経て、現在はニトリ大衆食堂半田屋びっくりドンキーがある。
仙台駅東口店(2010年12月8日)
  • 仙台駅東口店×(仙台市宮城野区、1979年(昭和54年)開店[25]) - 売場面積877m2[25]東日本大震災で被災し、これに伴って、テナントとして入居していたマンションの再開発による解体に伴い閉店、現在はヨドバシ仙台第2ビル(ヨドバシカメラ マルチメディア仙台)とその立体駐車場。
  • 弓ノ町店×(仙台市宮城野区)- 閉店・解体後、現在はダイアパレスのマンション。
  • 椌木店×(ごうらぎ、仙台市若林区) - 閉店・解体後、現在はセコムホームライフのマンション。
  • 中倉店(仙台市若林区)
  • 南小泉店×(仙台市若林区)- 閉店後ライオンズマンションのモデルルームを経て、現在はローソンが出店。
  • 南材木町店×(仙台市若林区) - 現在は駐車場
  • 石巻店×(石巻市) - 1992年10月閉店。この年の1月には同じ立町に計画していた2店目の計画を撤回していた(石巻市中心部では7月にダイエージャスコといった大型店の出店計画も相次ぎ白紙撤回されている)。建物は解体され、跡地は駐車場になった。
  • 岩沼店(岩沼市
  • 角田店(角田市)- 西友と提携後、郊外に9000m2級の店舗(ヨークベニマル、藤越も同じ時期に同規模の店舗を計画)を出店する予定があったが、これも立ち消えになった。
  • 小牛田店(こごた、遠田郡美里町)- 小牛田駅前にあった小牛田警察署跡地に出店。当初はトーコーチェーンが出店を予定していたが、1978年の宮城県沖地震で既存の長町店などが被害を受け、結局断念した。エンドーの計画では当初1階を駐車場にした4階建ての店舗を予定していたが、地盤が軟弱で杭を何本も打つ必要があったため、駐車場なしの3階建ての店舗に変更された。
  • 佐沼店(登米市) - 現在はパーラーJ - 遊 佐沼店。
  • 東佐沼店×(登米市) - 閉店後、店舗前の駐車場にはローソンが出店。店舗には一時期家具店や携帯電話ショップが入居したものの、短期間で閉店。空き店舗の状態が続いた後に解体された。
  • 塩釜店×(よこたやエンドー、塩竈市
  • 白石店(白石市、2000年(平成12年)7月2日閉店[26]) - 白石駅前にて営業していた。建物は1Fが駐車場で店舗は2Fから上という当時としては珍しいつくりだった。
  • 豊里店(登米市)
  • 中新田店(なかにいだ、加美郡加美町) - 宮城交通中新田営業所(かつての仙台鉄道加美中新田駅)跡地に開設された。東北西友誕生後も営業を続けていたが、2006年5月31日閉店。同店の閉店により、宮城県北からエンドー→東北西友の店舗はすべて姿を消した。現在、建物は解体され、JA加美よつば中新田支店(金融・共済)が移転。
  • 古川駅前店(大崎市) - 現在、跡地に複合施設・リオーネ古川が立地。
  • 古川中央店×(大崎市) - 建物は解体され、跡地は大崎市役所の駐車場になった。
  • 古川三日町店(大崎市) -建物は解体され、跡地はギャラリー緒絶の館になった。
  • 古川バイパス店(大崎市) - 西友と提携後に開店した店舗。電激倉庫古川バイパス店の空きスペースにて営業していた。閉店後ははカラオケインターネットカフェを運営する「花子ランド古川店」が営業していたが撤退。先に閉店した電激倉庫とともに空き店舗の状態が続いたが、現在はヤマザワドラッグヤマザワが営業。
  • 吉岡店(黒川郡大和町)- ここがエンドーチェーン発祥の店舗だった。現在の東北西友吉岡店はファルが撤退した空店舗に移転。
  • 利府店(宮城郡利府町)- 現在、この建物にはブックオフが入居。
  • 涌谷店(遠田郡涌谷町)- 閉店、解体後、跡地には涌谷郵便局が移転。

※ 存在が確認されていない店

岩手県[編集]

  • 盛岡駅前通店(盛岡市) - 1969年9月にオープンした岩手県第1号店。はちや盛岡駅前ビルにて営業していた。岩手放送版『ミュージックショーウインドー』はこの店舗に設置されたサテライトスタジオから放送していた[27](後にスタジオはIBC本社に近い盛岡中央店に移転)。現在はデイリーヤマザキアニメイト白木屋リーブ21等が入居する。
  • 盛岡中央店(盛岡市) - 1969年6月に「光フェアビルジュネス」として開店した後、1973年7月にリニューアルされ営業していた。1991年6月の閉店後、建物は商業ビル「with」として再々オープンしたが、テナントが次々と撤退し、ビル管理会社の光商事 (8F) と同社経営の古着屋のHANJIRO (2F) のみの状態が続いたが、建物の老朽化により2011年8月31日に閉鎖され、2012年に建物は解体された[28]。跡地にはタワーマンションの「ル・サンク中の橋タワーレジデンス」が建設された。
  • 盛岡青山店(盛岡市) - 閉店後建物は解体され、現在はパチンコ店「パーラーQuest」。
  • 盛岡南青山店(盛岡市) -詳細が不明だったが、存在が確認されている模様。
  • 盛岡館坂店(盛岡市) - 閉店後建物は解体され、ローソン、花屋を経て、現在は本格台湾料理の鴻運。
  • 盛岡神明町店(盛岡市)- 盛岡中央店の近くのマンションの地下1階 - 2階にあった店舗。「第2盛岡中央店」と呼ばれた。一部の商品の取扱を盛岡中央店から移管したものの、閉店に伴い営業を盛岡中央店に再集約。
  • 盛岡仙北町店(盛岡市) - 1991年5月の閉店後も建物は残っていたが、1994年発生の三陸はるか沖地震で外壁の一部が崩落し、翌1995年に建物は解体。
  • 盛岡松園店(盛岡市) - 閉店後建物は解体され、現在はパチンコ店「WINS松園ニュー公楽」。
  • 北上店(北上市) - 建物は解体され、現在はセブンイレブンが出店。
  • 花巻店(花巻市) - 1992年11月閉店。これにより岩手県からはエンドーチェーンは撤退した。閉店後は地元スーパーが営業していたが倒産。建物は解体され、現在はマンションに。

福島県[編集]

  • 福島駅前店×(福島市) - 街なか広場
1974年開店 - 1991年閉店
閉店後も空きビル状態が続き、建物の破片が落下するという事故も起きた。
1999年に福島市が福島都心中央土地区画整理事業用地として取得し解体、現在は「街なか広場」。
  • (初代)保原店(保原町 (現:伊達市))- (2代目)保原店→西友保原店
1980年(昭和55年)7月開店 - 1992年(平成4年)11月15日閉店[29]

東京都[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在は「楽しさをプラス!生活感動館!!」と公式サイトにて表記されている。
  2. ^ 当時、西友における東北の店舗は、百貨店業態で運営していた郡山西武店(郡山市)のみであった。
  3. ^ 百貨店事業部→SEIBU事業部→大型店事業部運営、現在のLIVIN
  4. ^ 当初の仮称は「仙台西武」→「OZ仙台店」だった。
  5. ^ そのラオックスも2003年には売場縮小し、結局は閉店した。
  6. ^ さくらやは2010年2月で残った全店舗を閉店し、同年6月に会社解散した。
  7. ^ また、1980年代後半には東北放送において日曜朝に行われていたウルトラシリーズの再放送のスポンサーを務めていた。
  8. ^ 休業日は局のスタジオから放送。
  9. ^ 宮城県黒川郡富谷町三ノ関字狼沢73-1(地図)。1965年開園。

出典[編集]

  1. ^ 『決断のときをかさねて : エンドーチェーン創業80周年記念誌』P 131 - 132
  2. ^ 「西友、東北で営業力 中堅スーパー「エンドーチェーン」と提携」『朝日新聞』1991年2月22日
  3. ^ 「エンドーチェーン、西友の傘下に 近代化へ遅すぎた決断、東北進出へ西友足固め」『日経流通新聞』1991年2月28日
  4. ^ 「新会社が発足、西友支援下のエンドーチェーン 再建へ本格始動」『日本経済新聞』1991年3月27日
  5. ^ 『決断のときをかさねて : エンドーチェーン創業80周年記念誌』P 134
  6. ^ 「リージョナル拠点企業列伝(宮城編)、「エンドーチェーン」(30店・350億円)――13店閉鎖後、西友方式導入で基盤再構築へ」『食品商業』1992年7月号
  7. ^ 東北地区夏期特集-エンドーチェーン、再建へ中期方針打ち出す(日本食糧新聞 1992年8月26日)
  8. ^ 東北地区食品流通特集 エンドーチェーン・永山竹敏代表取締役社長に聞く(日本食糧新聞 1994年7月6日)
  9. ^ 『決断のときをかさねて : エンドーチェーン創業80周年記念誌』P 135
  10. ^ エンドーチェーン、東北西友に社名変更(日本食糧新聞 2001年6月6日)
  11. ^ 『決断のときをかさねて : エンドーチェーン創業80周年記念誌』P 138
  12. ^ 「地域子会社5社、西友が吸収合併、経営効率化」『日経MJ』2008年5月28日
  13. ^ 『決断のときをかさねて : エンドーチェーン創業80周年記念誌』P 134
  14. ^ 仙台駅前の商業ビル、17年ぶりに屋上開放-運営会社80周年で(仙台経済新聞 2008年8月20日)
  15. ^ 『決断のときをかさねて : エンドーチェーン創業80周年記念誌』P 143
  16. ^ “ソフマップ仙台駅前店開店で行列”. 河北新報. (2014年11月22日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201411/20141122_12002.html 2015年1月7日閲覧。 
  17. ^ “仙台駅前・イービーンズの「喜久屋書店」、館内移転増床-総合書店に刷新”. 仙台経済新聞. (2014年12月19日). http://sendai.keizai.biz/headline/1796/ 2015年1月7日閲覧。 
  18. ^ a b アニメイト仙台、イービーンズに来年1月移転(河北新報 2014年12月2日)
  19. ^ Chronicle:Biography 1970
  20. ^ 杜の都発!SENDAI Satellite 2つのSEIYU - Yahoo!ブログ
  21. ^ 東北地区食品流通特集 エンドーチェーン・飯田晴雄社長に聞く(日本食糧新聞 1998年7月22日)
  22. ^ 旧エンドー太白店が解体されました(仙台市太白区) - 明日はどっちだ?! - Yahoo!ブログ
  23. ^ 東北地区食品流通特集 エンドーチェーン・永山竹敏社長に聞く(日本食糧新聞 1996年7月19日)
  24. ^ ファミリーマート東北地区本部、今年末までに80店を計画。東北展開急ピッチ(日本食糧新聞 1992年5月20日)
  25. ^ a b 東北地区食品流通特集 エンドーチェーン仙台駅前東口店、リニューアル効果が顕著(日本食糧新聞 1993年7月9日)
  26. ^ エンドーチェーン白石店を7月2日で閉店 宮城県白石市(大量販売新聞社「タイハン特報」 2000年5月1日)
  27. ^ 【いわてアーカイブの旅】第95回 ラジオの公開放送 IBC岩手放送 6BOX - 岩手放送版『ミュージックショーウィンドー』の放送時の模様が収録されている
  28. ^ 「ウィズ盛岡41年間の大感謝祭」の企画・運営を行いました!- のびあ『女子100人委員会』
  29. ^ エンドーチェーンの『保原店』が閉店(福島民友 1992年11月17日 朝刊7面)

参考文献[編集]

  • 別冊東北学編集室編『仙台学, Vol.6 : 歩く見る聞く仙台』 別冊東北学編集室、2008年。
  • エンドーチェーン創業80周年記念誌編集委員会編『決断のときをかさねて : エンドーチェーン創業80周年記念誌』 エンドー チェーン、2008年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]