広田レオナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひろた レオナ
広田 レオナ
別名義 広田 玲央名(旧芸名)
生年月日 (1963-03-07) 1963年3月7日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道札幌市
身長 160 cm
血液型 O型
職業 監督・俳優
ジャンル テレビドラマ映画バラエティ番組
活動期間 1983年 -
事務所 ジュデコン((株)ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル)
公式サイト プロフィール
主な作品
夢二
王手
テンプレートを表示

広田 レオナ(ひろた レオナ、1963年3月7日 - )は、日本監督女優・エージェント代表。本名、吹越 久美(ふきこし くみ)。旧芸名は広田 玲央名北海道札幌市出身。株式会社ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル(ジュデコン)代表取締役社長。

来歴・人物[編集]

幼少期からバレエの英才教育を受け、15歳でベルギーのベルギー王立芸術学院に合格。モーリス・ベジャールに師事。ダンスの他にアクターズスタジオのスタニスラフスキー・システムなどを徹底的に教え込まれる。18歳の時、振付最中の事故により腰を壊しプリマを断念。日本に帰国し19歳で映画のオーディションに合格。「だいじょうぶマイ・フレンド」(1983年)でピーター・フォンダの相手役として女優デビュー。

風変わりな個性で注目され、以後も映画・テレビドラマを中心に活躍。1991年に鈴木清順監督の『夢二』と阪本順治監督の『王手』でヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞し、演技派女優としての地位を確立。若松孝二斎藤耕一など、他の名匠の作品にも重要な役どころで起用された[1]

2000年に初監督作品「DRUD GARDEN」を発表。全編、家庭用ビデオカメラで撮影し、音楽、編集、スチールなど、ほぼ全てを担当。単館で9ヶ月上映。

映画「お江戸のキャンディー」は、ボーイズラブもので制作費500万円の企画にて製作[2]、バレエ「白鳥の湖」をベースとし、“世界初の幼稚園児も観る事の出来る男色映画”との触れ込みで2015年2月に公開された。トラブルに見舞われたがその後解決した[3]。また、孫がいる[4]

また同時期に、今後は女優業を続けるつもりがないことを表明[5]、裏方業に方向転換した。

2015年1月15日、芸能エージェント株式会社ジュデコン(正式名称ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル)を吹越満とともに立ち上げた。 代表取締役は廣田レオナ。それまでの所属事務所であったフロム・ファーストプロダクションとも業務提携を結んでいる。

私生活では20歳代のときに医大生(のちに歯科医)と結婚、1988年4月に第一子を出産(俳優・マーク)するが、結婚3年目に離婚。俳優・タレントの吹越満1994年12月24日に結婚、一女を授かるも2005年12月12日に離婚。二人の子供は広田が引き取り養育していたが、2012年に復縁・再婚に至った。前回の結婚では長男・雅裕の改姓を避ける配慮から、吹越が廣田姓となったが、今回は広田が吹越姓になった(マークは2008年4月に成人しており、現在も廣田姓)[6]2016年12月に吹越と離婚したことが明らかになった[7]。なお離婚した現在でも、吹越はジュデコンに所属している。

2018年12月10日、22歳年下の元俳優の男性と結婚し、9月13日に挙式したことを自身のインスタグラムにて明らかにした[8]

2021年6月1日、肺がんに罹患したこと、翌日に手術を受けることを公表した[9]。5日、ブログで肺がん手術後の様子を報告[10][11]。9日、前々日に退院したことを報告した[12]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

主な監督作品

舞台[編集]

  • 新宿八犬伝 五巻―犬街の夜―(2010年9月 - 10月)
  • る・ひまわり「こころ」(2011年8月、青山円形劇場) - 静 役
  • 銀河英雄伝説 初陣 もうひとつの敵(2013年8月、日本青年館大ホール) - ベーネミュンデ公爵夫人 役

シングル[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本映画人名事典 女優篇』2011年、キネマ旬報社、広田レオナの項
  2. ^ “広田レオナ、監督作「お江戸のキャンディー」試写で“ゲイ好き”告白”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年2月5日). https://eiga.com/news/20150205/16/ 2021年1月1日閲覧。 
  3. ^ “広田レオナ「長くつらい旅でした」映画トラブル解決”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1579712.html 2021年1月1日閲覧。 
  4. ^ 肺がん手術の広田レオナ 孫の誕生日に「リハビリ頑張るからねぇ」”. デイリースポーツ (2021年6月11日). 2021年6月11日閲覧。
  5. ^ “広田レオナ「嫌々やってた。女優もうやらない」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年3月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1442960.html 2021年1月1日閲覧。 
  6. ^ “女優・広田レオナと俳優・吹越満、離婚から7年で復縁再婚”. NEWSポストセブン (小学館). (2012年12月13日). https://www.news-postseven.com/archives/20121213_160129.html?DETAIL 2021年6月5日閲覧。 
  7. ^ “吹越満の妻・広田レオナにイケメン俳優との不倫同棲疑惑を直撃《一問一答》”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2017年1月23日). https://www.jprime.jp/articles/-/8947 2017年1月23日閲覧。 
  8. ^ 広田レオナ監督が再婚”. テレビ朝日 (2018年12月11日). 2021年1月1日閲覧。
  9. ^ “広田レオナ 肺がんであす手術と公表「生きるための手術です」 連ドラは降板”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2021年6月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/06/01/0014378768.shtml 2021年6月5日閲覧。 
  10. ^ “広田レオナ 「ドスで2回刺された痛み」肺がん手術後の様子を報告”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2021年6月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/06/05/0014389552.shtml 2021年6月5日閲覧。 
  11. ^ 広田レオナ「ドスで2回刺された痛み」肺がん手術後初更新で職務復帰も報告”. 日刊スポーツ (2021年6月5日). 2021年6月5日閲覧。
  12. ^ “肺がん手術・広田レオナが退院報告「肺の4分の1とリンパを6つくらい切除しました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2196193/full/ 2021年6月9日閲覧。 
  13. ^ だいじょうぶマイ・フレンド - 日本映画データベース
  14. ^ Aサインデイズ - Movie Walker
  15. ^ 映画 さわこの恋 上手な嘘の恋愛講座 - allcinema
  16. ^ エンドレス・ワルツ - Movie Walker
  17. ^ ORGAN - ORGANVITAL
  18. ^ ゲルマニウムの夜”. シネマトピックスオンライン. 2006年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  19. ^ INTRODUCTION 広田レオナ主演・第一回監督作品。虚構と現実を織り交ぜ、「生と死」がポップに描かれる…。”. DRUG GARDEN. 2000年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月9日閲覧。
  20. ^ “男の花魁同士のラブ!広田レオナ新作に吹越満・竹中直人・桃井かおり!”. シネマトゥデイ. (2014年12月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068984 2014年12月12日閲覧。 

外部リンク[編集]