第一生命保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第一生命から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
第一生命保険株式会社
The Dai-ichi Life Insurance Company, Limited
DN Tower 2018.jpg
第一生命日比谷本社
種類 株式会社
略称 第一生命
本社所在地 日本の旗 日本
日比谷本社
東京都千代田区有楽町一丁目13番1号 DNタワー21
豊洲本社
東京都江東区豊洲三丁目2番3号 豊洲キュービックガーデン
設立 2016年平成28年)4月1日
業種 保険業
法人番号 1010001174683
金融機関コード 9829
代表者 稲垣精二(代表取締役社長
資本金 600億円
従業員数 56,161名
(内勤・外勤合計)
決算期 3月31日
主要株主 第一生命ホールディングス 100%
関係する人物 矢野恒太(創立者)
柳沢保恵(初代社長)
石坂泰三(元社長)
矢野一郎(元社長)
櫻井孝頴(元社長)
斎藤勝利(元社長)
渡邉光一郎(元社長)
外部リンク www.dai-ichi-life.co.jp/
特記事項:2018年12月18日現在
テンプレートを表示
第一生命保険のデータ
種類 株式会社
保険料等収入 (連結)55,860億円
保有契約高 (個人保険)1148,160億円
(個人年金)99,056億円
(団体保険)48202億円
(団体年金)6642億円
SM比率 (連結)763.8%
格付け A+R&I
安全性指標の項目を参照
特記事項:
2016年3月期。有価証券報告書及び『2015年度決算』について (PDF) による。
テンプレートを表示
第一相互館 京橋交差点

第一生命保険株式会社(だいいちせいめいほけん、英称The Dai-ichi Life Insurance Company, Limited)は、日本生命保険会社

持株会社である第一生命ホールディングスの子会社。現在の第一生命保険株式会社は、持株会社体制移行のために2016年4月に設立された2代目である[1]

概要[編集]

2016年10月1日、第一生命保険グループは持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社(初代)から国内保険事業を継承した。

現在の経営理念は、『お客さま第一主義 「一生涯のパートナー」』[2]

安全性指標[編集]

資産規模[編集]

  • 保有契約高[4]
114兆8,160億円(個人保険)
9兆9,056億円(個人年金)
48兆202億円(団体保険)
6兆642億円(団体年金)
49兆9,249億22百万円(資産運用収益1兆3,448億円)(連結)
35兆8,949億56百万円(資産運用収益1兆600億円)(単体)

総資産で、かんぽ生命保険日本生命保険に次ぐ第3位である。

コーポレートアイデンティティ[編集]

  • 経営理念
お客さま第一主義 「一生涯のパートナー」

沿革[編集]

歴史[編集]

  • 1902年(明治35年)9月15日農商務省保険業法起草に携わった、当時日本生命の社医の矢野恒太が、日本初の相互会社として創立する。初代社長は、柳沢保恵
  • 1968年(昭和43年)、「大井第一生命館」落成、大井本社(のちの大井事業所)として使用開始。
  • 2007年(平成19年)12月6日、会社の形態を相互会社から株式会社に転換することを発表。
  • 2010年(平成22年)4月1日、株式会社へ移行と同時に東証一部に上場。
  • 2011年(平成23年)、豊洲本社(豊洲キュービックガーデン)竣工。
  • 2012年(平成24年)、大井事業所を置いていた大井第一生命館を、ブルックスホールディングスに売却。
  • 2016年(平成28年)10月1日、国内生命保険事業を第一生命分割準備株式会社に会社分割し、持株会社化。第一生命ホールディングス株式会社に商号変更[1]
  • 2016年(平成28年)4月1日、第一生命分割準備株式会社を設立。
  • 2016年(平成28年)10月1日、第一生命保険株式会社(初代)より国内生命保険事業を承継し、第一生命保険株式会社に商号変更[1]

本社ビルの歴史[編集]

1921年(大正10年)に、辰野葛西事務所の設計で建てられた東京・京橋の「第一相互館」は、地上10階(中2階を含む)建ての東京市内有数の高層建築であった。

1938年よりの本社屋である東京・日比谷の「第一生命館」は、複数の公開コンペ当選案を参考に1938年に「第一相互館の担当設計者であった辰野葛西事務所出身で、矢野から懇願され第一生命に転職した松本与作が設計し渡辺仁が補佐するという形での共同設計で建設された(「谷間の花が見えなかった時」伊藤ていじ著)。

1945年連合国軍総司令部(GHQ)庁舎として接収される(1952年に接収解除)。マッカーサーは東京に進駐した9月8日当日に、およそ40分かけて都内を車で視察し、複数あった候補の中からこのビルを選んだ。皇居を見渡すことができ、華美ではない機能的な建物がマッカーサーの目に留まったと言われている。

第一生命館では、現在でもマッカーサー総司令官室が保存されているが、現在は一般には公開されていない。後に1970年代後半、警視庁本庁舎新築に伴い仮庁舎として使用されたこともある。

1995年に「第一生命館」は、隣接する「農林中央金庫有楽町ビル」と一体化させるよう中間に高層階部分を増築し、「DNタワー21(第一・農中ビル)」として改装されている。その為フロアの高さが異なり、低層部分=本館の8階部分のS階が新館の6階と繋がっている。DNタワー21は戦前最後の部分保存された大規模建築として、東京都選定歴史的建造物に選定されている。

社会との関わり[編集]

東京ディズニーリゾートとの関係[編集]

第一生命は、東京ディズニーランド東京ディズニーシーの参加企業(オフィシャルスポンサー)としても有名である。また、「ディズニー・オン・アイス」の協力企業としても名を連ねている。

1986年から起用している広告のほかにも、顧客に無料で配布される販促品には、ディズニーキャラクターがふんだんに使用されている。「企業イメージCM」でも、家族と東京ディズニーリゾートがテーマになったものが放送されている。また、CMの中にディズニーのぬいぐるみが、さりげなく映りこむこともある。

東京ディズニーリゾートの参加企業として提供しているのは、「ビッグサンダー・マウンテン」(ランド)・「センター・オブ・ジ・アース」(シー)の2つのアトラクションと、両パーク内のベビーカー車椅子の貸出サービスである。

ちなみに、2つのアトラクションに設置されている「スポンサーラウンジ」は保険加入者であれば、担当のセールスレディーを通して、無料で利用することができる。

「スポンサーラウンジ」は、スポンサーがついているアトラクションにはほぼ設置されており、待ち時間無しでアトラクションへ向かうことができるが、その多くが参加企業の社員からの非公式な口利きでしか利用できない。

先着順ながら、保険に加入していれば誰でも利用できる第一生命のラウンジは、かなり貴重である。

また、2008年10月1日に東京ディズニーリゾート内に開業した「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」で行われているレジデントショー(常設公演)「ZED」(ゼッド)にも、協賛(オフィシャルスポンサー)していたが、2011年12月31日に公演は終了した。

モーツァルト住家復元事業[編集]

マカルト広場の住家

オーストリアザルツブルクには、モーツァルトが青年期を過ごし、多彩な音楽活動を展開したタンツマイスターハウスと云う名の住家があった。しかし、第一次世界大戦で爆撃を受け、その半分以上が破壊され、更に半壊跡地にはオフィスビルが建築されてしまった。1996年、ザルツブルク国際モーツァルテウム財団によってオフィスビルは買収され、住家の完全復元工事が完了した。現在、この住家はモーツァルト記念館として、コンサートの開催、モーツァルトゆかりの品々の展示のほか、モーツァルトに関する文献・映像資料などが取り揃えられている。第一生命は、創立90周年の記念事業として、開始当初からこの事業に参画し、支援を行っている。

スポーツ活動[編集]

1990年(平成2年)創設の女子陸上競技部がある。1994年山下佐知子1991年世界陸上東京大会女子マラソン2位入賞・銀メダル獲得・1992年バルセロナオリンピック女子マラソン4位入賞)が加入。1996年に山下が監督就任後は長距離走・マラソンを中心に実力を蓄え、2002年2011年には全日本実業団対抗女子駅伝競走大会で二度の総合優勝を果たす。現在では田中智美2014年横浜国際女子マラソン優勝、2016年リオデジャネイロオリンピック女子マラソン代表・19位)など、約10人前後の女子部員が所属している。

元所属部員で活躍した女子選手では、尾崎好美2009年世界陸上ベルリン大会女子マラソン2位入賞・銀メダル獲得、2012年ロンドンオリンピック女子マラソン代表・19位)、野尻あずさ2011年世界陸上大邱大会女子マラソン代表・19位、2012年大阪国際女子マラソン・3位)、田中華絵2011年夏季ユニバーシアード中国深?大会10000m2位入賞・銀メダル獲得、2017年大阪国際女子マラソン・3位)、伊藤真喜子(1997年ロッテルダムマラソン女子2位、同年東京国際女子マラソン優勝)などがいる。

このほか、全国小学生テニス選手権大会ではメインスポンサーを務めるのみならず、試合会場(相娯園総合グラウンドテニスコート)の提供も行っている。本大会からは、杉山愛錦織圭などの国際的なテニスプレーヤーを多数輩出している。

子会社[編集]

  • 第一生命ビジネスサービス株式会社
  • 第一生命情報システム株式会社
  • 株式会社アルファコンサルティング
  • 第一生命チャレンジド株式会社
  • エイ・エフ・ビル管理株式会社
  • 第一生命カードサービス株式会社
  • 企業年金ビジネスサービス株式会社
  • ネオステラ・キャピタル株式会社
  • ジャパンエクセレントアセットマネジメント株式会社
  • みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社

不祥事[編集]

2005年10月後半、各生命保険会社から相次いで保険金および給付金の不当不払いが発覚し、同社についても合計25件、2,327万円相当の不払いがあることが発表された[5]

2006年6月24日、およそ1億5千万円、件数にしておよそ4万7千件の配当金不払いがあった事が判明。これは1984年?2005年までに発生した不払いの合計であり、2004年2月にはこうした不払いがあることを同社は既に把握していたが、公表していなかった。

2007年1月2日、大手生保4社(この中に同社も含まれている)が、医療特約関連で保険金の一部に不払いがあったことを発表。その後の同年1月16日、三大疾病に関する特約(特定疾病保険)において、約500件、15億円分の不払いがあったことが判明した(過去5年間における保険金の支払い事由に該当していたと推測される約1800件の契約から抽出した結果)[6]

提供番組[編集]

現在
過去

など。

なお、一部のテレビCMの動画は、第一生命のサイトで公開されている(外部リンク節参照)。

第一でナイト[編集]

第一でナイト」は、第一生命のCMキャラクター。1999年夏にオンエアされた同社の新商品「堂堂人生」ハイバリュープラン」のTVCMで田中麗奈扮する初代・第一でナイトが登場。ネーミングは「保険会社を選ぶなら、第一(生命)でナイト!」に由来。「リボンの騎士」のようなスタイルで活躍し、「ひろめナイト!」「伝えナイト!」といったナイト言葉をキメ台詞とする。2004年春までの初代「第一でナイト」ファミリーは、ナイト=田中麗奈、キング=鹿賀丈史、クィーン=萬田久子。04年秋から登場の二代目ファミリーは、ナイト=石原さとみ、キング=伊武雅刀、クィーン=真矢みき。敵役のシッペイ大魔王宝田明)ほか、サブキャラクターも数多かった。生保各社のCMのなかでは唯一の長寿キャラクターである。保険料不払い問題を受けての保険内容総点検の企業CMが中心になっていたため、しばらくナイトの登場は見合わされていたが、2008年の年賀ポスターでは健在ぶりを見せ、秋には滝沢秀明を起用した初の男性タレントによる三代目「第一でナイト」が誕生、ナイトシリーズは10周年に入った。

Dセイバー[編集]

2013年4月1日からは戦隊ヒーロー風の新キャラクター「Dセイバー」によるCMがスタート。出演は田辺誠一(セイバーミドル/リーダー役)、武井咲(セイバーレディ役)、東出昌大(セイバーヤング役)、伊吹吾郎(セイバーシニア役)。なお、武井のみ前年から第一生命のCMに出演している[8]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 持株会社体制移行に伴う会社分割並びに定款変更 - 第一生命保険株式会社 2016年4月8日。
  2. ^ a b 会社概要|第一生命保険株式会社 - 第一生命保険株式会社ウェブサイト(2016年10月確認)。
  3. ^ 『2015年度決算』について (PDF) P.75 - 第一生命保険株式会社ウェブサイト(2016年10月確認)。
  4. ^ 『2015年度決算』について (PDF) P.2 - 第一生命保険株式会社ウェブサイト(2016年10月確認)。
  5. ^ 第一生命保険の発表文書 (PDF) - 第一生命ウェブサイト(2010年10月現在、リンク切れ)。
  6. ^ 第一生命保険の発表文書 (PDF) - 第一生命ウェブサイト(2010年10月現在、リンク切れ)。
  7. ^ 2017年4月以降の提供番組は「世界の何だコレ!?ミステリー」と「ダウンタウンなう」※「ダウンタウンなう」はテレビ宮崎を除く。へ移動している。(ともに30秒)
  8. ^ 「Dセイバー」誕生!武井咲が戦隊ヒーローに挑戦 第一生命 - 保険市場Times 2013年4月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]