奇跡体験!アンビリバボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビートたけしPresents
奇跡体験!アンビリバボー
Tokyo media city kinuta 2014.jpg
当番組の収録が行われている
レモンスタジオが入っている東京メディアシティ
世田谷区
ジャンル ドキュメンタリー / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ(制作)
イースト・エンタテインメント(制作著作)
企画 オフィス北野(企画協力) /
清水麻利子(編成企画、フジテレビ)
演出 藤村和憲
山森正志・三代川祐介
(全員イースト・エンタテインメント)
プロデューサー 角井英之
(イースト・エンタテインメント)
出演者 ビートたけし
剛力彩芽
バナナマン設楽統日村勇紀
ほか
ナレーター 佐藤政道鈴木英一郎小川真司
音声 モノラル放送
(モノステレオ放送)
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
土曜日19時台
放送時間 土曜日 19:00 - 20:00(60分)
放送期間 1997年10月25日 - 1998年9月
木曜日20時台(第1期)
放送時間 木曜日 19:53 - 20:54(61分)
放送期間 1998年10月15日 - 2001年3月
木曜日20時台(第2期)
放送時間 木曜日 19:57 - 20:54(57分)
放送期間 2001年4月 -
テンプレートを表示

奇跡体験!アンビリバボー』(きせきたいけん!アンビリバボー)は、フジテレビ系列イースト・エンタテインメントと共同制作され、1997年10月25日から毎週木曜日の19:57 - 20:54(JST)に放送されているドキュメンタリー系・バラエティ番組(詳細は放送時間を参照)。字幕放送ハイビジョン制作が実施されている。ストーリーテラーを務めるビートたけし冠番組

通称は「アンビリバボー」「アンビリ」。正式な番組タイトル名は『ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリバボー』である。

番組概要[編集]

世界で起きた事件事故などを再現しながら検証していくというドキュメンタリー番組

番組構成は基本的に前半が事件や事故など、後半は日本国内と海外の感動のエピソード(通称:『感動のアンビリバボー』)が流される。

出演者は番組ナビゲーターストーリーテラー)にビートたけし、他にスタジオ部分では剛力彩芽(進行役)、レギュラー出演としてバナナマン、ほか多数のゲストが出演をしている。

ビートたけしはVTRの合間に出演者とは別のスタジオでナビゲーター役として出演する。この際に時折たけし軍団のメンバーが顔を出しては一発ギャグをすることもあり、たけしもこの時はナビゲーターを放棄してギャグに加わる。また、たけしは原則として他の出演者と同じスタジオに出演して共演することはないが、1999年3月2008年1月の2時間スペシャル、2009年大晦日の5時間15分生放送スペシャルでは『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系列)の様に扮装して登場した(2008年1月は福田康夫、2009年大晦日はスタジオの観客の扮装)。スペシャル以外でも2012年10月のリニューアル前まではスタジオに度々登場していた。

たけしは『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京系)内で、取り上げられる事件・事故がどのような内容なのか知らずにスタッフカンペを読んでいることを明かした。

地上デジタル放送では、VTR部分が通常画質(4:3)となっており、タイトルロゴが表示された紫色のサイドパネルが表示される。

一時期、ステレオ放送が実施されていたが、再びモノラル放送(モノステレオ放送)に変わった。しかし最近は不定期でステレオ放送が実施されている。

出演者[編集]

ストーリーテラー(ナビゲーター)[編集]

スタジオ進行役[編集]

  • 剛力彩芽(現在の進行役で4代目、2012年10月 - )

過去のスタジオ進行役[編集]

(現代よりから)

  • 大政絢(剛力の前の進行役で3代目、2011年4月 - 2012年9月)
  • 小林麻央(大政の前の進行役で2代目、2007年4月 - 2011年3月)
  • 佐藤藍子(小林の前の進行役で初代、1998年10月 - 2007年3月(放送開始からではない))

スタジオ参加者[編集]

その他ゲスト多数

過去のスタジオ参加者[編集]

ナレーター[編集]

変遷[編集]

名前は出演当時のもの(「現:○○」の表記はしない)

1997年10月25日放送開始 - 1998年3月
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ参加者 板東英二 / 関根勤 / そのまんま東 / 野村佑香 / 木佐彩子 ほか
1998年4月 - 9月
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ参加者 板東英二 / 関根勤 / そのまんま東 / 野村佑香 / 江口ともみ / ユースケ・サンタマリア ほか
1998年10月 - 同月内
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ 進行役 佐藤藍子
参加者 所ジョージ / 関根勤 / そのまんま東 / 野村佑香→有坂来瞳(隔週) / 藤崎奈々子山川恵里佳(隔週) ほか
1998年10月内 - 2007年3月
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ 進行役 佐藤藍子
参加者 所ジョージ / 関根勤 / 清水圭 / 野村佑香→有坂来瞳(隔週) / 藤崎奈々子→山川恵里佳(隔週) ほか
2007年4月 - 2011年3月
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ 進行役 小林麻央
参加者 所ジョージ / 関根勤 / 清水圭 / LIZA(隔週) / 福田沙紀林丹丹高部あい武井咲(隔週)
2011年4月 - 2012年3月
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ 進行役 大政絢
参加者 所ジョージ / 関根勤 / 清水圭 / LIZA(隔週) / 高見侑里(隔週)
2012年4月 - 9月
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ 進行役 大政絢
参加者 所ジョージ / 関根勤 / 清水圭 / 皆藤愛子 / LIZA(隔週) / 高見侑里(隔週)
2012年10月 -
ストーリーテラー ビートたけし
スタジオ 進行役 剛力彩芽
参加者 設楽統 / 日村勇紀 / 鹿沼憂妃

歴史[編集]

1997年10月~1998年9月(土曜19時枠時代)[編集]

平成教育委員会』の後枠として、1997年10月25日に毎週土曜日 19:00 - 20:00(JST)の時間帯で放送を開始した。開始当初は板東・東・野村の進行ベースと関根・木佐のDJベースとがあったが、半年後、DJベースをなくし、進行ベースが中心となり、同時に関根も進行ベースに加わり、さらに木佐が降板し江口が進行役として参加。また、ユースケもレギュラー出演者として参加した。

1998年10月~2007年3月[編集]

2007年4月~2012年9月[編集]

  • 長らく進行役を務めてきた佐藤藍子が2007年3月をもって降板し、翌4月からは後任として小林麻央が進行役として出演。小林は当番組の大ファンだったという。隔週出演者も山川恵里佳有坂来瞳が降板し、福田沙紀LIZAに交代となり、同時に番組セットもリニューアルされた。さらに、ゲスト(基本的に若手女性タレント)が毎回登場することになった。
  • 2007年10月25日の放送で番組開始10周年を迎えた。その後2008年1月10日に10周年スペシャルが放送され、旧レギュラーの板東(20時台のみ)、野村、佐藤、藤崎がスタジオに、東はVTRにてゲスト出演した。
  • 2009年4月から隔週出演者の福田沙紀が降板(後任は高部あい)。それと同時にゲストも増員(原則男性2名、女性2名)された。
  • 2009年12月31日大晦日)、1998年の大晦日以来11年ぶりにその日が木曜日だということもあってか18:30から23:45まで生放送特別番組が放送された。ナビゲーター役のたけしもスタジオに出演(「特殊メイク」を紹介するコーナーでは、中年女性のメイクを施したたけしが観客席に紛れ込んでいた)。視聴率は1部(おそらくニュースによる中断前)8.9%、2部6.4%[1]と、前年よりは少し改善された。
  • 2010年12月31日も、金曜日ではあるが18:30から23:45まで生放送特番が放送された。たけしは前年同様スタジオに紛れ込んでの登場となった(同年はスタジオセットの中)。視聴率は1部7.1%、2部4.2%と、前年より数字を落とした。なお嫁ぎ先の都合で大晦日のスケジュールが空かない小林麻央の代わりに、実姉の小林麻耶が進行役を務めた。
  • 2011年1月10日、16:24 - (関東地区、地域により放送日時の違いがあるまたは放送されない)、チャンネルαにて、奇跡体験!アンビリバボー特別編 映画「僕と妻の1778の物語」〜本当にあった愛と感動のストーリー〜を放送。
  • 2011年3月17日、4年間進行役を務めてきた小林が梨園の妻と出産に専念するため降板[1]。後任は大政絢。また隔週レギュラーのうち武井咲高見侑里(小林姉妹と同事務所所属)に交代した。
  • 2012年4月から皆藤愛子が新レギュラーに加わった。
  • 2012年9月13日放送分をもって、ナビゲーターのたけしを除くスタジオのレギュラー出演者全員(大政、所、関根、清水、皆藤、LIZA、高見)が降板。

2012年10月~現在[編集]

  • 2012年10月4日放送分より、新たに剛力彩芽バナナマン設楽統日村勇紀)がレギュラーとなり、スタジオのセットも大幅にリニューアルされた。番組タイトルロゴのバックにヒーロー風のキャラクター(名称不明)が描かれており、冒頭の「ビートたけしPresents」は省略されている。
  • 当初は、最後のVTR紹介後に日村が感想等をコメントする「日村の総括」というコーナーがあったが、2013年10月以降はなくなり、リニューアル以前と同様のVTR後に直接エンディング(次回予告)に入る形態に戻されている。
  • 2013年4月11日放送の2時間SPは、18:55 - 20:54と、19時台開始のSP版では初のフライングスタートジャンクション・ステブレ入り)となった。また同年6月27日放送の2時間SPも、18:55 - 20:54のフライングスタートになった。
  • 2014年7月31日放送分では、内容を丸ごと別のものに差し替えた。当初の内容だった「アメリカで起きた信じられない女子高生殺人事件」「6歳の少女に全米が涙した出来事」のうち、「アメリカで起きた信じられない女子高生殺人事件」が佐世保市での女子高生殺人事件と酷似していたため、遺族や高校に配慮したものとされる。余談だが、この日のゲストにかつての隔週レギュラーだった武井咲が出演した。
  • 2015年7月9日放送の2時間SPは、20:54枠の『こんやのニュース』を19:57 - 20:00に繰り上げて放送するため、通常より3分遅い20:00開始で放送する予定。

放送時間の変遷[編集]

放送期間 放送日・放送時間(JST 補足
1997.10 1998.09 土曜日 19:00 - 20:00(60分)
1998.10 2001.03 木曜日 19:53 - 20:54(61分) サタスマ』の放送開始と『強力!木スペ120分』の放送終了により放送時間を移動。
2001.04 現在 木曜日 19:57 - 20:54(57分) 前番組の『クイズ$ミリオネア』の時間拡大により、放送時間を4分縮小。

歴代エンディングテーマ曲[編集]

OA年月 タイトル アーティスト
2015年4月- 夜明けBrand New Days ベイビーレイズJAPAN
2015年1月-3月 アンビリバボー~Best of my life~ SHUN(青SHUN学園)
2014年10月-12月 Canvas ZILCONIA
2014年7月-9月 Tomorrow's Dream ROOT FIVE
2014年4月-6月 Sakuraホライズン アイドリングNEO
2014年1月-3月 そらのとびかた ぽこた
2013年10月-12月 Twinkle BREATHE
2013年7月-9月 透明な白 遠藤舞
2013年4月-6月 たからじま NYC
2013年1月-3月 君だけのStory mihimaru GT
2012年10月-12月 Fly Away palet
2012年4月-9月 Fragment VALSHE
2012年1月-3月 MAMORE!!! アイドリング!!!
2011年10月-12月 向日葵をさがして おつかれーず
2011年7月-9月 D'の純情 ももいろクローバーZ
2011年4月-6月 your song 後藤真希
2011年1月-3月 Queen Bee?少女の時代から? アイドリング!!!
2010年10月-12月 ビッグモンスター ケンソウシ
2010年7月-9月 真冬のひまわり 小林由佳
2010年4月-6月 SUNRISE アイドリング!!!
2010年1月-3月 Don't be afraid アイドリング!!!
2009年10月-12月 new cinema paradigm ALvino
2009年7月-9月 キミのものがたり 腐男塾
2009年4月-6月 baby blue アイドリング!!!
2009年1月-3月 REBORN 相川七瀬
2008年10月-12月 オルタナ CANTA
2008年7月-9月 Step By Step 林田健司
2008年4月-6月 ファイファイ 竹仲絵里
2008年1月-3月 サヨナラからのメッセージ 稲垣潤一
2007年10月-12月 レモネード 岡野宏典
2007年7月-9月 千年ロマンス 高見沢俊彦
2007年4月-6月 あなたのそばで 安次嶺奈菜子
2007年1月-3月 ORION hare-brained unity
2006年10月-12月 恋の奇跡 SunMin
2006年7月-9月 嗚呼!!されど青春ごっこ THE イナズマ戦隊
2006年4月-6月 Eyes
2006年1月-3月 太陽のカサ I-lulu
2005年9月-11月 きりんのはなし MAI
2005年7月-9月 夢花火 Rin'
2005年4月-6月 flower (feat.RYOJI (from ケツメイシ)) Nao
2005年1月-3月 Miracle 安良城紅
2004年10月-12月 揺れる声 AUDIO RULEZ
2004年7月-9月 Alive AUDIO RULEZ
2004年4月-6月 ニューエイジドリーム AUDIO RULEZ
2004年1月-3月 In your eyes Vibes
2003年10月-12月 Walk With You AJI
2003年7月-9月 These Days day after tomorrow
2003年4月-6月 Stay in my heart day after tomorrow
2003年1月-3月 冬のトレモロ 松たか子
2002年10月-12月 ブルー・スター ?青い地球で マキシ・プリースト
2002年7月-9月 melody day after tomorrow
2002年4月-6月 ※不明
2002年1月-3月 fuzzyday ネイバーユース
2001年10月-12月 Calling You TAKUI
2001年7月-9月 パーフェクト・サマータイム 平山三紀
2001年4月-6月 コイシイヒト 松たか子
2001年1月-3月 anytime anywhere y'z factory
2000年10月-12月 WALK ZIGZO
2000年7月-9月 Summers hiro:n
2000年4月-6月 僕はどこへ行く 坂本サトル
2000年1月-3月 ボクの夜 鈴木紗理奈
1999年10月-12月 BLUE BICYCLE 江川裕史
1999年7月-9月 だいじょうぶ、と彼女は言った 佐野元春
1999年4月-6月 風が吹く頃?ラシクイキテ? SURE
1999年1月-3月 ALONE Lastier
1998年10月-12月 フェアリィ・テイル 江口洋介
1998年7月-9月 めぐる季節を越えて FIELD OF VIEW
1998年4月-6月 Mellow Candy jeanne
1998年1月-3月 ONE -you are the one- FANATIC◇CRISIS
1997年10月-12月 Love in the sky 米倉利紀

スタッフ[編集]

  • ナレーター:佐藤政道鈴木英一郎小川真司武田華仲野裕
  • 構成:成田はじめ安達元一野尻靖之国井桂金井寛野呂エイシロウ、溝端隆三、水野将良、梅村真也、杉本みな子、萩森淳
  • スタジオ
    • 技術プロデューサー:高瀬義美
    • TD(テクニカルディレクター):高田治
    • カメラ:矢代祐一
    • VE(ビデオエンジニア):石井利幸
    • 照明:谷口明美、小野村宗則
    • 音声:石井俊二、松本政利
    • マルチ:中島一博
  • 北野本部
    • TD(テクニカルディレクター):川崎昭、菅祐樹
    • カメラ:五江渕勝、北原誠
    • VE(ビデオエンジニア):北本崇、宮入俊彰
    • 照明:出口勉、田中亜矢
    • 音声:飯塚幸子
  • 美術プロデューサー:本田邦宏
  • セットデザイン:棈木陽次(フジテレビ)
  • 美術進行:小山千香子
  • 大道具:生方正人
  • アートフレーム:菅沼和海
  • 電飾:白鳥雄一
  • アクリル装飾:安藤美紀子、川満貴志
  • 特殊美術:福田隆正
  • 衣装:長谷文人
  • 生花装飾:和田純一
  • タイトル:川崎利治
  • CG:岡本彰、本田貴雄
  • メイク:山田かつら、ひとみりさ(BIANCO)、越智めぐみ
  • VTR編集:斑目達也、金児良介
  • イラスト:中村サトル
  • MA(マルチオーディオ):横山圭美
  • 音響効果:桧山賢至、茂野敦史
  • TK(タイムキーパー):田村結、春日千佳子、山田香織
  • 編成企画:清水麻利子(フジテレビ)
  • 広報:川本洋平(フジテレビ)
  • AP(アシスタントプロデューサー):梅野真未
  • ディレクター:長江俊和中山高嘉(一時期演出担当)、戸田直秀、加藤よしつぐ、長野友弘、大城浩一郎、乾陽介、村山芳弘、渡邉清太、相川侑輝
  • 演出:藤村和憲・山森正志・三代川祐介(全員イースト・エンタテインメント)
  • プロデューサー:角井英之(イースト・エンタテインメント)
  • リサーチ:遠藤正也、フリード、フォーミュレーション、プロポ、ワンバイワンプラス、ウエスト、スコープ、藤原武仁、水上倫子
  • 技術協力:ニユーテレスビデオスタッフFMTザ・ホライズン、インターナショナルクリエイティブ、ヌーベルアージュメディアハウス、Lefty's
  • 美術協力:フジアール
  • 収録スタジオ:フジテレビ湾岸スタジオ(北野本部)、TMC・レモンスタジオ(スタジオ)
  • 制作協力:須原美香(LOCOMOTION
  • 企画協力:オフィス北野
  • 制作:フジテレビ
  • 制作著作:EAST ENTERTAINMENT(2010年9月から、2010年8月まではイーストと表記)

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーター:立木文彦(初期時代、#4まで)
  • 企画・編成:西渕憲司・和田行
  • 編成:大辻健一郎(フジテレビ、一時期プロデューサー)
  • 編成企画:濱潤(フジテレビ、2010年9月まで編成と表記)、情野誠人・田中孝明(フジテレビ)
  • プロデューサー:原田冬彦(フジテレビ)、梅本満(初期時代、当時・イースト)
  • 総合演出:上川伸廣(初期時代、当時・イースト)
  • 演出:上西浩之(イースト)、安井健(イースト)、大橋圭史(イースト)
  • ディレクター:瀧田誠
  • 構成:長谷川大雲、永井ふわふわ
  • リサーチ:カンケリクラブ
  • スタジオ
    • 技術プロデューサー:森野憲俊
    • TD(テクニカルディレクター):藤江雅和
    • 音声:松本政利
  • 北野本部
    • カメラ:西村敏彦
    • 音声:竹山裕隆
  • デザイン:越野幸栄(フジテレビ)
  • 美術進行:長島立士、今井隆之、中村能久
  • 特殊美術:樋口真樹、井出田裕介
  • 衣装:佐藤和代
  • CG:美峰
  • 編集:鬼沢愛子・丸山由典(2人共、当時・TDKコア)、鶴了道(ヌーベルバーグ)
  • MA:松尾隆裕(当時・TDKコア)
  • 音響効果:岩下康洋、原田慎也、土井隆昌、樋口謙
  • TK:黒岩ゆかり、春日千佳子
  • 広報:片山正康・鈴木良子(フジテレビ)
  • 技術協力:FLTTDKコア
  • 収録スタジオ:渋谷ビデオスタジオ(北野本部)(2007年9月まで)

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 遅れ 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 木曜 19:57 - 20:54 同時ネット 製作局
北海道 北海道文化放送(UHB) 再放送日曜13:55 - 14:55(内容は本放送から109日遅れのもの)[2]
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 カンテレ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS) 再放送月曜15:50 - 16:50(内容は本放送の遅れに関係なくランダム)。
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC) 再放送日曜13:57 - 14:55
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU) 再放送月曜15:30 - 16:30
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) 再放送金曜15:53 - 16:50
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 日曜 10:00 - 10:57[3] 24日遅れ

備考[編集]

  • スタッフロール後には、たけしが「常識では考えられない出来事アンビリバボー、あなたの身に起こるのは明日かもしれません」と言い「Miracles do exist(日本語で「奇跡はきっと存在する」と言う意味合いになる)」とテロップが表示されるシーンが毎回必ず挿入される。
  • フジテレビ系列局では字幕放送を実施している。2008年3月放送分までは、字幕はたけしの声は黄色、所の声は緑色、関根の声は水色でそれぞれ色分けされていたが、2008年4月放送分からは、たけしの声のみ色付けされるようになった。
  • 関西テレビ北海道文化放送テレビ西日本など一部地域では再放送も行われている。
  • 大分県では1998年9月まで大分放送(TBS系列)で時差ネットしており、同年10月よりテレビ大分で同時ネットが開始された。理由は1998年9月までのテレビ大分の土曜19・20時台が日テレ系同時ネット枠であり、放送枠がなかったために大分放送で放送されていた。

エピソード[編集]

1998年春に放送されたFNS番組対抗!春秋の祭典スペシャルにて、アンビリバボーチームの代表者として、たけしが一人で出場した際、司会のタモリに「何?奇跡体験アンビリバボーって、あなたの人生のこと?」と番組タイトルをいじられていた。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 麻央「アンビリバボー」17日で降板-芸能ニュース:nikkansports.com
  2. ^ 野球中継が行われた場合は再放送の時間帯に本放送を行う
  3. ^ 毎年5月の第2週には仙台国際ハーフマラソン中継のため休止。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 土曜19時台
前番組 番組名 次番組
平成教育委員会
(1991年10月 - 1997年9月)
奇跡体験!アンビリバボー
(1997年10月 - 1998年9月)
サタスマ
(1998年10月 - 2002年3月)
フジテレビ系列 木曜19:53 - 19:57枠
強力!木スペ120分
※19:00 - 20:54
(1997年10月 - 1998年9月)
奇跡体験!アンビリバボー
(1998年10月 - 2001年3月)
クイズ$ミリオネア
※19:00 - 19:57
(2001年4月 - 2007年3月)
【4分拡大】
フジテレビ系列 木曜20時台
強力!木スペ120分
※19:00 - 20:54
(1997年10月 - 1998年9月)
奇跡体験!アンビリバボー
(1998年10月 - )
-----