クーリエ・ジャポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クーリエ・ジャポン
COURRiER Japon
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 講談社
刊行期間 2007年5月 - 2016年4月
ウェブサイト courrier.jp

クーリエ・ジャポン (COURRiER Japon) は、講談社が発行するオンライン雑誌である。かつては紙面での発行も行っていたが、2016年に電子版に移行した。

概要[編集]

2005年(平成17年)11月15日に創刊され、隔週刊一般雑誌として毎月第1・第3木曜日に発行されていたが、2007年3月15日号(3月1日発売)でいったん休刊、2007年(平成19年)5月発売の6月号より月刊誌として新装刊された。発売日は毎月25日。2016年4月号(2月25日発売)で雑誌としては休刊となり、電子版に移行した。

「世界は日本をどう見ているのか」「日々起こる世界中のニュースを、海外の現地メディアはどう報じているのか」。外国人を読者に想定して書かれた外国メディアのニュースを日本人に紹介するという手法をとる。フランスで1990年より発行されている雑誌クーリエ・インターナショナルフランス語版 にヒントを得た古賀義章が新雑誌企画の社内公募制度に応募したことにより、同誌との提携誌として創刊された。同誌の手法が、外国メディアの記事を厳選してフランス人向けに供給するものであった。

本誌は、全世界1000以上のメディアからの抜粋した記事を和訳して掲載する。手法はフランス誌からの借用だが、内容は講談社の独自の編集部によって編集されている。

内容[編集]

2018年8月現在、以下のような記事構成になっている。毎日4〜7本ペースで配信。

  • EDITOR'S PICK
編集者たちがおすすめの記事を日々更新。#MeToo問題から難民問題や著名人のインタビューまで
  • FEAUTES 月に2回ほど更新される。「幸せ」「天才」「言葉」「天才」「LGBT」などの強いテーマで記事が4〜5本ピックアップされる。
  • LATEST 毎日更新される記事では話題の表紙、動画について1〜2分など短時間で読める記事も。
  • COLUMS
スプツニ子! 佐藤優 宮沢和史 町山智浩

主な掲載メディア[編集]

アジア[編集]

ヨーロッパ[編集]

北アメリカ[編集]

南アメリカ[編集]

オセアニア[編集]

アフリカ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]