ディズニーリゾートクルーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディズニーリゾートクルーザーの車両(初代、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルより撮影)
ディズニーリゾートクルーザーの車両(2代目、江戸川区内にて撮影)

ディズニーリゾートクルーザーは、東京ディズニーリゾート (TDR) 内を運行する送迎バスである。

概要[編集]

料金は無料。つり革ボデー細部などがミッキーマウスの形をした特注車両を使用している。ベース車はいずれも日野自動車製で、初代はレインボーRJメルファ9であるが、ともに同じデザインの完全オリジナル車体を架装しており、丸みを帯びた可愛らしいデザインが特徴である。2代目車両はレインボーHRメルファで、初代と比べるとやや角ばったデザインになったが、初代と同様、車体そのものは完全なオリジナルであり、ベース車の原型を留めていない。3代目からブルーリボンⅡレインボーⅡが使用されるようになったが、こちらは純正車体を改造する方法で製作されたため、ベース車のボディを色濃く出す格好となった。

歴史[編集]

2001年7月ディズニーリゾートライン開業前には、TDRオフィシャルホテル - 東京ディズニーランド (TDL) 間にシャトルバス「ホテル循環線」が運行されていた。これは東京ベイシティ交通が貸切免許で運行していたもので、3扉の一般路線車同様の車両であった。

朝夕は各ホテル所有の自家用バスが、TDL - ホテル間に運行された。またディズニーアンバサダーホテルも開業と同時に自家用バスで、ホテル - TDL間の運行を開始した。しかし、ディスニーリゾートライン開業を機に運行形態は大きく変わった。オフィシャルホテル - パーク間は、ホテル - ベイサイド・ステーションのリゾートクルーザーとリゾートラインの乗り継ぎが原則となった。このため、ディズニーホテル宿泊者には宿泊日数分のリゾートラインの乗車券が手渡される(以前はオフィシャルホテルでも同様のサービスを行っていたが、現在はディズニーホテル独自のサービスとなっている)。しかしながら、サンルートプラザ東京に関してはTDLとの距離が近く、ベイサイド・ステーション経由になると宿泊者の利便性が損なわれるためバスの運行が存置された。また、ディズニーアンバサダーホテルはリゾートラインの駅から遠いため、バスによる送迎が続行された。サンルートプラザ送迎はリゾートクルーザー2台とホテル所有の一般車による運行がメインとなっている。

アンバサダーホテル送迎車は、開業以来ミッキーマウスのペイントを行った前中扉の中型一般車が運用されてきたが、宿泊者からリゾートクルーザーを希望する声も多く、まず1台がリゾートクルーザーに代替された(この代替された1台は京成トランジットバスに売却され、舞浜駅からの「キャスト・メンバーズ・シャトル」としてオフィシャルホテル従業員輸送に使用された)。その後2006年にもう1台も置き換えられた。

2007年9月から新型のリゾートクルーザーが1台運行されていたが、2007年に、モデルの改良版最新型リゾートクルーザーが5台増車され、Bルートに限り、2008年9月3日よりホテルオークラ東京ベイ東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート(旧東京ベイホテル東急)、サンルートプラザ東京は、新型で運行している。

新型車が計6台となったため全オフィシャルホテルにて新型車での運行が可能になったが、契約上の都合でヒルトン東京ベイは、形状の異なった車両にて運行中。(シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルへは2009年5月1日より新型運行開始)。

Bルート(各オフィシャルホテル-ベイサイドステーション便)用の旧型車両6台(M401-M406)は超近距離を1日約100往復する過酷な使用状況の為老朽化が進んでおり、不具合個所の多い排気ガス規制対策未実施車両3台は、新型導入にともない廃車された。また、2014年までに、残りの3台も廃車された。

なお、ディズニーアンバサダーホテル便にも新型が2台が導入されたが、いままでと同様に中型車ベースではあるもののシャーシをストレッチ改造されている。これは、アンバサダーホテル送迎ルートがホテルを中心にランド・シーの両パークを循環する運行になっているために直接ホテルを利用しないゲストの利用も多く、しばしば積み残しが発生し状況を改善するための措置である。

営業車と自家用車[編集]

「ディズニーリゾートクルーザー」は、「緑ナンバー」の営業車と「白ナンバー」の自家用車の2種類に大別される。

緑ナンバー車(Bルート)[編集]

緑ナンバー(営業用車両に付けられる緑地白字のナンバープレート)の車両は、京成トランジットバス千鳥営業所の所属で、前中4枚折戸ワンステップ車ノンステップ車である(胴体のミッキーの部分に中ドアがある)。車内設備は、乗車距離が短いこともあり、FRP製のクッションのない座席が長手方向(ロングシート状の三方向き)についており、吊革もある。ディズニーリゾートラインのベイサイドステーションと各オフィシャルホテルを結んでいる。

白ナンバー車(Aルート、オフィシャルホテル-舞浜駅、および臨時便)[編集]

白ナンバー(自家用車両に付けられる白地緑字のナンバープレート)の車両は、各ホテルが独自に所有しているため自家用車である白ナンバーとなっている。実際の運行管理はオフィシャルホテル所有車は大新東に、ディズニーアンバサダーホテルは京成トランジットバスに委託している。オフィシャルホテル所有車は原則として舞浜駅と各ホテル間や、深夜・早朝など緑ナンバーの車両が運行しない路線・時間帯、または宴会客など特別な事情による送迎に利用されている。アンバサダーホテル所有車は、ホテルとディズニーランド、ディズニーシーを結んでいる。なお、ディズニーシーとディズニーランドの二点間輸送が目的ではないので直通運行はせず、必ずアンバサダーホテルで乗り換えとなる。

  • 白ナンバー車の内訳
    • 白ナンバーのオフィシャルホテル所有車(ホテルー舞浜駅および貸切送迎運行)
      前扉のツーステップ車で、胴体のミッキーの部分にも中ドアはない。シートベルト付きの前向き座席が数多く並んでいる。2014年までは、前扉のツーステップ車は各オフィシャルホテル1台ずつの所有であったが、旧型車が廃車になり新型車に代替する際、シェラトンとヒルトンは新型車を導入せず廃止となった。車検等の代車で各ホテルの所有する通常車両や大新東所有のTDR向け緑ナンバー一般車が代走する場合もある。通常は、各ホテルと舞浜駅間の臨時便や、婚礼などの宴会客の貸切輸送に使用されている。なお、サンルートプラザ東京のみ、もう1台前中扉のワンステップ車「・175」を所有し、合計2台となっている。
    • 白ナンバーのアンバサダーホテル所有車(Aルート)
      ディズニーアンバサダーホテル所有車は、中型の前扉車1台「12-05」、中型の前中扉車が2台「・609」「11-18」、大型の前中扉車2台「19-28」「・707」である。ホテル開業時から稼働していた通常車両2台はすでに売却されている。また、旧型車の中型リゾートクルーザー「・・74」「・・89」は「12-05」「・609」に代替されて廃車となった。前扉車はオフィシャルホテル所有車と同仕様であるが、中型前中扉車のうち1台「・609」はドナルドダックの誕生日である6月9日にあやかり、希望ナンバーで「・609」となっているほか、緑ナンバーの前中扉車とは内装が異なり座席はクッションのあるモケット張りで、最後部の座席はラウンジタイプになっている。特殊な座席配置はアンバサダーホテルで行われる結婚式のオプションプログラムに使用されるためである。もう1台の中型前中扉車はミッキーマウスの誕生日である11月18日にあやかり、希望ナンバーで「11-18」となっているほか、ATのツーステップ車となり、屋根上中央にエアコンのユニットが設置された他、座席配置、座席形状、表皮素材などに数多くの変更点がある。なお、この車両は中扉には車いす電動リフトも設置されており、中扉正面の3席は車いす固定スペースとして跳ね上げ式になっている。大型の前中扉車2台はノンステップ中型バスをストレッチ改造したもので、2台配置されている。ミッキースクリーンデビュー年である1928年にあやかった「19-28」と、アンバサダーホテルの開業日である7月7日にあやかった「・707」である。また「12-05」はウォルト・ディズニーの誕生日である12月5日にあやかっている。2016年4月より委託先が京成トランジットバスに変更されたため、同社所有のBルート用緑ナンバー車が代走する場合がある。

運行体制[編集]

ホテルのバス乗り場はTDL行と東京ディズニーシー (TDS) 行に分けられ、ホテル〜TDSとホテル→TDLはたとえ車両が通し運行する場合でも通し乗車はできない。ただし、運行開始当初はホテル → TDS → TDL → ホテルの循環運行であった(リゾートクルーザー導入前)。

ディズニーアンバサダーホテルと各パークを結ぶバスは時刻表に従った運行であり、朝と夜は8分間隔、日中は10分間隔である。これは宿泊者へのリゾートラインの乗車券提供が2008年1月をもって終了したために増発されたものである。この増発で5台配置4台使用となっている。

オフィシャルホテル - ベイサイド・ステーション間は「緑ナンバー」の営業車を使用し京成トランジットバスが運行し、「白ナンバー」の自家用車はアンバサダーホテル - 両パーク便を京成トランジットバスに、オフィシャル - 舞浜便およびオフィシャルの送迎臨時便を大新東にそれぞれ運行委託している。大新東は、以前からTDRのキャスト輸送バス「キャスト・メンバーズ・シャトル」(両パーク内のバックステージ(関係者区域)内循環、および早朝・深夜の浦安駅 - TDR)の運行をTDRを経営・運営するオリエンタルランド (OLC) から受託していた。前述のキャスト輸送バスは当初はOLC所有の自家用(白ナンバー)車の運行管理業務のみであったが、その後車両も大新東所有の営業車となり特定免許で運行となった。その関係で同社は舞浜営業所を東京ディズニーリゾートの隣接地に設置している。しかし、現在の構内車両は早朝深夜の浦安駅便も含め、京成トランジットバスが請け負っており、同社が新造した車両を使用して貸切免許で運行されている。大新東の旧構内車両は塗装変更のうえ舞浜営業所から転出したが、一部は送迎貸切用として京成トランジットバスに移籍した。

路線[編集]

東京ディズニーリゾート公式ホームページには「Aルート」と「Bルート」が路線として掲載されている。東京ディズニーランド東京ディズニーシーとディズニーアンバサダーホテルとを結ぶのが「Aルート」、ディズニーリゾートラインのベイサイド・ステーションと5つのオフィシャルホテルを結ぶ「Bルート」である。

「Aルート」はディズニーアンバサダーホテル所有の自家用車(白ナンバー)、「Bルート」は京成トランジットバス所有の営業車(緑ナンバー)で運行されている。

  • 「Aルート」(ホテル利用者専用)※宿泊の他、宴会・物販・レストラン利用者を含む。
    • TDL - ディズニーアンバサダーホテル
    • TDS - ディズニーアンバサダーホテル
  • 「Bルート」(利用者限定無し)
    • ベイサイド・ステーション - オフィシャルホテル

また、TDR公式ホームページにも記述があるが上記運行区間以外に、各ホテル婚礼宴会利用客等の送迎用としても下記の区間が概ね20分間隔で運行されているが、あくまで臨時運行となっている。

※この場合は各ホテルが所有している通常車両での運行も含まれる。

また、オフィシャルホテルでは唯一、サンルートプラザ東京がホテルからTDLへ定期運行を行っているが、リゾートクルーザー以外の一般車両も共通運用のためルート名は付けられていない。

  • TDL - サンルートプラザ東京
  • 舞浜駅 - サンルートプラザ東京

※一部の便はホテル-舞浜駅-TDL-ホテルでの運行となる。

また、2003年頃まで、平日のみの運行ではあるが、シェラトンホテル所有車がホテルから浦安市内を経由してイトーヨーカドー新浦安店付近までの送迎を定期的に行っていた。これは、ホテルの飲食施設等の地元在住者利用を促進するためであったが、利用者が少ないことから廃止された。TDR外への定期運行はこの路線だけであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]