所印の車はえらい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

所印の車はえらい』(まるとこじるしのくるまはえらい)は、1990年4月~1992年3月にTBSで放送された深夜番組。 正式表記は、「所」は丸で囲ってある。

放送内容[編集]

  • 毎週のテーマに沿った車やバイクを集結させ、1組のゲストを招いて所が車の解説や参加者にインタビューをしながら進行していく。車種は、新旧アメリカ車 やカスタムカーが中心である。また、視聴者参加募集をしたり、紹介した車の購入権を視聴者に与えたりした視聴者参加番組でもあった。
  • 司会は所ジョージ
  • オールロケ収録。
  • 制作会社は、IVSテレビ制作

視聴者が参加した番組[編集]

  • 車お見立て大会
    • 欲しい車を取り揃え、購入を決定する。
  • 0-200m大会
    • 愛車およびショップの速い車で、タイムを競う。
  • ジムカーナ大会
    • 上に同じ。
  • 外車娘
    • 外車に乗っている女の子が愛車と参加する。
  • 彼女募集
    • 恋人がいない男が愛車と共に参加し、恋人募集アピールを行う。
    • これに、40人ほどの女の子が採点するパターンもある。

インタビュー[編集]

  • ゲストにミニインタビューを行う。

エピソード[編集]

  • 0-200m大会で、ロータリーエンジンに換装したマツダ・シャンテが連続15台抜きを行った。アメリカンマッスルカーを愛する所は、軽自動車であるシャンテが勝ち続けることを冗句で忌み嫌っていたが、その凄さを評価した。
  • アルファロメオ・SZを試乗した際、所が「俺はアルファ好きではないがこれは良い」と評価したが、そのアクの強いスタイルに「ただ形がねえ」とオーナーに言ったところ、「乗ってりゃ見えませんから」とオーナーに返されていた。それに対し、所は「これくらいトボけてないとザガートのオーナーにはなれません」とオーナーをも評価していた。
  • バレンタインデー大会に加藤鷹がビデオPRのため参加した。アピールタイムがわずか1秒と判定されてしまったが、発した言葉は「好きなタイプはきんさんぎんさん」。
  • ねるとん紅鯨団」に所がゲスト出演した回の車大会に出場した男性が同じ車で出演したことがあった。
  • 当時この番組を演出していたテリー伊藤が所有するサーブ・900について、所は「カマボコをスライスしたみたいでカッコ悪い」として嫌っていた。
  • 外車オーナーの銀座のホステスが登場した際「貧乏は敵だ!」「貧乏人は大嫌い!」と言った反面「お店にはハゲか金歯しか来ない」と毒舌の連続で爆笑を誘っていた。
  • 無職の旅人やショップ関係者など、常連の参加者が多く存在した。
  • 本番組の特別版としてオールスターキャノンボール大会が正月に放送された。
  • コポルシェ360をプレゼントした。
    • コポルシェとは、所がスバル360ポルシェ風に改造した車。普通に旅行しようと思しき応募者がいたため、「ばあちゃんだと思って」(いい所もあるけれど、車としてはなんとか走れる状態という意味)とのコメントを寄せて再応募した。その後、放置車両となっていたようだが2007年時点のオーナーの下でレストアされている。
  • ボディがえんじ色の車の事を、所は「鼻血が固まった色」として馬鹿にしていた。

番組エンディングテーマ[編集]

番組のその後[編集]

番組の内容、スタッフはほぼそのままに、タイトルを『Daytona-TV』に変更した。

TBSテレビ 毎週火曜日 24:40 - 25:10
前番組 番組名 次番組
東京イエローページ
(24:40 - 25:40)
所印の車はえらい