LIVE 絶滅の危機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LIVE 絶滅の危機
所ジョージライブ・アルバム
リリース
録音 2000年2月9日
ジャンル J-POP
時間
レーベル バップ
プロデュース 坂崎幸之助
所ジョージ
所ジョージ アルバム 年表
洗濯脱水
1999年
LIVE 絶滅の危機
(2000年)
DISH
2001年
テンプレートを表示
LIVE 絶滅の危機
所ジョージライブ・ビデオ
リリース
録音 2000年2月9日
ジャンル J-POP
時間
レーベル バップ
プロデュース 坂崎幸之助
所ジョージ
テンプレートを表示

LIVE 絶滅の危機』(ライブ ぜつめつのきき)は、2000年3月17日に発売された所ジョージライブ・アルバム、および同年5月に期間限定の通販商品として発売されたVHSソフト。

概要[編集]

当時所が出演していた『MUSIC HAMMER』の企画で同年2月9日に行われたスタジオ内ライブの模様を収録したアルバム。所にとって約10年ぶりのライブだが、当人はあまり乗り気ではなく、坂崎幸之助が全面的にバックアップすることでようやく実現した(その経緯は『MUSIC HAMMER』内で何度も放送されたほか、MCで当人の口からも語られている)。坂崎との弾き語りバンドの二部構成になっている。

CD版とVHS版では収録曲は同じだが、MC部分の編集が異なっている。

収録曲[編集]

Disc 1
全作詞・作曲: 所ジョージ(特記以外)。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲
1.「組曲 冬の情景II」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
2.「純情」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
3.「おひたし」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
4.「サンダル」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
5.「西瓜」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
6.「MEDLEY 拓郎さんのギターです〜駅前のワシントン条約〜拓郎さんのギターです」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
7.「打ち上げ花火」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
8.「新作童話集」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
9.「祭りの前」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
10.「間にあわない」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
11.「ポテッ!」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
12.「泳げたいやき屋のおじさん」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
13.「後悔してます」所ジョージ(特記以外)所ジョージ(特記以外)坂崎幸之助、所ジョージ
合計時間:
Disc 2
#タイトル作詞作曲・編曲編曲
1.「酒と肴と酒と酒」  坂崎幸之助、所ジョージ
2.「ご自由にどうぞ」  坂崎幸之助、所ジョージ
3.「雨が空に戻るまでに」  坂崎幸之助、所ジョージ
4.「意味ないじゃん! II」  井上鑑
5.「ラクダの商人」  井上鑑
6.「生活の基礎」  山木秀夫
7.「僕の犬」  井上鑑
8.「恋の唄」(作曲:吉田拓郎)  坂崎幸之助、井上鑑
9.農家の唄  井上鑑
10.「春二番」  坂崎幸之助
合計時間:

曲解説[編集]

Disc 1
  1. 組曲 冬の情景II
  2. 純情
  3. おひたし
    ライブのための新曲。
    元は「エッセイ冬哀し」(『FROM TOKOROZAWA WITH LOVE 〜所沢より愛をこめて』に収録)の一節。
  4. サンダル
    新曲。歌った時点ではタイトルが決まっておらず、その場で「下駄箱」という仮題が付けられ、CD化の際に「サンダル」に変更された。
    元は「Good-bye Summer Season〜夏の終わりに〜」(『FROM TOKOROZAWA WITH LOVE 〜所沢より愛をこめて』に収録)の一節。
  5. 西瓜
  6. MEDLEY 拓郎さんのギターです〜駅前のワシントン条約〜拓郎さんのギターです
    メドレーと言いつつ、実際は「拓郎さんのギターです」の合間(しかも単語の音と音の間)に「駅前のワシントン条約」を挟んでしまうという強引な構成。にも拘らず演奏終了後に拍手が起きたため、所は「さすが私のライブに来るだけあって、お客さんは間違ってる」と発言して笑いを誘った。
    前作『洗濯脱水』の時と同様に、吉田拓郎から貰ったギターで演奏している。
  7. 打ち上げ花火
    新曲。吉田拓郎の「せんこう花火」のパロディ。ボーカルから始まる曲だが、所が歌い始めるタイミングで坂崎が水を飲んでいたため「飲んでる場合か!」と突っ込まれ(所には水が用意されていなかった)、最初からやり直しになっている。
  8. 新作童話集
  9. 祭りの前
    新曲。吉田拓郎の「祭りのあと」のパロディ。所いわく、「祭りの前」「祭りのあと」と北島三郎の「まつり」の3曲でセットとのこと[1]
  10. 間にあわない
    新曲。吉田拓郎の「間にあうかもしれない」のパロディ。
  11. ポテッ!
    新曲。ピーター・ポール&マリーの「パフ」のパロディ。「ポテッ!」と「祭りの前」は『MUSIC HAMMER』の企画で吉田拓郎と一緒に歌うことを前提に作られたものだが[1]、実現に至らないまま番組が終了した。
  12. 泳げたいやき屋のおじさん
    所が坂崎のギターを聞かせるために選んだ歌。所曰く「クラプトンに聞かせたい。クラプトンも弾けないよ、バカバカしくて」。
  13. 後悔してます
    坂崎からのリクエストで歌った。
Disc 2
  1. 酒と肴と酒と酒
  2. ご自由にどうぞ
  3. 雨が空に戻るまでに
  4. 意味ないじゃん! II
    明石家マンション物語』に提供していた曲。ここからバンド編成になる。
  5. ラクダの商人
  6. 生活の基礎
    奥田民生コピーしたこともある、伴奏がドラムだけの曲。ヴォーカルはむしろ早口言葉の絶叫に過ぎない。ほとんどフリージャズである。
    MC部分で構想中の曲の断片が披露されるが、その完成版は次作『DISH』に「魚釣りとYシャツのボタン」のタイトルで収録された。
  7. 僕の犬
  8. 恋の唄
    ここから篠原ともえが加わる。
  9. 農家の唄
  10. 春二番
    アンコール曲。

ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b MUSIC HAMMER : パワートーク、フジテレビ、1999年7月18日。(2009/8/15閲覧)