舞浜アンフィシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京ディズニーリゾート > 舞浜アンフィシアター
舞浜アンフィシアター
MAIHAMA Amphitheater
舞浜アンフィシアター.jpg
情報
旧名称 シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京
完成 2008年6月3日
開館 2012年9月1日
開館公演 プレミア音楽祭2012
収容人員 2,170人
客席数 2,170席
延床面積 約14,000m²
用途 多目的ホール
旧用途 シルク・ドゥ・ソレイユ専用の常設劇場
運営 オリエンタルランド
所在地 279-8512
千葉県浦安市舞浜2番地50
位置 北緯35度37分57.3秒 東経139度53分21.2秒 / 北緯35.632583度 東経139.889222度 / 35.632583; 139.889222座標: 北緯35度37分57.3秒 東経139度53分21.2秒 / 北緯35.632583度 東経139.889222度 / 35.632583; 139.889222
アクセス JR京葉線舞浜駅から徒歩10分
ディズニーリゾートライン リゾートゲートウェイ・ステーション駅から徒歩8分
公式サイト 舞浜アンフィシアター

舞浜アンフィシアター(まいはまアンフィシアター)とは、千葉県浦安市舞浜東京ディズニーリゾート(TDR)にある多目的ホールである。

2008年平成20年)10月1日にオープンし2011年12月31日まで営業していたシルク・ドゥ・ソレイユ専用劇場であるシルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京(シルク・ドゥ・ソレイユ シアターとうきょう、CIRQUE DU SOLEIL THEATRE TOKYO )をリニューアルし、2012年9月1日にオープンした。本項では前身の劇場についても扱う。

概要[編集]

シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京[編集]

シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京北米以外では初となる、独自演目を公演するシルク・ドゥ・ソレイユ専用の常設劇場として建設された。オリエンタルランド(OLC)が事業主として所有し、TDRの正式な構成施設である。場所はTDR内ディズニーアンバサダーホテルの隣接地(旧アネックス・パーキングの一部)で、2008年(平成20年)5月末に完成した。

2008年平成20年)10月1日にレジデント・ショー(常設公演)「ZED」のグランドオープン公演を開催、常設公演を開始した。シアター外壁には巨大なシルク・ドゥ・ソレイユのロゴマークが描かれており、ディズニーリゾートラインJR京葉線の車内等から見ることができた。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、2011年3月14日から4月22日の間、「ZED」をはじめとする全ての公演がキャンセルとなった。同年4月23日より公演は再開されたが、同年7月、劇場所有者で公演主催者でもあるOLCは東日本大震災後の来場者数の減少が続いた事により黒字化が困難であること等を理由に、「ZED」公演を2011年12月31日をもって終了することを発表した[広報 1]。また、日本経済新聞などでの報道で「ZED」初演以来、シアター部門は赤字状態が続いていた事が明らかとなった。これに伴い「ZED」千秋楽を以てシルク・ドゥ・ソレイユとの主催契約を中途解除することになり、実質的にシルク・ドゥ・ソレイユの日本における常設劇場は消滅することになった。

舞浜アンフィシアター[編集]

「ZED」公演終了後、2012年(平成24年)3月14日の広報<re group="広報"f>東京ディズニーリゾート内の多目的ホール名称決定のお知らせ (PDF) </ref>にて、「舞浜アンフィシアター」と施設名称を変更し多目的ホールとして再オープンすることが発表され、同年9月1日よりオープンした。アンフィシアター(amphirgeater, amphitheatre)とは、ひな壇式(階段式)客席のある大講堂・大教室の意味である。壁面に描かれていたシルク・ドゥ・ソレイユのロゴマークは消されている。

施設データ[編集]

  • 総事業費:約140億円
  • 総客席数:2,170席
  • 施設階数:地上7階建て
  • 建築面積:約5,400m2
  • 延床面積:約14,000m2
  • 建築主:竹中工務店

沿革[編集]

  • 2005年平成17年)4月13日 - シルク・ドゥ・ソレイユ・OLC・ディズニーの3社間で、TDR内にシルク・ドゥ・ソレイユの専用劇場を建設することで合意、業務提携契約を締結。
  • 2006年(平成18年)4月18日 - 劇場の建設予定地で「安全祈願祭」を開催、建設工事に着手[注釈 1]
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 劇場の正式名称と開業日が発表された。
  • 2008年(平成20年)
    • 6月3日 - 劇場が完成、報道関係者などに公開され、東京でのレジデント・ショーのタイトルが「ZED(ゼッド)」となることを発表。ファミリーマートが、東京でのレジデント・ショー「ZED」に協賛(オフィシャルスポンサー)することを発表。
    • 8月15日 - ZEDのトライアウト公演を開始。
    • 10月1日 - グランドオープン。ガラプレミア(こけら落とし公演)を開催。
    • 10月2日 - ZEDの本公演を開始。
    • 11月27日 - 11月24日および同日の2日間、シアター内の「フード&ドリンクバー」にて本来11月23日が賞味期限であった「コーラ(カロリーフリー)」を販売していたことが公演終了後のクロージング作業において、キャストが賞味期限の確認をおこなった際に判明し、OLCはその事実を公表した。原因は、賞味期限の確認のための台帳記入はおこなわれていたものの、確認意識の低さから、賞味期限が過ぎていることに気づかなかったためと発表されている[広報 2]
  • 2011年(平成23年)
    • 12月31日 - この日をもって、「ZED」公演を完全終了。シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京、劇場閉鎖。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月14日 - OLC広報にて、「舞浜アンフィシアター」と施設名称を変更し多目的ホールとして再オープンすることが発表。
    • 9月1日 - 舞浜アンフィシアターとして再オープン。
  • 2017年
    • 4月10日 - 舞台機器点検のためワイヤーで吊るされていた男性が落下し死亡する事故が発生[1][2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 安全祈願祭には、フランソワ・マセロラ(シルク・ドゥ・ソレイユ副社長)、福島祥郎(OLC代表取締役社長・COO)、ニック・フランクリン(ウォルト・ディズニー・アトラクションズ社長)らが出席。安全祈願祭終了後、OLCは前述の三者のコメントと完成予想図などを発表[要出典]
  2. ^ 2008年10月1日から2011年12月31日の期間は「シルク・ドゥ・ソレイユシアター」のバス停名称であった[要出典]

出典[編集]

  1. ^ 矢島大輔 (2017年4月11日). “パフォーマー、転落死 TDRの劇場、装置調整中”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 37 
  2. ^ TDRの劇場でパフォーマー男性死亡 ワイヤから転落 朝日新聞 2017年4月10日

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]